2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「意識高い系」の文章とは?

意識高い系の文章って?

「隠居系男子」を運営している鳥井弘文氏が、「意識高い系の文章」についての考察を書いていました。わたしは、「意識高い系」が非常に苦手なんですが、「もしかしたら自分自身意識高い系の文章を書いてしまっているのかも…」と思わされるような考察でしたので、ちょっとピックアップ。





他人の言葉でドヤ顔で語ること

鳥居氏は、意識が高いと思われてしまう最大の原因について、「他人の言葉を借りてきてドヤ顔で語っていること」だと断じています。あれwこれ普段わたしがしていることだよなぁ…

 

引用に乗っかっているだけでは、意識高いと罵られてしまう。この考えが正しいのかどうかについては、別途議論の余地があるかとは思いますが、自分の考えを付け加えない文章があまり好ましくないスタイルであることは確かです…。反省…。

 

私にとって意識高い系文章とは?

さて、反省するだけでは意識高い文章で終わってしまうので、わたしなりに「意識高い系の文章」の特徴をちょっと列挙してみようと思います。

 

見下す、ドヤ顔

これ重要な要素です。~な人は情報弱者だ(キリッ)とか書いてあると、ウエメセで意識が高いなぁと感じてしまう。

 

「ですよね」系の語尾

ですよ。ですよね。 普段わたしが標準語圏に住んでないからかもしれませんが、こういう語尾にはちょっと違和感を覚えてしまいます。ウェブライター界隈(特に始めたばかりの人)では、この語尾を多用する人が多いので、記事を読むだけですぐに外注を使ったなってわかってしまうことも多々… まぁ、「ですよね」系については、わたしの好みの問題なのかなぁとも思います。できるだけ使わない。

 

目標が高いのが当然といったような言い回し

意識高い人の特徴ともいえるかもしれませんが、とにかく目標が高くて立派。で、それを読者の側も当然共有しているというような感じの言い回し。自分の意見と読者の意見は同じなんだ、みたいな感じで書いている文章は、共感できればいいんですが、そうじゃないときの違和感が半端ないですw

 

他にもいろいろありそうですが、パッと思い浮かんだのは上記3点くらいでしょうか。書いていることすべてがブーメランになりそうで怖いなぁと思いつつ、筆を進めましたw

 

意識高い系を嫌悪している者の一人として、常に意識を低く保ち、下からモノを見上げるような感覚で文章を書いていきたいなぁと思います。

 

ウエメセの対義語で、シタメセっての、流行りませんかねぇw単に卑屈なだけのような気もしますが…

 

記事引用

さて、上記のコメントの中にもあるように「意識高い系の文章」とはどんな文章を指すのでしょう?

僕は、意識が高いと言われてしまう一番の原因は、他人の言葉を借りてきてドヤ顔で語っていることだと思っています。

引用してそのまま乗っかっているだけで、本人の考えは何も含まれていない。そんな文章や発言に対して人は意識高い系と罵るのでしょう。僕自身も他人のそういった言動でイラッとしてしまう事は多々あるので非常によくわかります。

そしてこの意味から言えば、今回の文章は確かに「意識高い系の文章」に分類される箇所がいくつもあるので、このご指摘は間違いありません。

スタート地点を共有している人だけに向けた排他的な文章

ただ、今回の記事は敢えて「意識高い系の文章」の書き方で書いてみました。それは、意識高い系の文章にしないと読者の皆さんに誤読されてしまう可能性があったから。

自分が捉えている前提知識を、イチから自分の言葉で説明していくのはハードルが高すぎました。いや、正直な所、今の自分ではその前提知識を説明するだけの能力を持ち合わせていなかったのだと思います。

カンタンなことほど自分の言葉で説明するのは難しいものです。

読者のリテラシーに頼り、スタート地点を共有している人たちにだけ届いてもらえればいいと割りきって書いたので、これほど排他的な書き方になってしまったのです。

参照:読者のリテラシーを信頼するということ。 | 隠居系男子

でもだからこそ、その前提知識が僕と近しい人にとっては、ものすごく腑に落ちる内容になったのだと思います。

気付き過程を晒すことに意味がある

さて、文章を書く時は、絶対にこうゆう書き方をするべきではありません。正解か不正で言えば完全に不正解です。

しかし、ブログというフォーマットだからこそ、こうゆう書き方もありかなと思っています。

自分が誰に対しても過不足なく説明できるように、完全に腹落ちするまで発表しないのではなく、その答えにたどり着くまでの過程さえも書き残しておくことに意義があるのではないかと。

「自分の思考過程そのもの」を公開している感覚です。

確かに、マスメディアや書籍というフォーマットでは絶対にやってはいけない表現技法かもしれません。しかし、ブログという「ストック」と「フロー」の中間を行くフォーマットだからこそ許されるやり方だと思っています。

例えるのであれば、アーティストやクリエイターのライブ本番とドキュメンタリー映像の関係に近いのかもしれません。

今回書いた内容も、今後もう少し自分の中で咀嚼できたタイミングが来たら、似たような内容をもっとわかりやすい文章で書くタイミングが来ると思います。

そこまでの過程も含めて公開しておくことが、「ブログ」の意義というか価値だと思うので、こういった文章もドンドン書いていきたいと思っています。

最後に

人が何かを学ぶとき、「他人の言葉」と「自分の言葉」を使って表現しなければいけません。

そうやって「真似ぶ」時期を経由することで、人は学ぶことができるのだと思います。

以前書いた「圧倒的にダサイくらいミーハーにならないと、本質は見抜けない。」という記事でも書いたように、この道を通らなければ本質は絶対に見抜けません。

僕らはこれを恐れてはいけないのだと思います。他人に罵られながらも出し続け、常にその状態に自覚的であること。堂々と真似ていきながら、真似る自分をしっかりと恥じ続けること。

そうやって反復してアウトプットしてくことで、気付けば自分の言葉で語れるようにまで成長していくのだと思います。

今日のお話が皆さんの何かしらの参考になれば幸いです。

 

via: 意識高い系の文章とは何か、気付きの過程を晒す意義について | 隠居系男子

 

関連記事

 

bf874569ad4cabeb6461b2b67cd8c52f 600x337 「意識高い系」の文章とは?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (8)
    • キジトラさん
    • 2014年 10月 02日

    うわ、くだらねー

    でも、まじでくだらんですよね
    そんな事より文章の本質を理解するほうが大事ですよ
    それにネットなんてものを下から見上げてるようじゃ文章の質もたかが知れてます
    つか、それ自信のなさの現れなんじゃw

    頭いいか悪いか。私には文章はこのどっちかしかないと思っています
    私にとっては意識高いも低いも全く関係ない

    アタマいい人の文章に出会いたいだけですね
    自分が気づけなかった本質をガツンと教えてくれるような文章
    その為だけにネットをさまよっていると言っても過言ではないっす(意識高い系

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 02日

    つまり、この記事のことだな

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 03日

    自分の意見を淡々と述べてりゃいいんだよ
    ですよね?とかいちいち反応を伺うなっつの同じ考えだろ?って確認されてるようで鬱陶しいわ
    文章自体書いた時点で一人歩きする一方通行なものなんだから反応なんか期待すんな

    • 俺のレスを読んで考えてくれ
    • 2014年 10月 03日

    意識高い系の文章ってここの管理人の文章がそれそのもの

    • うんこ
    • 2014年 10月 03日

    意識高い系の文章ってここの管理人の文章がそれそのもの

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 03日

    >ですよね?とかいちいち反応を伺うなっつの同じ考えだろ?って確認されてるようで鬱陶しいわ

    鬱陶しいどうかはサテおき、
    反応をうかがってるのだとすれば、それは上から目線ではない証拠。
    淡々と相手のこともお構いナシに自分の意見だけ述べるのって上から目線じゃないですか?
    それよりマシって話じゃないですか?ですよね?w

    つかそんな事気にするより文章の本質を気にしろっての。
    バカはすぐわき道にそれる。そんなバカなんて誰も相手してないから。

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 03日

    「ですよね」は相手を自分のペースに引き込もうとする時によく使われる印象がある。
    営業職のように積極的にモノを売り込まなければならない人間が使いそうな…
    まぁ、あくまでも俺が接した人間からの印象ってだけだから、偏見かもしれないけどね。
    「ですよ」はもっと断言に近いせいか、「ですよね」程には鬱陶しく思わないな。

    • キジトラさん
    • 2014年 10月 03日

    >>意識高い系を嫌悪している者の一人として、常に意識を低く保ち、下からモノを見上げるような感覚で文章を書いていきたいなぁと思います。

    素晴らしい。怠惰こそ人間の真骨頂!

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る