2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

独自の貨幣を発行開始。国家としての体裁を整え始める「イスラム国」

国家の三大要素といえば「領土」「主権」「国民」です。それが全て揃っているかどうかは国際社会がその「主権」を認知するかにかかっていますが(しばらくはなさそうですね)そんなことはお構いなくイスラム国は独自の貨幣を発行し始めたようです。



 

イラクシリアを拠点とする過激派組織「イスラム国」は13日、独自の金貨と銀貨、銅貨を発行すると発表した。独自の通貨を流通させることで経済統制を強め、6月に樹立を宣言した「イスラム国家」の正統性を高める狙いとみられる。

via: 「イスラム国」通貨発行へ オスマン帝国を模倣し正統性:朝日新聞デジタル

 

貨幣発行、の意味

さて、このニュースは筆者にとってとんでもないニュースです。なぜかというと答えは簡単です。「貨幣を発行する」ということがとても難しいことだからです。単純に考えても貨幣の素材そのものの安定的な供給(金銀銅)を行える見込みがあるという時点で、この過激派組織がどれほど大きな力を蓄えているのか恐ろしくなります。

 

さらには、このような素材が存在していることへの驚きに続き、その「技術」を持っていることについても驚きを禁じ得ません。貨幣を作る時の問題は、デザインや素材だけではありません。その「精度」が最も重要なんですね。これについても自信をもっていないと経済秩序が混乱するだけですので、それも想定した上で発行に踏み切ったということでしょう。

 

しかもこの貨幣の単位はディナールといって、どうやらオスマン帝国が使っていた単位の模様。これによってイスラム国家としての正当性をより高めるという目的もあるようです。

 

貨幣だけじゃない、国家として成長するISIS

 更には、前から言われていましたがパスポートの発行も行っているとのこと。イスラム国には間違いなく豊かなイスラム系から様々な支援が送られていることは間違いありません。単なる宗教組織ではなく、技術的にも戦略的にも、そして財政的にも多大な支援が行われているはずです。

 

このような貨幣を作ることができるという技術的ならびに財政的側面はもちろん、パスポートのようなものや聖典に沿った政治システムの速やかな構築など、明らかに行動が早いんです。

 

本当に恐ろしいことですが、このような過激な行動をする組織を応援している国家があることは事実…女性への性暴力なんかも大きな問題になっている組織だけに、信じたくはありませんが支持者は相当数いるということですね…。

 

まとめ

本格的にほかのイスラム系国家からの支援が行われていることが明確化してきた以上、そちらの支援をどのように防ぐかということも大きな問題となってきました。9.11以降、こういったテロ組織に対する支援を行っている人の口座を凍結するなどの方法はたくさん取られてきました。

 

とはいえ、ヨーロッパではそのような手段が個人の自由を侵害するとして問題視されてきたこともあり状況は複雑です。しかしながら、単なる過激派組織ではなく高度に組織され財政的にも安定しているテロ集団とどう向き合っていくべきなのかは十分に考える必要があるでしょう。

 

現在は国家対国家の時代ではなくなっている側面が非常に大きいことは間違いありません。現行の国際法秩序では対応できない以上、新たな法秩序をどのように作っていくのかは世界レベルの課題となっています。

 

関連記事

 

a19ec34d44154e1d01a2ca043a90b2ba 独自の貨幣を発行開始。国家としての体裁を整え始める「イスラム国」




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る