2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

イタリア愛国者の悲痛-難民申請をしていた男が18歳の少女を殺害、それに怒り銃乱射で6人死亡

この怒りをどのように受け止めたら良いのでしょうか。自国の少女を殺害されたことへの怒りで銃を乱射し移民を殺害した男の怒りを。



【2月5日 AFP】イタリア中部マチェラータ(Macerata)で銃撃によりアフリカ出身者6人が負傷した事件で、逮捕された極右主義者の男が取り調べに対し、事件前日に同じ町でナイジェリア出身の難民申請者がイタリア人女性の殺害容疑で逮捕されたのが引き金になったと話していることが分かった。地元メディアが4日、報じた。

 逮捕・拘束されたルカ・トライーニ(Luca Traini)容疑者(28)は3日、車内から発砲し、男性5人と女性1人が負傷した。6人はガーナ、マリ、ナイジェリアの出身だった。

 事件の前日には、同じマチェラータでナイジェリア出身の難民申請者で麻薬密売人の男が、イタリア人女性(18)を殺害した容疑で逮捕されていた。女性の遺体は切断され、スーツケースに詰められた状態で発見された。

 イタリアの全国紙コリエレ・デラ・セラ(Corriere della Sera)が伝えたところによると、容疑者は捜査官らに「ジムに向かって運転している時に、18歳の少女のニュースをラジオで聴いた」「無意識に方向転換して自宅に戻り、金庫を開けて銃を取り出し、皆殺しにしようと決めた」と供述した。

 報道によれば、容疑者は襲撃後に車を降り、イタリアの国旗を肩に掛けてファシスト式の敬礼をしながら、「ビバ・イタリア(イタリア万歳)」「イタリアはイタリア人のものだ」などと叫んだとされる。

 警察が容疑者の母親の自宅を捜索したところ、ナチス・ドイツ(Nazi)の指導者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の著書「わが闘争(Mein Kampf)」や、イタリアの独裁者ベニト・ムソリーニ(Benito Mussolini)の著書などが見つかった。(c)AFP/Francesco CARVELLI

via: 「難民申請者による少女殺害が引き金」 イタリア銃乱射、容疑者が供述 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

img 935506a37f8ac846dbdeff4ff8b02c51145879 イタリア愛国者の悲痛 難民申請をしていた男が18歳の少女を殺害、それに怒り銃乱射で6人死亡

 

私達は彼の痛みを想像出来るか

記事のタイトルを見て最初に思ったことは、またこうやって愛国主義者が無邪気に愛国心を宣言しながら多くの罪のない人間たちを殺したのだ。 なんと罪深いことだろうか、ナショナリズムはゆがんだ形で発揮されると実に多くの人間を傷つけるものだと考えた。

 

しかし、 この記事を読み終わった後私は何とも言えない気持ちになった。その痛みを想像できないわけではなかったからだ。自分の家族が殺されたわけではない、それでも自国民が何者かによって悪意を持って殺害された時、しかもその何者かは、 この国に保護を求めてきていたのだとしたら、何とも言えない腹立たしい気持ちが湧いてくることに希望はない。

 

もしかしたらこれからもそういうことは増えるのかもしれない。助けを求めてやってきたはずの人間が、 自分たちのまちを攻撃し、 誰かを傷つけ時には人を殺しうる。 少し時間が悪くなるというところの話ではなく。それでなくても町の財政は出していて、 外部の人間を助ける余裕などなかなかない中で、 それでも人道的な配慮のもとに体を受け入れていたのだとしたら、許せない気持ちが湧いてくることは理解出来るのだ。

 

それでも銃乱射は違うよね

しかしだからといって彼の銃乱射を許すことはできないだろう。 だってそれは無差別で、あまりにも暴力的な方法だから。殺された6人は、 きっとイタリア人を殺したことなどなかっただろう。こんなにひどい流れ弾という話もなかなかない。彼らはただ生きていただけだった。誰か不当に傷つけたわけでもなかった。なのだとしたら、 彼はまさに憎んでいた側の人間になってしまったのではないだろうか。

 

彼らを殺すことで何か社会は変わるだろうか。この男の憎しみは、また新たな憎しみを生むだけのようにも思える。それはきっと彼が望むような世界や生活や、 当然のように求める秩序と真逆のことをしてしまっているのではないだろうか。寛容であるということは簡単だが、 それを実践することは極めて難しい。

 

それでもなお、罪のない人間が殺されてしまうことに怒りを覚えたのであれば、彼もまた罪のない人間を殺してはいけなかったのだろう。もしも彼が移民であるということそのものを罪だというのであれば、私たちは決して彼を許すわけにはいかないのだろう。それは一歩間違えれば、いつだって自分達にも向き得る狂気なのだから。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る