2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

余りに酷すぎるので北朝鮮大使@イタリア、国外退去処分へ

度重なる軍事行動に怒っているのはアジアだけではありません。欧州でも立て続けに北朝鮮の大使を国外追放にする流れが生まれてきています。世界中にとってのならず者国家北朝鮮。



イタリアのアルファノ外相は1日付の伊紙レプブリカのインタビューで、北朝鮮による核・ミサイル開発に抗議し、駐イタリア北朝鮮新大使の承認手続きを中断し、国外退去処分にすると明らかにした。ただ、北朝鮮との外交関係は保つとしている。

 アルファノ氏は「平壌に対し、方針を変えないのならば孤立は避けられないと認識させたい」と語った。AFP通信によると、新大使のムン・ジョンナム氏はすでにローマに着任しているが、伊政府による承認手続きは完了していない。欧州では、スペインがすでに北朝鮮大使の国外退去処分を決めている。(ローマ=山尾有紀恵)

via: イタリア、北朝鮮大使を国外追放 ミサイル開発に抗議:朝日新聞デジタル

iStock 154415582 余りに酷すぎるので北朝鮮大使@イタリア、国外退去処分へ

 

欧州でも問題視されている北朝鮮

何も驚くことはありませんが、改めてこういうニュースに触れるといかに北朝鮮の問題がアジアやアメリカだけでなく世界レベルの問題であるのか思い知らせれてくれます。彼らがやっている行為は世界中から非難を受けるに値する行為なのです。

 

イタリアだけでなくスペインも今後同内容の処分を行うとのことですし、これからもっと増えてくるでしょう。そしてそれは当たり前のこととして国際情勢の中で許容されていくはずです。

 

「いつものことじゃん」と北朝鮮問題について軽く見る人達もたくさんいますが、実際のところこうやって多くの国が今までは許していても今回は許さないという立場を明確に見せています。そのくらいいまの北朝鮮の行動は異常なのです。

 

でも、だからといってこれで効果があるのか

重大な抗議の意味を持たせるために大使を国外退去に追い込むというのが欧州の作戦のようですが、でも一体これがどういう効果を持つのかというと怪しい部分があると言わざるを得ません。北朝鮮にとってイタリアに大使館を持てないことは痛手なのでしょうか。

 

もしも痛手なのであれば、これは立派な交渉の道具になりますし、国外退去させられないように最低限度のマナーを守ると思うのですが、正直北朝鮮はいまイタリアのことなど全然考えていないのではという気もします。

 

そもそも国連でもめちゃくちゃな嫌われ者国家なわけですから、いまさら一つや2つ欧州のようなリベラルな国から嫌われるのは当然だし織り込み済みなのではないでしょうか。

 

世界はこれから北朝鮮とどのように向き合っていくことが出来るのでしょう。欧州などは遠すぎて北朝鮮に対して直接何か対処をするということにはならないでしょう。やはりどこまでいってもこれはアジア並びにアメリカの問題です。

 

軍事的な行動に至るのか、このままずるずると交渉を探るような状態が続くのか。誰にもわかりませんが、少なくとも欧州の人達は面倒事からおさらばしたいと思っているようです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る