2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Jリーグが人種差別に対して強硬姿勢。所属とアイデンティティとは。

サッカーと人種差別、という単語の並びに違和感を持たなくなってきたのは最近のことでしょう。「無観客試合」という前代未聞の制裁を受けたのは、今年3月の浦和レッズのサポーターによる「JAPANESE ONLY」という横断幕が原因でした。

 

 Jリーグが人種差別に対して強硬姿勢。所属とアイデンティティとは。 浦和「JAPANESE ONLY」垂れ幕作成者「ゴール裏に外国人が入って来るのは困る」: カルチョまとめブログ

 

 Jリーグが人種差別に対して強硬姿勢。所属とアイデンティティとは。 浦和レッズが「JAPANES ONLY」を掲げたネトウヨサポーターに損害賠償を求める訴えを起こすことを検討 | キジトラ速報

 

その後も、外国人選手を猿に見立ててバナナを使った差別的表現が問題となり無期限の入場禁止といった処置が行われています。それに対してJリーグが今後さらに厳しい姿勢を見せることを明らかにした、と朝日新聞が報じています。

 

 サポーターによる人種差別的行為が相次いだことに危機感を強めるJリーグが、トラブル拡大防止のための新たな対策に乗り出した。スタジアム内での問題行動をできるだけ早く把握しようと、インターネット上の書き込みなどのチェックを始めた。

 Jリーグの試合がある日に試合記録などを管理するJリーグデータセンター内で、専属の担当者1人が、パソコンに目を光らせる。主にチェックしているのはツイッターなどでアップされる画像だ。気になるものがあればJリーグの運営担当者を通じ、当該のクラブに報告される。処分を前提にしたものではなく、対応はクラブに任される。

 こうした対応を取らざるを得なくなったのは、スタジアムでの差別的行為が今年になって大きな社会問題となったからだ。3月にはJ1浦和レッズのサポーターが、ゴール裏の観客席の入り口に掲げた「JAPANESE ONLY」という横断幕が差別的内容だという批判を受け、Jリーグは史上初の無観客試合などの制裁措置を取った。さらに8月には、J1横浜F・マリノスのサポーターが、川崎フロンターレブラジル人選手に対してバナナを振りかざした行為が、相手をサルに見立てた差別的行為だったとして、クラブは罰金500万円などの制裁を受けた。

 

via: Jリーグ、ネットをチェック サポーターの問題行動把握:朝日新聞デジタル





スポーツとナショナリズム

さて、こういった動きが出てきたのが社会的な問題なのかあるいは個人的な問題なのか、というのはなかなか議論が定まらないことかと思います。最近の「日本至上主義」的な番組が増えていることに若干の不安や違和感を覚えている方も少なくはないのではないかと考えますが、スポーツとナショナリズムというのも極めて密接なつながりを持ったものです。

 

スポーツはギャンブルとの関わりの中で批判というか問題意識みたいなものを共有されることが多いですが、ヨーロッパではそれと同じかそれ以上にナショナリズム的な問題とつながって理解されることも少なくありません。外国のチームがやってきて試合でホームチームが勝っても負けても暴力沙汰になることが少なくありません。

 

これは決して昔の話ではなく、現在の問題として憂慮されていることの一つです。そしてそれが日本でも歪んだ形ではあるものの発露しているのではないかと思います。とはいえ昔から駅伝に外国人選手が出ることに対する反発や疑念があったことも考えると、私が想定しているよりも根の深い話かもしれません。

 

所属とアイデンティティ

さて、スポーツのチームが地域と密接に結びついている例は少なくありません。阪神タイガースや、東京ヴェルディなど、名前からして明確にローカルを意識したものが少なくありません。これは海外でも同様ですね。人間は所属を求め、その所属した集団の優越を相対的な立ち位置の中で求める生き物ですので、このようなやり方で「ファン」を作り出すことは戦略として当たり前といえるでしょう。

 

問題なのは、その所属にアイデンティティを密接に結びつけた時、自分のアイデンティティと大きく違う新たなメンバーをどのように受け入れるかというところにあると思われます。密接に結びつけばつくほど、「自分自信との差異」に寛容でない感情を持ち始めるのが容易に想像できます。

 

Jリーグにおける人種差別

今回問題になったJリーグにおけるいくつかの差別的行動も、上記のことと関わってくることかと思います。ネットの反応では「J」リーグと名乗るのをやめろ、といった声も出ていました。しかし現実としてはJリーグと名付けそれを組織した集団が外国人選手の在籍を認めているのはまぎれもない事実です。

 

となると逆に言えることは、その所属に自分のアイデンティティを投影しすぎたがゆえに現実の所属と自分の間に乖離が生まれてしまったのであれば、それは自分を所属から切り離さなくてはいけないタイミングであると言えるのではないでしょうか。あなたのために所属があるのではなく、あなたが望むからそれに所属しているのだ、というやや冷たい感覚ですね。

 

まとめ

漫画やアニメのアンチの方々には、「批判するために毎週見ている」といった人たちもいるようですが、同じような心理なのでしょうか。その所属は必ずしもあなたのアイデンティティの全てではありません。その所属が気に入らなくなったのであれば、そこに所属することをやめる、という選択肢が常に用意されているのです。

 

アマルティア・センは「貧しさとは選択可能性が少ないことだ」と言いました。自分自身はプレイも監督もせず、ただ怒号を撒き散らすだけの「参加」であれば、その人が所属から消えたところで誰にも迷惑はかからないでしょう。他に情熱をぶつけるものがないこと、それこそが最も貧しいことなのかもしれません。

 

関連記事

 

149aa084a6f0fe0e145025672c249a66 300x169 Jリーグが人種差別に対して強硬姿勢。所属とアイデンティティとは。




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 11月 03日

    >最近の「日本至上主義」的な番組が増えていることに若干の不安や違和感を覚えている方も少なくはないのではないかと考えますが、

    やっぱり韓国や中国の至上主義的じゃないとダメよ~ダメダメ~!って事なのでしょうか?

    >スポーツとナショナリズムというのも極めて密接なつながりを持ったものです。

    日本ではほとんど繋がりはないと思いますけど。単純に騒ぎすぎだと思います。サヨクの煽りにのかってるんじゃないでしょうか?。

    >外国のチームがやってきて試合でホームチームが勝っても負けても暴力沙汰になることが少なくありません。

    日本で日本人がおこした、という前例があるのでしょうか?

    >とはいえ昔から駅伝に外国人選手が出ることに対する反発や疑念があったことも考えると、私が想定しているよりも根の深い話かもしれません。

    単純に諸外国と日本を比較するのは間違っています。日本は移民はとらないし島国で外国人、特に白人黒人は珍しい部類に入ります。これは事実です。で、そういう環境であれば外国人に対する違和感を感じるのは仕方ない。逆に、じゃ何故駅伝に外国人を走らせるのか?という、正当な理由が見えないんです。権利の面で言っても、日本人同士で競う競技は認められるべきで、それを頭から間違っていると否定する根拠は全く存在しないと考えます。

    >問題なのは、その所属にアイデンティティを密接に結びつけた時、自分のアイデンティティと大きく違う新たなメンバーをどのように受け入れるかというところにあると思われます。密接に結びつけばつくほど、「自分自信との差異」に寛容でない感情を持ち始めるのが容易に想像できます。

    アイディンティティというか社会性という意味において外国人と日本人で差異があればそこで受け入れを渋ることは正当な理由になりえるんじゃないでしょうか。あくまでも消極的な意見としてですが。受け入れるのも自由です。でも受け入れない自由も認めるべき。何でもかんでもYesNoで判断できるほど世の中は簡単じゃないと思います。

    >漫画やアニメのアンチの方々には、「批判するために毎週見ている」といった人たちもいるようですが、同じような心理なのでしょうか。その所属は必ずしもあなたのアイデンティティの全てではありません。その所属が気に入らなくなったのであれば、そこに所属することをやめる、という選択肢が常に用意されているのです。

    私はアニメも漫画も見ませんので、批判する為に見るという思考も今ひとつ理解できないですが、所属とか何とかをいちいち気にしている人なんて世の中じゃ稀じゃないでしょうか?。私はあんまり気にしないかなあ。中国と韓国は嫌いですけど(意味不明)

    >アマルティア・センは「貧しさとは選択可能性が少ないことだ」と言いました。自分自身はプレイも監督もせず、ただ怒号を撒き散らすだけの「参加」であれば、その人が所属から消えたところで誰にも迷惑はかからないでしょう。他に情熱をぶつけるものがないこと、それこそが最も貧しいことなのかもしれません。

    これ、ネトウヨ!ネトウヨ!言ってる人に言ってやりましょうよ!

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る