2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

日本の労働生産性、アメリカの半分という残念な事実:長時間労働日本

至る所で言われている日本の労働生産性の低さ、よもやアメリカの半分程度とは流石にゲンナリしますね。時間ばっかり掛けて効果がイマイチって、まさに努力信仰っぽくて気持ち悪いなあ。



 

by NHK News Web

どれだけ効率的に働いたかを示す労働生産性が、日本のサービス業はアメリカの半分ほどの水準だとする調査結果がまとまりました。

労働生産性は、1人の従業員が1時間にどのくらいのモノやサービスを生み出したかという指標です。

公益財団法人の日本生産性本部が、小売業や飲食業などのサービス業について、2015年時点の労働時間などをもとに、日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスの5か国で比較しました。

その結果、日本の労働生産性は5か国の中で最低で、最も高かったアメリカの半分程度の水準となりました。
24時間営業のような長時間労働が行われていることや、高品質なサービスが安い価格で提供されていることなどが理由だということです。

調査をした東洋大学経済学部の滝澤美帆教授は「日本はおもてなしの精神で手厚いサービスが提供され、消費者の立場からすると幸せな国だが、労働生産性としては低くなり、ITなどによる効率化が必要だ」と話し、働き方改革を進めることが重要だと指摘しています。

labor productiviry formula 日本の労働生産性、アメリカの半分という残念な事実:長時間労働日本

 

 

知りたくなかった現実

もちろんこれまでもずっと言われていたことですから、日本の労働生産性が低いことは知っていました。しかし同じ人間であるところのアメリカ人と日本人でここまで生産性が違うとなるともはや驚きを通り越して呆れ返ってしまうというか、悲しくなりますね。一体なぜこんなことになっているのでしょうか。だって6時間働いて出る成果を、アメリカ人は3時間で出来ちゃうんですよ。一年掛けてやっと成し遂げるようなことを、あっちは半年で終わらせてしまうんですよ。これあはまりにも大きな差です。

 

一体なぜこうなっているのか、もちろんアメリカ人と日本人という人種の能力差で考える事も可能かもしれません。しかし全然現実的ではありませんよね。そもそもアメリカ人と一言で言っても、いわゆる白人系のアメリカ人はもはや新しく生まれてくる子どもの半数を割りましたし、イスラム系もいれば黒人は当然としてメキシコ系のヒスパニックやアジア系の人もたくさんいるんですから、人種の違いに生産性の差の原因を見出すのは不可能です。

 

では何が違うのか、それは制度や組織の違いでしょう。日本のように長時間労働ばっちこい、という制度になれば生産性が下がるのは当然なのです。経営者からしたら、働かせることのペナルティがかからないなら生産性を求めるよりも単純に長く働いてもらえば解決するのですから、当然そうするわけです。

 

長く働いて解決、がだめ

例えばさっき、日本が1年でやることをアメリカは半年でやると言いました。そこで2つの方法があります。1つは日本も生産性を高めて半年で、それより短くやるぞと考える方法。そしてもう1つが、じゃあアメリカ人の二倍働けば追いつけるという考え方です。まさにこの後者のやり方を地でやっているのが日本という国の大まかなイメージなわけです。これってやっぱり、馬鹿らしいですよ。

 

最近Excelでやれば一瞬で終わることを、わざわざ電卓などで検算することはもうなくなったと思いますが、そういうことを本気でやってましたからね。効率よく仕事を進めるためのツールを知らなかったり、導入を嫌がったり、導入しても使わなかったりするのは馬鹿がやることです。そういう実用的なものについて積極的に活用する必要があることは当然です。

 

もう日本という国が変わるためにはそういう努力教みたいな宗教をなんとか破壊するしかないんです。今の若者は割とこの価値観が理解出来るはずなので、あと20年くらい待てば少しは時代が変わることを願っています。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る