2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ミレニアル世代のムスリムが旅をする国第3位が、なんと日本って知ってた?

日本といえば海外の人達に対しておもてなしをするのが苦手、というイメージが強いですが実際にはそんな印象をふっ飛ばして多くの若者が日本にやってきているようです。



ミレニアル世代のムスリムがよく訪れる旅行先として、日本は世界で3番目となった。これはマスターカードと旅行サイトアプリのハラルトリップの共同調査によるもので、1位と2位には、ムスリムが多数を占めるマレーシアとインドネシアが名を連ねる。両国に続いて非イスラム圏の日本がランク入りしたことは驚きだ。  若いムスリム旅行者たちの経済効果は2025年までに11兆円を超えるという試算もあり、観光業界を中心に対応の動きが広がっている。 ◆旅行の動機はムスリムも同じ 日本に魅力を感じる若者が増加  日本が旅行先に選ばれている理由としては、特段ムスリム固有の文化的背景があるわけではないようだ。ビジネス・インサイダー誌(10月27日)はある旅行コンサルタントの見解として、「彼らは単純に『すでに体験したり試したりしたことはやりたくなく、新たに注目されている正統派の旅行先』を求めている」と伝える。多くの訪日旅行客同様、日本の伝統や文化に純粋に興味を持っているからとのことだ。  なお、アジア地域には、世界のムスリムの半数以上が居住していると言われている。地理的に身近な旅行先としても選ばれているのだろう。  一方で日本はムスリム文化への対応を進めており、それに対する認知度も上がっているようだ。アラブ首長国連邦のハリージ・タイムズ紙は、モスク、祈祷室、ハラル対応レストランなどの存在を挙げ、日本での環境整備を歓迎している。数年前までは日本はハラル・フレンドリーではない国との認識が濃かったが、事情は急速に変わりつつある。 日本、若いイスラム教徒の旅行先3位に 進む受け入れ態勢の整備

 

ミレニアル世代、ムスリムの意味

記事の内容に踏み込む前に、そもそもミレニアル世代ってなんやねんという人も多いと思うので簡単に解説。ミレニアル世代とはマーケティングなどでよく使われる言葉です。具体的には今の15歳から35歳くらいまでの人達のこと。上の世代と比べて幾つかの点において違いがあることから区分けして考えるのです。

 

具体的には、例えば持ち家願望というのが上の世代と比べて明らかに低いとか、シェアハウスなどへの抵抗が低いとか、インターネットに対して抵抗が低いといったことが上げられます。15歳以下の場合は生まれた瞬間からインターネットがあったのでまた別だから、下限は15歳くらいになっているわけですね。

 

また、ムスリムという言葉も注意が必要です。これは別に中東のどこかの国の人達のことを指すのではなく、イスラム教を信じる全ての人のことをムスリムと呼ぶのです。キリスト教の人達をクリスチャンと呼ぶのとまったく同じ理由ですね。

 

そして、そんなわけで若い世代のイスラム教を信じている人達が続々日本に来ているというのです。ムスリムというと、アジアや欧米の人達とはちょっと違う印象がありますがどうして選ばれているのでしょうか。

 

なぜ来るのか、理由は2つありそう

記事の中では1つの理由が中心的に語られています。それは、日本の物珍しさが素晴らしいんだ! という意見です。確かに欧米やアフリカとくらべても、明らかに日本は異なる文化を持っています。建物1つとっても、住んでいる人の顔も、商習慣も全然違う。海外に出てみるとわかりますが、スーパーですら全然違いますからね。凄く面白いのでしょう。

 

しかし、私はこれだけが理由だとは思えません。だって、日本はずっと前から異文化ですよ。異文化が好きなら皆来ていたわけです。私は一番の理由は日本の円の競争力が落ちてきていて、旅先としてお買い得だからだろうと考えています。

 

自分が持っている通過が出来るだけ相手の通貨より強い方が旅はお得になるわけですから、いま日本はそもそもムスリムに関わらず外国人の観光先としてよく選ばれています。その理由はこれです。文化立国というよりも単に安いから来ている側面もあるのです。

 

もちろん私の勘違いの可能性もありますが、今後円高などに振り切れた時にこの状況がいつまでも続くかというと疑問だというのが正直なところですね。そういえばクールジャパンってどうなったのだろう。音沙汰が無いですよね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る