2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

科学的で効果的な勉強方法

効率よく勉強するには

効率よく勉強をしたい…

 

学生の本文は勉強、子供の仕事は勉強などと言われることもありますが、社会人・大人になってからも勉強というのは必要なものです…とはいえ、なかなか環境が整わず効率が上がらないという方も多いかと思います。

 

「勉強の効率を上げるための9つの科学的な方法」なる記事がGIGAZINEで紹介されていました。勉強法についての本をこれまでに数十冊読んできましたが、だいたい肝となることは合っている気がします。本当に科学的で効果的な勉強方法について、紹介していきます。

 

 科学的で効果的な勉強方法 勉強の効率を最大限に上げるために行うべき9つの科学的な方法 – GIGAZINE





1.反復が大事

10時間の勉強を一気にやるよりも、30分の勉強を10回やる方がずっと効率的です。

 

大学で集中講義をとったことがある方は、これを実感したことがあるんじゃないでしょうか。1日5コマ×3日の集中講義よりも、週に1コマ×半年の授業の方が頭に残りやすいものです。

 

100%の理解を目指してじっくりと丁寧に試験範囲を1周まわすよりも、60%の理解を心がけてさらっと流すように3週まわした方が定着率も高いってこと。

 

2.マーカーなんて捨てちまえ

さらっと流す勉強のためには、「まとめノート作り」や「ラインマーカー引き」は害悪でしかありません。インプットのときには何も持たずに、とりあえず流し読む。これが重要です。

 

重要なところやわからないところに線を引くんだ…その主張は分かりますが、どうせ1周目は分からないところだらけですし、どこが重要なのかもわからないはず。線を引きながら読むと、読む速度が半分以下に落ちてしまいます。木を見て森を見ない学習にならないように、スピーディーに全体をつかむような勉強を心がけましょう。

 

ac9d4a5661431249917ddd2fdb44ad14 科学的で効果的な勉強方法

 

3.人に教える(つもり)

アウトプットできなければインプットの意味がありません。逆に、アウトプットを意識したインプットを心がけることで、効率よく学習を進めていくことができます。過去問がある試験の場合には、出題傾向などをあらかじめ把握し、それを意識しながら勉強するようにします。

 

さらに効率的なのは、人に教えるつもりで勉強するというもの。「教える」ってのは非常に高度なことで、適当な理解ではままならないものです。70%のことを教えるためには100%理解していなければならない。誰かに教えるつもりで勉強することで、真の理解につなげることができます。

 

この3つを心がけるだけで、ずいぶんと勉強の効率が良くなるはずです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る