2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

海外留学を目指す方が知っておくべきこと④短期留学前にやること

海外留学を目指す方が知っておくべきこと、第4弾は短期語学留学前の準備期間の手続きなどを簡単にまとめました。「留学だってなんだか準備が大変そう」という人達にこそ読んでいただきたいものです。短期語学留学の手続きなら、1日1通の連絡で1週間も掛からず出来るということは知っておくべきことでしょう。今回も友人の体験談に筆者からのコメントを加えていきます。



 海外留学を目指す方が知っておくべきこと④短期留学前にやること海外留学を目指す方が知っておくべき事③ 留学の動機(体験談) | キジトラ速報

 

留学先と期間(体験談)

さて、初めての留学、そして夏休み1カ月前ということもあり、相当雑に情報収集をしました。その結果、特に深い理由などもなくカナダのバンクーバーでホームステイをしながら約2か月の間語学留学をすることが決まりました。

 

ある日みていたパンフレットの写真が綺麗だったのと、アメリカやイギリスに比べると比較的授業料などの面で費用が抑えられるという理由でそうなりました。期間に関しては、夏休みの間ということで2か月になりました。

 

留学エージェントは使わないほうがいい?(体験談)

ちなみに、人によっては、この際に留学エージェントなどを通して申し込みをするということもあると思いますが、大学から直接申しこんだため大学のサポートがあったのと、エージェントに払う手数料がもったいなかったので、留学エージェントは介さずに留学の手続きを進めました。

 

何回か海外へ渡航している筆者ですが、いまだに、特別な理由(英語はまったくできないが、どうしても海外で一人暮らしがしてみたい等)がない限り、エージェントを通して留学の手続きを進めるのは、特にお金にそこまで余裕がない方にはおすすめしません。

 

大変面倒な手続きをするのも留学の醍醐味だと思って、自分でやるようにしましょう。エージェントにお金を払うよりは、少しでも海外で使えるお金を増やすことを考えましょう。

 

インターネットで調べてみると今では無料で相談などを行っているところもあるそうです。日本での節約はいいですが、せっかく高いお金を払って行く留学先で貧乏生活をするのは、特に短期間の語学留学などの場合はとても残念なことです。

 

面倒そうな手続き…(体験談)

留学の期間が2か月でしたので、カナダの場合はビザの申請は必要ありませんでした。ですので、行った手続きと言えば、語学学校への登録の手続きと航空券を買うこと、あとはホームステイ先が語学学校のプログラムを通して決まると連絡先が送られてきますので、そこによろしくお願いしますという手紙を送っただけでした。

 

ビザの手続きなどに比べると、とくに短期の留学の場合は手続きが楽であると言えます。ホームステイ先が決まっているということも住む家を探さなくていいので手続きが相当楽になります。

 

しかし、今後の記事でも触れる機会が出てくると思いますが、これには一長一短があります。営利企業として経営されている語学学校は基本的に、大学に付属している語学養成機関などと比べるとかなり割高です。しかしその分、機関、場所や時間割が結構自由に選べるところが多いです。また、そういった語学学校は立地がかなりいいことが多いです。

 

ホームステイ(体験談)

ホームステイに関しては、まずホームステイ先に当たりはずれがあるということと、これもまた費用がとてもかさむことが難点です。いい点は、明らかなように、英語漬けの環境にいられる、家事・洗濯などは最低限のマナーを守って手伝っていれば作ってくれるところが多い、ホームステイをしているルームメイトがいればその人たちと簡単に友達になれるなどが挙げられるでしょうか。ホームステイについては知るべきこと、心構えが多いため続く記事にして詳細に説明する予定です。

 

まとめ

今回のポイントは3点です。

 

1つ目は「留学先と期間」の決め方です。これ一つでも記事がいくつも書けるとは思いますが.今回の友人の体験談は非常に示唆に富んでいます。というのも、「消去法」「学校のスケジュール」という最も速やかに決定を下せる方法を選んでいるからです。

 

「英語がやりたい」「出来るだけ長くいたい」というのが「○○に行きたい」「○○に観光したい」という気持ちよりも強い場合は、間違いなくこのような方法で選ぶのがいいでしょう。また、大学生の内に語学留学に行くような意識と行動力がある方は、大人になってもきっと海外旅行をすると思いますので、そこのところも考慮に入れておくのが良いかもしれませんね。

 

2つ目は留学エージェントについて。これはですね、「お金に余裕があるなら使ったらいいと思う」に凝縮されます。筆者は一度も使ったことがありません。

 

安心を買うため、詳しい情報が知りたい、という方はもちろん使ったらよいと思いますが、紹介料や手数料などが掛かるのは間違いの無いことですのでそれを理解した上でご利用ください。親御さんが子どもの留学に不安が大きい場合は使うことで留学を認めてくれやすくなるというメリットはあるかもしれません。

 

3つ目は「面倒そうな手続き」についてですが、実際のところ行程としては「語学留学先に連絡して受け入れ許可をもらう」「ホームステイ先を決める」「飛行機のチケットを買う」僅かこの3つしかありません。短期語学留学の場合、ビザの必要がない国がほとんどです。アメリカだけ、入国のためだけの手続きとしてESTAというものがありますが、こちらは一日も掛からずに完了する程度の手続きですので恐るるに足りません。受け入れ許可をもらうのは極めて簡単です。英語が下手でもまったく問題ありません。

 

なぜか? 答えは簡単で、英語が出来ない人達が頑張って連絡を取って入校する場所なので受け入れ側が「ヘタクソな英語」に慣れているからです。ホームステイ先は語学学校側が用意してくれることも多く、初めての留学なら任せてしまうのもアリでしょう。飛行機のチケットについては、「格安 航空券 ○○(留学先国名)」とでも検索すれば山ほど情報が出てきます。筆者はexpediaなんかをよく使いますが、別にどこでも構わないでしょう。

 

最後は「ホームステイ」について。こちらは続く記事にて、詳細を書いていきたいと思います。筆者のホームステイ先も一度酷い時があったのを思い出します。

 

結論

海外短期語学留学は、全然難しくありません。(動き出せば1週間で全ての行程が終わります)

 

関連記事

 

07e973527ab7d5c08be85cdafc5ec349 600x463 海外留学を目指す方が知っておくべきこと④短期留学前にやること




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 名無し
    • 2014年 10月 15日

    たった二か月で何が出来るんだよ。
    「俺は海外行ってきたぜ」大金どぶに捨てて自己満足に浸るだけだろ。生活の糧にできるような何かをそんな短期間で身に着けられるとは思えない。よっぽど自己資金が豊富でお金に困っていない層であればいいんだろうけど、普通の人は留学以外にも様々なオプションを想定して努力するべきだと思う。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る