2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

韓国:「アメリカが日本の肩を持つ」という言葉から感じる正しさからの逃避

米次官シャーマン氏が、日中韓の関係について演説の中で他国を貶めることで自国民の賛意を得るような方法は悪手と発言し、韓国で物議をかもしています。というのも、国際政治の中でアメリカの後ろ盾を求めていたからですね。「アメリカが日本の肩を持ち始めた」といった反応も見えますが、このコメントから何が見えてくるでしょうか。



 

日本との論争で米国の支持を後ろ盾にしたい韓国は、米国が必ずしも味方ではないとも受け取れる発言に衝撃を受けている。

 シャーマン氏は2月27日、ワシントンでの演説で「国家主義者的な感情につけこみ、政治家たちが、かつての敵をけなして安っぽい拍手を浴びるのは難しいことではない。だが、そのような挑発はマヒを引き起こし、先に進むことはない」と指摘した。日中が尖閣諸島を巡り緊張を高めていることや、中韓と日本がいわゆる従軍慰安婦問題に関して争っていることなどを例に挙げ「理解はできるが、イライラさせるもの」と述べた。

 これに対し、韓国メディアは2日、「(米国は)けんか両成敗」などと一斉に報道。「米国が日本の肩を持ち始めたとの憂慮が拡散している」(文化日報)とも伝えた。韓国外交省の趙太庸(チョテヨン)第1次官は2日、国会で「厳重にこの問題を扱う」と述べたうえ、「米国から一両日中に具体的な答えがあることを期待する」と、シャーマン発言の真意を確認していることを示唆した。

 昨年4月に訪韓したオバマ米大統領は「慰安婦の話に耳を傾け、尊重すべきだ」と発言していた。

via: 日本の肩を持ち始めた…米次官発言に韓国衝撃 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

情報整理

さて、韓国といえば最近は国際政治を巧みに利用して日韓関係に変化を及ぼそうとしているのは周知のことです。これ自体はなんら否定されるものではないでしょう。どんな国も、自国のイメージを良くすること、あるいは敵国のイメージを悪くすることで利益を得ようとするのは当たり前のことです。

 

しかし、その成果が常に良い形で発露するとは限りませんし、何より「味方」や「敵」を簡単に作れるものでもありません。今回の発言に対して、韓国の中では「アメリカが日本の肩を持ち始めた」といった反応があったとのこと。このコメントに何か違和感を覚えないでしょうか?

 

肩を持つ、という表現から見えること

さて、この肩を持つという表現には一体何が隠れているでしょうか。それは「正しいかどうかではなく、身内/味方かどうかだけで判断してほしい」という考え方です。複数の立場の意見を聞いた上で純粋にどちらがより合理的/説得的かという評価をしてほしいのではないんですね。

 

もっと感情的で、あるいは身内びいき的な評価を望んでいることがこのコメントからよくわかると思います。もしもきちんと国際情勢の中で評価されたいのであれば、きちんと事実とそれに対する解釈を表明し、それに対して賛意を得ればいいだけのことなのです。

 

もちろん事実を確定すること、それに対する解釈をどう取るかということは国によって大きく異なるものです。であるからこそ、それぞれにきちんと説得性を持たせることが重要なんですね。しかしながら慰安婦像などを作って設置してお涙頂戴のストーリーをこしらえたところで、それは論理ではなく感情へのアクションにしかなりません。

 

しかし、それが国際政治で常に功を奏すると考えると間違いが生じてくるのでしょう。アメリカにとっては、というか他の非当事者国からすれば、悲劇的なストーリーがあるからそちらに肩入れしようというわけにはいかないのです。

 

歴史と政治

さて、上記のような「悲劇的なストーリーがあればよい」という考え方が何を生むかというと、政治と歴史との結合による改竄ではないでしょうか。どの国にもあることですが、自分たちの政治的な意見表明のために歴史を作り上げるということはよくあることです。

 

国の歴史には光もあれば影もある。自国の歴史を若い世代にどう伝えるかは、どこの国にとっても重たい課題だ。先住民への残虐行為を巡って「歴史戦争」とも呼ばれる論争が続くオーストラリアから、私たちは何を学ぶべきか。

 

 ■成功した事実にも目を向けよ ジョン・ハワードさん(元オーストラリア首相)

 教育というものは、国家にとって、非常に、非常に大切なものです。だからこそ、オーストラリアの歴史については、客観的に、事実に基づいて教えてもらいたい。

 私が首相就任後の1996年に、演説で(入植者による先住民への残虐行為を教えるべきだという)「黒い喪章史観」に言及したのは、豪州の歴史はとても前向きなものだと伝えたかったからです。欧州からの入植がなければ、豪州が繁栄した西洋国家になることはありませんでした。

 先住民のアボリジニーが経験した問題や損失を、正しく評価するのに時間がかかったことは認識しています。でも、それはこの40~50年で非常に改善されました。西洋文明の一員として、私たちの倫理観はユダヤ教キリスト教的な価値観から来ています。それを認識しつつ、先住民の歴史をより理解すべきだと思います。

 もちろん豪州は世俗社会ですし、皆にそう信じろと言っているのではありません。でも、各種制度やマナー、ユーモアのセンスにいたるまで、英国による影響が大きいのは間違いありません。

via: (耕論)歴史教育、豪州の教訓 ジョン・ハワードさん、ゲーリー・フォーリーさん:朝日新聞デジタル

 

例えばポーランドなんかは長らく大戦時の「被害者」であり、同時に「英雄」でもあるというイメージ像を歴史教育の中で作り上げてきました。しかし実際には実に1000人ものユダヤ人を虐殺した「加害者」という立場を同時に持ちます。しかし、これが歴史の教育に組み込まれるには長い時間がかかりました。

 

子供たちに「自分たちの歴史に誇りを持ってほしい」といった目的で歴史を修正して伝えてしまう気持ちはよくわかりますが、その偽りによって歪められた子供たちの感覚というのは大人になっても中々拭えないものです。被害者にもなりえ、同時に加害者にもなり得ることも含めた教育を行うことこそが、真に国家を理解するということではないでしょうか。

 

まとめ

政治的なイデオロギーと歴史教育は密接に結びついています。そしてそれはある種当たり前のことであり、意識してそれを取り除こうとしなければなかなか抗えない魅力を秘めています。

 

昔とは違い、今では自分たちの歴史を客観的に見ることも随分やりやすくなりました。どのような教科書があり、他の国ではどのように教えられているのかが簡単にわかります。自分たちが教科書で知っている歴史と、そうではない解釈の歴史があることを、簡単に把握することができます。

 

歴史教育で行われるべきは、「歴史というのは一面的なものではなく、複数の解釈がありえるものであり、そこで良いものを良いと受け止め、悪かったものは悪かった」と受け止める姿勢を養うことなのではないでしょうか。

 

鈍感になろうと思えば、歴史と政治とのつながりを知らん顔することは簡単です。しかし、こういった教育で人間の価値観は簡単に作り上げることができてしまいます。注意を払っていかなければならないのは、その危険性をよく知っている大人。まさに私たちに責任があるでしょう。

 

そしてそれは、韓国や中国でも同じことです。どこの国が一義的に悪いということではなく、複合的に色々な立場から物事を考えること、考えなければならないことを子供に教えなければならないでしょう。

 

関連記事

 

 韓国:「アメリカが日本の肩を持つ」という言葉から感じる正しさからの逃避




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2015年 3月 06日

    >さて、韓国といえば最近は国際政治を巧みに利用して日韓関係に変化を及ぼそうとしているのは周知のことです。これ自体はなんら否定されるものではないでしょう。どんな国も、自国のイメージを良くすること、あるいは敵国のイメージを悪くすることで利益を得ようとするのは当たり前のことです。

    当たり前じゃないよ。だって日本はアメリカを貶めようとはしてないじゃん。
    もしこれが肯定されるなら日本の嫌韓だって肯定しなきゃ。
    ヘイトスピーチオッケーってことになりますよ。

    >しかし、その成果が常に良い形で発露するとは限りませんし、何より「味方」や「敵」を簡単に作れるものでもありません。今回の発言に対して、韓国の中では「アメリカが日本の肩を持ち始めた」といった反応があったとのこと。このコメントに何か違和感を覚えないでしょうか?

    韓国人の根底にある事大主義さえ理解していたら何も違和感感じないですよ。

    そもそもそんな工作を仕掛けるということは敵国です。
    作るも何も敵国というのが事実というだけのお話じゃないですか?

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る