2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

韓国人によるフィリピンでの性暴力と、増える「コピノ」

コピノ、と聞いてもすぐにその言葉の意味がわかる方は少ないのではないでしょうか。ここ数年で大きな問題となりつつある、フィリピン人と韓国人のハーフの子どものことをそう呼んでいます。単なる子どもであればなんの問題もないのですが、父親である韓国人が養育費も払わずに祖国へ帰ってしまうケースが多く貧困と絡んで社会問題になっています。



 

韓国男性の場合、多くが英語を学ぶためにフィリピンに留学した学生、韓国に家庭を持つ事業家、買春目的の旅行者などだ。フィリピン女性と交際し、妊娠すると連絡を経つケースが多く、経済的に支援を続ける人は僅かという。

 コピノを支援する団体「コピノ子ども協会」の代表はWSJに対し、「子どもたちが必ず父親を見つけ出さなければならないとは思わない」と言う。ただし「子どもたちに勉強をさせ生計を立てられるようにする必要はある」とし、貧困家庭で育ったコピノが差別されてはいけないと主張した。

 またECPATのイ・ヒョンスク代表は「韓国人は日本や米国から性的に搾取された被害者だと不満を言っているが、韓国が経済先進国になった後はフィリピンで加害者に変貌した」と批判した。(編集担当:新川悠)

via: サーチナ|韓国人旅行者が増えたら「コピノ」も急増?・・・「フィリピンで深刻化する問題」と米紙報道=韓国メディア

【解説】最近、フィリピン女性と韓国人男性との間に生まれる混血児が急増しており、その数は1万人を超えるとされています。

 こうした子供たちは「コピノ(kopino/kophino)」と呼ばれています。「コピノ」は、韓国人(Korean)とフィリピン人(Philippino)の合成語です。コピノの多くは、父親が韓国人であること以外は、顔も、名前も知りません。

 コピノの父親となった韓国人男性たちは、ゴルフ旅行や語学留学などでフィリピンを訪れた際、現地のフィリピン女性と親しくなり、妊娠させてしまったケースが多いようです。

 韓国では、費用が安いということでフィリピンで語学研修を受けることが数年前からブームで、フィリピンには韓国系の語学学校もあります。

 韓国人男性たちが、生まれた子供を認知するなり、フィリピン女性と結婚するなりして、責任を取れば問題はないのですが、多くの韓国人男性は、自分の子供を妊娠・出産した女性を置き去りにして、そのまま韓国に帰国しているケースが多いようです。

 

via: 【なぜ解きコリア】フィリピンで韓国人の父親に捨てられる混血児が増えている?+(1/3ページ) – MSN産経ニュース

 

コピノが生まれる背景

一体なぜフィリピンでコピノが生まれているのでしょうか。大きな理由の一つは、どうやら安価でかつ一対一教育が可能なフィリピンでの英語教育のようです。若い韓国人男性が英語を学びに行き、そのついでに現地で仲良くなった女性との間に子どもを作り、無責任に祖国へ帰っているようです。

 

他にもフィリピンに出張していた人や観光客など、様々なパターンがあるようです。共通しているのは、認知や養育に責任を果たさないこと。2009年から2014年の間で、コピノの数は1500人程度から3万人にまで増加したと言われています。

 

なぜこのような事態になっているかというと、フィリピンが熱心なカトリック圏であり、避妊や堕胎に対して抵抗があるということも要因の一つのようです。

コピノを大量に生み出している背景には、韓国人男性側の無責任さだけでなく、カトリック教徒の多いフィリピンでは避妊や中絶を罪悪視されていることもあるようです。韓国メディアによると、男性側が避妊や中絶をフィリピン女性に求めても耳を貸さないことが多いそうです。

via: 【なぜ解きコリア】フィリピンで韓国人の父親に捨てられる混血児が増えている?+(2/3ページ) – MSN産経ニュース

 

もちろん、こんなことは理由にはなりません。たとえ耳を貸そうがかさまいが、それによってどのような事態が引き起こされるのかは韓国男性側は十分にわかっているはずです。子どもができたとしても責任を持つ気がないならなおさらのことです。

 

とはいえ、そのような教育そのものが十分に行われていないフィリピン側にも改善すべき点があることも当然です。フィリピンでは韓国人との間のハーフ以外にも様々な混血児と呼ばれる子どもたちが存在しており、シングルマザーが大変多いことも有名です。

 

高まる嫌韓感情

このような状況は、単にその子どもたちの貧困という不幸だけに留まりません。最近では、このように無責任な韓国人男性の振る舞いにたいしてフィリピン内での嫌韓感情も大きくなってきているようです。特に最近のフィリピンでは、観光客の実に4分の1が韓国からです。旅行客の増加に伴って増えるコピノ、という構図ですね。

 

しかし、それだけでは他の混血児に対する印象と何が番うのでしょうか。なぜとりわけ嫌韓感情が大きいかの理由は、朝鮮日報が報じていた模様です。会員しか読めない文章だったのでwikipediaからの孫引きになってしまいますが該当箇所を引用しておきます。

 

【現地でコピノ支援活動を行うモク・チンヒョクク東方社会福祉会理事は「何よりも父親の態度が違う。米国人や日本人の父親は子どもの存在を知ると、養育費を送ったり自国に連れて行ったりするケースが少なくとも半分を占める」と語っている。一方、韓国人の父親のほとんどは子どもの存在を知らないか、または否定をするという】

 

無責任な父親、実例

 

このように、父親側の無責任な態度に対してフィリピン側は怒っているようですね。2014年7月には、とうとう「韓国の裁判所すらフィリピン側の味方をする」という判決もありました。まあ味方というか、当たり前の判断を行っただけなのですが。

 

韓国人男性がフィリピンでつくり、責任を取らず見捨てた「コピノ」と呼ばれる子供が、父親の韓国人男性を相手取り認知を求めた訴訟で、ソウル家庭裁判所は今年6月、訴えを認める判決を下した。「コピノ」をめぐる認知訴訟で、血縁関係が認められたのは初めてだという。もっとも、判決に至るまで、父親はDNA鑑定を拒否するなどして、自らの責任を認めようとしなかった。慰安婦問題をあたかも事実のように世界に喧伝(けんでん)するよりまずは国内にいる、こうした「加害者」にその罪を認めさせるべきではないか。

via: 【衝撃事件の核心】「責任放棄許さぬ」と『コピノ』に訴えられた韓国人男性…韓国の裁判所でさえフィリピン人を支持した(1/3ページ) – 産経WEST

 

韓国に妻子のいる男がフィリピンで開業。現地女性と同棲し二人の子どもをもうけました。しかし7年後に会社を閉じ、子どもには「戻ってくる」とだけ残して韓国に帰ってしまったのです。もちろん養育費などの支払いは一切なし。

 

連絡のない男性に対して女性が名前と写真を頼りに韓国まで探しに。独力でも頑張ったものの叶わず、支援団体の協力のもと膨大な写真の中からなんとか「夫、父親」を見つける事に成功しました。

 

しかし、父親は認知せずさらにはDNA鑑定を拒否。最後には裁判にまで発展してしぶしぶ検査に応じたところ、親子関係が証明されたとのこと。しかし、面と向かって逃げ回る「夫、父親」の姿にはフィリピン人女性も子どもも大変傷ついたことと思います。

 

 

まとめ

最近では外交の一貫として、「性暴力被害国」を喧伝している韓国ですがこのように性的加害者として社会問題を生み出している側面もあるようです。とはいえ、本当に大変なのはフィリピンに残された貧困の中で暮らさざるを得ない子どもたちです。

 

戦争時とは大きく状況が異なりますが、ぜひ積極的にこれら性暴力加害者たる該当の男性たちには「謝罪と賠償」をさせるために国家が動く必要があるでしょう。もちろん国家には「謝罪と賠償」の責任などは存在しませんが、それを男たちにさせる責務はあるでしょう。

 

とはいえ、このような側面があるのは決して韓国だけではありません。先述したように、「様々な混血児」がいるわけですが、残念なことに日本人とフィリピンの間の子たちも10万人に及ぶレベルだと言われています。これらの子どもたちはジャピーノ、と呼ばれています。

 

日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれた子どものことを「ジャピーノ」と呼ぶ。フィリピン国内に10万人とも言われるジャピーノだが、「子どもができた」と聞かされると音信を絶ってしまう男性が少なくない。姿を消した日本人の父親を探し出し、子どもを認知するよう説得して歩く67歳の男性に密着した。

via: わが子を認知せず姿消す父親たち | 報道特集 : TBSテレビ

 

これは決して韓国人男性だけの罪ではないということですね。このような責任に対しても目を瞑ることなく振舞うことこそが、知性ある大人のあるべき姿でしょう。「だからチョンは野蛮で愚かなやつらなんだ」といった短絡的なコメントが出てこないように書かせていただきましたが、そんな心配はする必要がなかったでしょうか?

 

人を指差す時、他の4本は自分を指しているという言葉もあります。含意に富んだ言葉だと思います。

 

関連記事

 

78375abf436d54516ef34e4222abb912 韓国人によるフィリピンでの性暴力と、増える「コピノ」




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (5)
    • キジトラさん
    • 2014年 11月 16日

    最初から養育費込で料金を設定しておく、そして欧米の養子需要が多ければ、売り飛ばす。

    •  
    • 2014年 11月 16日

    バブル時代には多くの日本企業が慰安旅行と称した売春ツアーで
    おおくの混血児を生み出していたんだよね
    一時期日本でも社会問題になってたのを思い出した
    同じように先進国となった韓国もその轍を踏んでいるんでしょうね

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 16日

    具体的に何人の父親が子供にたいして無責任にも無かったことにしようとしたか分からん限りは韓国がーとか日本がーとかは言えないね
    現地の人いわく韓国人の方が酷いそうだが

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 17日

    結構前だけど、オーストラリアの夫婦が代理出産の子供拒否のとき、ついでで、日本の資産家が代理出産かなんかでめっちゃ子供産ませてるだのなんだのがあったね
    その人は確かちゃんとお金あげてたみたいだけど、あげてないケースも多いんだとか
    倫理的にもちろん最低なんだけど、それよりも正直なんかもったいないよな
    少子化なんだから日本で子供産んで、日本の子供増やしてほしいわ、金持ってんだし
    もうほんと、金持ちは不倫いいんじゃね?って空気できて、もっと国に貢献してほしいよ

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 17日

    記事には関係ないんですが
    コメが薄くてかなり見辛い
    UI改善お願いします

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る