2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

中国国家観光局がマナー違反を犯した観光客の実名を公開 マナーを向上させるにはどうすればいいのか?

中国人観光客が増加

最近、円安などで中国人観光客が日本各地で増えているようです…で、中国人観光客といえば、そのマナーの悪さが有名。日本人観光客のマナーも言うほど良くはないんだろうけど、団体ツアーでやってきている中国人の注目度の高さは抜群です。彼ら、しゃべっている言葉を聞くまでもなく雰囲気でそれだとわかってしまうのでアレw



マナー違反客の実名をブラックリストとして公開

さて、「中国人観光客のマナーの悪さ」が世界的に有名になっている中、中国国家観光局が、マナー違反をした観光客の実名をブラックリストとして公表する制度を始めたそうです。

 

  • ・公共交通機関内の秩序を乱す行為
  • ・公共施設・移籍を壊す行為

 

などで刑罰を受けたり、社会的に重大な悪影響を与えたりした場合、実名が掲載されるとのこと。

 

マナーを客観的に判断するのは難しい

この制度だけ見たら、実にいい制度じゃないか、とも思ってしまうんですが…罰(ブラックリスト掲載の年数)がちょっと恣意的かもw共産党の革命根拠地で紅軍兵士の像の上にのって写真をとった男性が今回一番重い処罰を受けたそうですw国家(共産党)の都合のよい粛清の方法としても活用されていきそうな悪寒…

 

そもそもマナーって法律などに記載されていないものが多いわけで…マナー違反の程度を客観的に決めるってのは、法治主義の日本なんかでも難しいんじゃないかなぁ。

 

あとは「実効性」がどれくらいあるのかって話。ブラックリストの周知度がどの程度で、そのリストに掲載された際の社会的なダメージがどれほどなのか次第で抑止力がかなり違ってきそう。

 

警備員を配置して監視するのが有効と思われる

わたしは割と旅行が好きで、日本各地の観光地に足を運ぶんですが…中国人・韓国人などの海外の方だけでなく、日本人でも結構マナー違反が散見されます。

 

でも、寺社仏閣みたいに警備員などが見ている場所では、割とみんなマナーがいい。誰にも見られていないからやってもいいだろうって発想があるんだろうなぁ。

 

ある程度混雑するような観光地などでは、係の人を配置してマナー違反者に注意をするなんてことも有効なのかもしれない。なんとも狭苦しいことではあるけど、遺産への落書きなんかをする人もいるし、ある程度は仕方ないのかなぁとも…

 

やっぱり「マナー」なんで、注意なしでも誰もが心地よくってのがベストなんですけどねぇ。人間ってのはそんなにキレイなもんじゃない。寺社仏閣の油まき事件なんかも話題になってるけど、性善説だけだと防ぎきれない事態もあるんだよなぁ…悲しいものです。

 

記事引用

【上海・林哲平】中国国家観光局は悪質なマナー違反をした観光客の実名を記したブラックリストを公表する制度を始め、第1弾の4人のリストをインターネット上で公開した。リストに載ると、出国や銀行取引が制限される可能性がある。

 中国では、経済成長に伴って海外旅行を楽しむ国民が増えているが、旅行先でのマナー違反が指摘されており、政府が国家イメージを損なわないように規制に乗り出した。

 この制度は4月に運用が始まった。ブラックリストの対象となるのは、飛行機などの公共交通機関内の秩序を乱す▽公共施設や遺跡、文物を壊す--などで刑罰を受けたり、社会に重大な悪影響を与えたりしたケース。警察や税関、銀行などに通知される。

 今回、最も重い10年間のブラックリスト掲載の「罰」を受けたのは5月1日からのメーデー(労働節)連休を前に、共産党の革命根拠地だった陝西(せんせい)省延安市で紅軍(人民解放軍の前身)兵士の像に上って写真を撮った男性。別の観光客が撮った写真がネット上で公開され、批判を浴びていた。

 国際線の飛行機の中で乗務員と口論になり、湯の入ったカップ麺を投げつけた男女や飛行機の遅延に腹を立て、離陸前に非常ドアを勝手に開けようとした男性も2年間のブラックリスト入りした。

via: <中国>マナー違反観光客ブラックリスト ネットで公開 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

きのう27日(2015年4月)、京都・清水寺でも本堂の床や賽銭箱の下、仁王門で油のようなシミが見つかった。油のようなものを神社・仏閣にまく犯行は、2月から3月にかけて京都や奈良の二条城、東寺、飛鳥寺などで見つかっていたが、今月に入って全国的な広がりを見せているという。香川県や茨城県の鹿島神宮、千葉県の香取神宮で発生したほか、先週25日土曜日には福岡県の警固神社でキツネの石像が壊される事件も起きている。

 

自分の存在を際立たせようとする「劇場型の犯罪」

司会の夏目三久「いったいどのような人物がこのようなひどいことをしているのでしょうか」

犯罪心理学が専門の東京未来大学・出口保行教授は、有名な寺や神社を狙うことで社会に自分の存在を際立たせようとする「劇場型の犯罪」と分析している。犯行が広範囲に行われていることから、同一犯ではなく、模倣犯がいる可能性が高いと指摘する。

 

via: 全国に広がりはじめた「神社仏閣へ油まき」真似するバカ者?香川、茨城、福岡でも・・・ : J-CASTテレビウォッチ





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る