2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「そうだ、火星に行こう」を2022年までに叶えると世界最強の起業家が挑戦する

世界最強の起業家と言っても反論は少ないでしょう。宇宙系の事業を広げているスペースXが、2022年までに火星に貨物宇宙船を火星に到達させると息巻いています。



【9月29日 AFP】米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)の最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク(Elon Musk)氏が、5年後の2022年までに貨物宇宙船を火星に到達させるという野心的な計画を29日、明らかにした。さらに2024年までに有人ロケットを使って地球の主要都市を結ぶ計画も目指すとしている。

 オーストラリアのアデレード(Adelaide)で開かれた専門家の国際会議で、満場の聴衆を前に同氏は計画を披露。今後6~9か月以内に最初の宇宙船の建造に取り掛かると述べ「この宇宙船を完成し、5年以内に打ち上げることについて極めて自信がある」と語った。

via: 「2022年までに火星到達」、スペースXのCEOが野心的プラン発表 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News

920x614xd8871d3d066fa8482196cc06302cad73 1024x683.pagespeed.ic .fIagS YVwp 「そうだ、火星に行こう」を2022年までに叶えると世界最強の起業家が挑戦する

 

スケールのでかすぎる男

イーロン・マスクという起業家の名前を聞いたことはあるでしょうか? 日本では起業系の人たちくらいにしか知られていない気もしますが、紛れもなく現代最強の起業家の一人です。彼の凄いところは、途方もないスケール感。普通の人が考えるのとは全く別の次元でこの世界を捉え、そしてその世界を実現するという物凄い能力を持っています。

 

今回の発表で語られた未来の構想もまさに圧巻。火星への移住に向けてまずは貨物ロケットを2022年までに火星に送り込むと言います。更に24年には友人宇宙船を4隻も送り込むということで、まさしく火星移住に向けた大きなステップを踏もうと考えているようです。

 

しかも、それだけではありません。その達成に当たって飛躍的に発達するであろうロケット技術を用いて、世界中の都市をロケットで-飛行機ではありません-繋いでしまおうというのです。これが実現すれば、世界中の都市を僅か30分程度で移動出来るようになると言われており、もし実現すれば凄まじいインフラになります。

 

とにもかくにも、こんなスケールの大きいことをSFじゃなくて本当にやろうとするところがこの人のとんでもないところです。格好いいというか、恐れすら覚えるというか。

 

地球脱出の日は来るのか

増え続ける人口、食料にエネルギー問題、環境破壊と様々な世界的課題に追われている地球。いずれこの地球から脱出して異なる惑星に飛び出す日が来るとも言われています。実際そのような日は来るのでしょうか。

 

少なくとも彼は本気でそう考えているようです。しかし私は一つだけ悲しい事実を考えておきたい。要するに、地球を出たところできっと問題は繰り返され続けるだけであろうということだ。

 

結局火星に行こうとどこに行こうと、そこに資源の問題は必ず現れる。エネルギーや食料を奪い合って、少しでも贅沢をしたいという欲望がなくならない限りどこまでいっても人類は奪い合い傷つけあい、権力を求め合うのではないでしょうか。

 

地球を飛び出して火星に移住して人類向けに環境を調整したところで、必ずやまた何らかの歪みが発生するでしょう。複雑系の世界において、設計通りに進んでいく物事などないのですから。

 

もしも人類が「逃げ」の惑星移動をする限り、この世界にある貧困や不平等などの悲しい事件はどこまでいってもなくならないでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る