2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

敬語、誹謗中傷、批判…などWEBで文章を書く時に気をつけること

口汚いと説得力が落ちる

口汚く語ると、それだけで説得力を下げてしまう。

 

そのようなタイトルの記事がネットで話題になっていました。一見言っていることは正論のようにも思えるんですが…ズバッと口汚く罵るような言論が、一見説得力のあるような記事になることも割と多いとは思う。

 

 敬語、誹謗中傷、批判...などWEBで文章を書く時に気をつけること 「口汚い」ということは、ただそれだけで説得力を下げると、私は思っているんだけど。: 不倒城

 

口汚い言説を嫌う人もいれば、それを好む人もいるって話なんじゃないかなぁ。



口調と言論の中身について

論調や文体には、個性が如実に表れます。本来、口調ってのは言論の中身とは関係ないんだけど、そこをうまく操ることができる人が高く評価されることもある。逆に、言ってることが正しかったとしても、クソみたいな文章を書いていると、説得力が失われてしまう。残念ですけど、言論ってそんなもんです。

 

ソース記事のブログ主さんは、「強い言葉」と「口汚い言葉」を区別しているようですが…わたしは、両者は完全には区別できないものじゃないかなと思っています。やさしい語り口調で、相手をとことんけなすような攻撃的な書き方ってのも存在しているわけで… うん、言葉ってのは奥が深いもんです。

 

df431f50074a8184f6c1253c3daf80b2 敬語、誹謗中傷、批判...などWEBで文章を書く時に気をつけること

私が気をつけていること

さて、話を少し変えまして、わたしがWEB上に文章を書く際に気をつけていることを少し挙げてみます。

 

・ですます調と口語を意図的に混ぜる

ライター駆け出しのころには、ですます調でかけって指導されたものですが…キジトラ速報で副管理人として書くようになったころから、口語調がちょっと混ざるようになりました。丁寧すぎると文章が単調になってしまうからです。この部分については賛否両論あるかとは思いますが、ネット上の文章って敬語ヘタクソな新社会人程度の言い回しでいいような気がします。まぁ、これは個人の好みでw

 

・個人に対する誹謗中傷を避ける

文章を公にするからには守らなければならないのがコレ。名誉棄損なんかで訴えられると面倒ですからねぇ。ネット界で言論するからには、最低限守らなければならない部分。

「何を言っているのかわからない」はセーフだけど、「バカ」は極力使わないってのが、わたしなりの線引きw

 

・でも批判はとことんやる

「誹謗中傷ダメ=批判したらダメ」ととらえる方もいるかもしれませんが、言論に対する批判・反論はまったく問題ありません。批判こそ言論の本質といえるでしょうし。

 

批判する際には、正論だけじゃなくてあえてミスリードな部分を作ることで、煽って炎上させるってのも1つの方法ですかねぇ。わたしはあんまりやらないけど… 口汚い言論ってのも、ありっちゃあり。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2015年 9月 22日

    正直管理人さんができてますか最近の管理人さんがホント心配になってきました
    なんかあったんですか 大丈夫ですか?

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る