2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

警官による黒人、アラブ人、LGBTなどへの差別的メールが明るみに

性的マイノリティ、黒人やアラブ人に対する差別的な警察官達のジョークが明るみになり、既に3人が辞職しています。しかも、そのうちの1人は強姦の容疑で捜査されていたとのこと。唖然とします。

 

【4月28日 AFP】米カリフォルニア(California)州のロサンゼルス(Los Angeles)とサンフランシスコ(San Francisco)の警官らが、人種差別的で同性愛を嫌悪する内容の電子メールやテキストメッセージを交わしていたことが明らかになり、非難を浴びている。警官らはメールの中でマイノリティー(少数派)の人々を「野蛮人」「野獣」などと呼んでいた。

 サンフランシスコ市当局によると、同市警では問題発覚後に警官3人が辞職し、4人目が懲戒処分の対象になっているという。

 26日に記者会見したサンフランシスコ市の公選弁護人、ジェフ・アダチ(Jeff Adachi)氏は、辞職した3人の間で交わされたテキストメッセージの詳細を公表。3件の殺人を含む少なくとも207件の事件に影響する可能性があると述べた。

 メッセージの中で、元警官らは黒人に対し「Nワード」(ニガーなどの差別語)を使用していたほか、アラブ系の人々を「ぼろ切れ頭」などと表していた。一連の差別的なメッセージは、3人のうちの1人に対する強姦容疑の捜査過程で見つかったという。この元警官は、あるメッセージの中で黒人について「野蛮人」「解き放たれた野獣の群れ」も同然だなどと記していた。

「市民のために尽くすと誓った警官が、これほど無頓着に市民の人間性を攻撃するなど、恐ろしいことだ」とアダチ氏は述べた。

■「冗談」と釈明

 一方のロサンゼルスでは、同郡保安局のトム・エンジェル(Tom Angel)首席補佐官が、近郊バーバンク(Burbank)警察の副署長を務めていた2012~13年に黒人やヒスパニック系、女性を侮辱する内容のメールを転送したとして批判の的となっている。

 米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)の取材に応じたエンジェル氏は、仕事上のメールが公になったことは不運だったと述べ、「職場の誰もが時々、不幸にも、恐らく転送すべきではないメールを転送してしまう」「誰かを傷つけたなら謝る。だが、こうした冗談が一般の人々の目に触れることは想定していなかった」と釈明した。(c)AFP

via: 米カリフォルニアの警官ら、内輪で人種差別メールやりとり 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News





ニュースの概要

改めて簡単に事実関係を確認しておきましょう。サンフランシスコの警察官3人が辞職しました。彼等の差別的なメッセージが明るみにでたのが原因です。

 

彼等の差別的なメッセージは黒人からアラブ人、LGBTまであらゆる人達を「野蛮人」「野獣」などと罵るものでした。しかも、3人の内1人は強姦容疑で捜査中とのこと。嫌な人たちです。

 

discrimination 471 警官による黒人、アラブ人、LGBTなどへの差別的メールが明るみに

 

警察官だからダメなのか?

第一義的には人間としてアウトです。が、今回の場合は警察官だというのもこの問題を大きくしていると言えるでしょう。なぜか? それは警察官という役割には求められる人間像があるからです。

 

社会全体の秩序を合法的に特別に許された暴力によって維持する警察官には、その特別に許された暴力に対しての責任が存在しています。

 

それが今回明るみになったことをより一層罪深くしているわけです。警察官だって人間なのだから、という言い訳はある場面では通用するしある場面では通用しません。今回の場合は後者に当たるでしょう。例えば勤務中の居眠りは前者に当たるでしょう。

 

内輪のジョークなのになぜ問題になるのか

このような問いかけもあるでしょう。それに対する解答は「明らかになった瞬間から内輪のジョークではなくなったから」というものになるでしょう。

 

明らかにならない限りにおいて、それは何らかの「善悪の基準」にかけることが出来ません。それは存在しないことと同じだからです。(だからこそ、隠れた悪を明らかにすることには意味がある)

 

しかし、このように明るみになった瞬間からあらゆる行為は何らかの基準によって評価されることになります。ただそれだけのことです。よって「内輪のジョークなのに」という反論は全く無意味です。

 

現に、今この瞬間にも行われている差別的な内輪のジョークは裁かれていません。その違いは、端的に言ってそれが明るみに出たかどうかです。残念ながら。

 

まとめ

この世界にある様々な不正や不公平に対して、それを擁護するような言説もたくさんあります。しかし、それのほとんどはいわゆる屁理屈というものです。

 

今回の「内輪のジョーク」というのは、もう少し深くその心理を掘り下げれば「他の奴らもやっているのになぜ俺たちだけ」というものかもしれません。

 

だとするのならば、それが屁理屈でなくてなんでしょうか。他の人たちがやっているかどうかと、その人達の行為が悪いことかどうかは本質的に全く関係がありません。

 

そんな当たり前のことが、警察の言い訳として使われるとなると唖然する他ありません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る