2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

警察が職務質問をする基準 

ウルトラセブンやのび太のコスプレをした人が職務質問を受ける

職務質問を受けたことはありますでしょうか?弁護士ドットコムが職務質問の基準や実態などについての記事を書いていたので、補足説明しながら、職質について論考していきたいと思います。

 

先日、ウルトラセブンやのび太のコスプレをした人が職務質問を受けて話題になっていたそうです。で、これを受けて、弁護士の福島隆氏が職務質問のルールについて説明をしています。

 

  • ・職質の根拠法令は警職法2条1項
  • ・移動な挙動その他周囲の自浄から合理的に判断して犯罪を犯し・犯そうとしていると疑うに足りる相当の理由がある者に対して職質をすることができる

 

職質は上記のルール(基準)に基づいて運用されなければなりませんし、あくまで任意であって拒否することもできます。

 





とは言っても拒否できない

以上は建前論…実際にはそう簡単にはいきません。わたしも車でノートパソコンで文章を書いていたら職質を受けたってことが何度かあります。ちょっと法律の知識があるからって拒否しようとしたんですが、取り付く島もなし…やつら何十分でも何時間でも粘ってきますw

 

実際にはそんなに拒否する理由もないんだから、やましいことがなければ素直に警察に協力してあげればいいじゃん、ってのが実際なんですが、原則と例外が逆転してる現状にモニョってしまうのも事実。

 

市民の義務として捜査に協力するっていえば聞こえはいいですが、おまえ怪しいぞって言われているようなもので、何の覚えもなければ腹も立ちます。あまり強くたてついたら、職務執行妨害となりうるケースもあるでしょうしw まぁ、おとなしく従っておくのが大人な対応ってことなんでしょう。

 

警察官は法律を知らない

ところで、警察官の中には「法の番人」を自称する人もいるそうですが、彼らって実際には刑事訴訟法とか刑法とかあんまり勉強していないんですよね。職務質問の要件についてもあいまいなこともあります。

 

理不尽な職質を何度か受けたことがある者としては、何が法の番人だ、とグチりたくなってしまいます…法の番人ってのは、普通裁判官に使うものかなぁってイメージ。

 

権力を持っているものは濫用するおそれがあるってのが「立憲主義」の基本です。児童ポルノ法や秘密保護法、ヘイトスピーチ規制法に反対するのも、すべて警察への不信感からきているものと言っても過言ではないです…wまぁ、権力ってのは適切に行使しなければ、かえって行動しづらくなることもあるし、評判が落ちてしまうこともあるよってことで。

 

記事引用

東京の秋葉原駅付近で「ウルトラセブン」が職務質問されていた――。そんな話題がネットで注目を集めた。もちろん、M78星雲からやってきた本物ではなく、ウルトラセブンの着ぐるみを着た地球人(のはず)だ。女性警官に職務質問されているウルトラセブンのシュールな姿が7月7日の七夕の夜、ツイッターなどで報告されたのだ。

 

6月には、名古屋駅付近で「のび太」のコスプレをした男性が職務質問を受ける様子が、やはりネットに投稿されて話題となった。お遊びのコスプレに対して真剣に対応する警察の様子はなんとなく滑稽だが、ネット上では「なんでコスプレ程度で職務質問されるの?」「悪いことしたわけじゃないのにかわいそう」といった疑問の声も多い。

 

はたして警察は、どのような基準で職務質問をしているのだろうか。街の中でコスプレをしていたら、職務質問をされてもしかたないのだろうか。福島隆弁護士に聞いた。

 

●職質にも「ルール」がある

 

「職務質問の要件は、警察官職務執行法2条1項に定められています。そこには、次のように書かれています。

 

『警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を…犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者…を停止させて質問することができる』

 

簡単に言えば、警察官がコスプレイヤーを見て、何らかの犯罪に関与するのではないかと合理的に判断したのならば、必要最小限度の職務質問をおこなうことができるということです」

 

つまり、いくら警察官でも、好き勝手に職務質問できるわけではないということだ。実際の運用はどうだろうか?

 

「実際の職務質問は、法律の文言よりは『気楽に』おこなわれているのが現状です。

 

本来、職務質問は任意捜査であるため、質問された側に『答える義務』はないとされています。

 

ただ、日本では職務質問を拒否される場合が少ないこともあり、職務質問を拒否すると、『拒否するなんて不審だ』として、しつこく質問されたり、警察署への同行を求めるようなケースもあるようです」

 

●「コスプレ=不審」ではない

 

コスプレで街を歩くことは「不審」なのだろうか?

 

「私個人としては、キャラクターのコスプレをして街を歩くだけのことが、犯罪と関連する不審事由にあたるとは言い難いと考えます。

 

もちろん、夏の暑い時期にウルトラセブンの格好をして歩くことは、他の人たちがしないという意味ならば、『異常な挙動』と言えなくもないですね。

 

さらに、そうした人が、突然『悪に満ちた社会に天誅を下す』などと言って騒ぎ始める可能性が、全くないとは言えません」

 

だが、コスプレをしていない人でも、騒ぎ出す可能性はあるだろう。

 

「そうですね。このようにして『異常な行動』『相当な理由』を広く考えるなら、職務質問の対象はどんどん広くなります。

 

事実上、拒否するのが難しいことを前提にすると、警察は慎重に職務質問を実施してもらいたいと考えます」

 

●今回の職質はやりすぎなのか?

 

すると、今回「ウルトラマン」や「のび太」におこなわれた職務質問は、やりすぎなのだろうか?

 

「現場の状況しだいですが、もし、ウルトラセブンやのび太のコスプレをした人が、大勢の群衆が集まる場所で、長時間にわたり人々の注目を集めていたのであれば、迷惑防止条例違反である『客引き』や、著作権侵害などといった犯罪の嫌疑があると考える余地はあるでしょう。

 

警察は、話を聞いたうえで『繁華街ではなく別のところでやってね』と、移動を促したのかもしれませんね」

 

たしかに、そう考える余地はありそうだ。

 

「念のために言っておきますと、警察は、ウルトラセブンものび太も、彼らのことを『本物』と考えて職務質問をしたわけではないようですね。

 

ウルトラセブンの『アイスラッガー』は、もし本物なら、銃刀法違反です。のび太も、凶器の宝庫である『四次元ポケット』を(なぜか)持っていたようです。にもかかわらず、警察官は、どちらにも関心を示さなかったようですからね」

 

福島弁護士はこのように断言していた。

 

via: のび太とウルトラセブンが「職質」された・・・警察はどんな基準で職務質問するのか?|弁護士ドットコムトピックス

警察官職務執行法2条1項 第二条  警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。

 

関連記事

 

7f18d1dc77a942f26112743375f793da 450x600 警察が職務質問をする基準 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • キジトラさん
    • 2014年 8月 17日

    車でノート弄ってるのは案外怪しいだろw

    • 名無し
    • 2014年 8月 17日

    何度も職質される人間ってのも珍しいな。
    どこに車を止めて、どのぐらいの時間いたんだ?

    • 2014年 8月 17日

    職質拒否自体が怪しいと言えなくもない

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 17日

    車でPCだめなんか
    営業じゃなくてよかったわ

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 17日

    単芝うぜーな

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 19日

    ・見た目30以上
    ・男
    ・私服
    これで百発百中
    どれかの要素を外すと、目を付けられる確率がガクンと落ちる

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る