2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

健康系の情報はデマが多いので気をつけよう

横紋筋融解症

健康になろうと自転車で通勤し始めたら病気になってしまった…

 

との体験談をブロガー「ダニエルなかぢ」氏が書いていました。横紋筋融解症なる病気になってしまったとかなんとか…この事例はレアケースなんでしょうが、健康を目指していたら逆に不健康になるってことは割とよくあることなんじゃないかなぁと思います。

 

 健康系の情報はデマが多いので気をつけよう 健康になろうと自転車通勤を始めたら、逆に不健康になった話 – 今日学んだこと





運動は適度に

健康になるためには「適度な」運動が必要。これは多くの医師が認めている事実です。運動・スポーツは健康にいいというイメージがあるかもしれませんが、プロ選手レベルになると故障との闘いとなります。「適度」でないガッツリした運動は、不健康の元ってこと。

 

各人の体力・体質などによって、適度の度合いが違ってくるというのも忘れてはなりません。一般人には適度であっても、虚弱体質・病気持ちには適度でないってことはよくある話。歩くのは老人でもできるし、軽いウォーキングなら…と思うことなかれ。膝に矢を受けてしまった方などは、ウォーキングもままなりません。

 

わたしは以前じん帯を損傷したことがあるので、有酸素運動は水中歩行や水泳などに頼らざるをえない…。膝に矢を受けたことがない方でも、日々ウォーキングしてたら膝が痛くなって、っていうケースは珍しくはありません。

 

1b59b90a05f222364555d10d1a9d78b8 健康系の情報はデマが多いので気をつけよう

 

健康関連はデマが多い

運動以外でも、「健康」だと一般的に言われていることを疑う・注意してかかるってのは大事です。この国では、「健康」に関するデマ情報が氾濫しています。かつて健康や病気に関する記事を大量に書いていた私が言うのですから、間違いありません。ネット上の病気の情報などは、どこか1つに元となる情報があって、それをコピペ・リライトしたようなものばかり。元が間違ってると、ネット上の情報ほぼすべてが間違っている、なんてことも(で、割と間違っていることが多い)。

 

専門家の話にも注意する必要があります。私の経験上、○○ライターの類が書いた記事はまず疑ってかかるようにした方がいい。それから、資格持ちであっても、○○コーディネーターや栄養士など、医師以外の専門家の情報は医学的には間違っているってことが割とあります。怖いのは、医師の中にもトンデモ情報を発している人がいるってこと…w

 

他には、サプリメントは薬事法上効能・効果を明記できないようなものなので、基本的には健康上目立った効果は得られないとか…。

 

クチコミや雑誌の情報を鵜呑みにしてると、健康を目指してるはずが逆効果・無意味になってしまいかねません。できるだけ正しい情報・正しい方法を目指したいものです。健康法を試していて思ったような効果が得られなかったり、違和感を抱いた場合には、方法の見直しをするようにしましょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る