2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「血液型と性格の関連性に科学的な根拠は無し」 日本で血液型分析が流行った理由  

血液型と性格との間の関連性に科学的な根拠はない

九州大学の社会心理学者・縄田健悟講師が、血液型と性格との間の関連性に科学的な根拠はないとする統計解析結果を発表したそうです。血液型占い・血液型診断に基づく、差別・偏見(ブラッドタイプハラスメント)も存在している日本ですから、一石を投じるような研究結果にもなるかもしれません。

 

ところで、この研究は、日米1万人を対象に行った意識調査(回答者の血液型が記載)をベースに、血液型による回答の違いがあるかどうかを解析したもののようです。生理学・生物学・医学的な研究結果ではなく、社会学・心理学的な研究結果。



心理学的な違いもないのはちょっと意外

個人的には、生物学的な違いはなくても、心理学的には違いが出るんじゃないかなぁと思っていたんで、少々意外でした。血液型占いを信じているわけではありませんが、これだけ血液型診断が知られている日本で、血液型による差異が生まれるわけがない…そう思っていました。 お前はA型だから几帳面だ、と言われ続けて成長したら、几帳面になっていくんじゃないか、的な… 今回の九大の研究結果、むしろ差異がどうして生まれなかったのかって部分が気になりますw

 

日本で血液型が流行った理由

さて、血液型診断について、みんなの党の松田公太氏がブログ記事を書いています。日本で血液型診断がはやった理由についてのエントリー。

 

松田氏は、「日本人の適度な集団帰属欲求の高さ」(どこかのグループに属していないと不安になる傾向)を、血液型診断が流行した理由として指摘しています。

 

感覚としては分からないではない…ただ、これを敷衍すると日本人はカテゴライズが好きな人種だってことにもなりかねない。はたしてそれは本当なんでしょうか。

 

ラベルを貼って簡単に結論に達してしまうことができるから、ってのは日本人特有の現象ではないように思えます。日本人が占い好きって側面もあるのかもしれませんが、世界の他の国と比べて特別好きなのかどうかは不明…

 

ブームになったから

結局、1970年代にブームになったから、ってのが一番シンプルな答えなんじゃないかなぁと思います。ある事柄がブームになりやすく、国民が総一色の行動をとりがちってのは、日本人の傾向として指摘できる(気がする)。

 

松田氏は、ラベリングをやめて個性を認める社会になれば、日本には多くの起業家が生まれるはずだ、と締めくくっています。ちょっとこの結論だけ、論理のスジから外れた突飛なものに感じられます。個性が認められないから起業家が生まれない…本当かなぁ?

 

記事引用

「血液型と性格の関連性に科学的根拠はないとする統計学的な解析結果を、九州大の縄田健悟講師(社会心理学)が発表した」という記事を読みました(2014-7-19 Yomiuri Online)。

私がアメリカから帰国して大学に入った時、血液型による性格診断は異常なほどブームでした。新歓の自己紹介では全員が名前と共に血液型を言わされ、飲み会では必ずと言って良いほど血液型が話題になりました。

血液型による性格診断は他国で聞いたことがなかったので(欧米諸国では自分の血液型を知らない人も多いです)、はじめは面白く感じたのですが、あまりにも信じきっている人達が多かったので、段々と怖くなったのを覚えています。

そもそも人間の性格を単純に4つに分けられるはずがありません。

それにもかかわらず、なぜ日本には血液型診断がこれほどまでに根付いてしまったのでしょうか。

一つは「血液」や「統計学」というと、何となく科学的な感じがして、リアルな印象を与えてしまうという事があるでしょう(実際、前述の記事もYomiuriの「科学」欄に掲載されていました)。

私は大学生の頃に謎を知りたくて何冊かの血液型診断について書かれた本を読みましたが、統計をしっかり取ったかのように見える調査も、質問内容がかなりアヤフヤだったり、サンプル数が少なかったりと、恣意的に調整できるようなものが殆どでした。

しかし、もっとも大きな理由は、日本人の適度な集団帰属欲求の高さにあると思います。

日本人はどこかのグループに属していないと不安になる人種です。

「私はAB型だから・・・」「あ、分かる。自分も同じだから!」という感じで、自分と同じ考え方の人が大勢いる事に安心感を覚えるのです。

日本人が「ブランド」を好きだという理由や、「行列」に引き寄せられるという理由と同じです。

また、血液型だけで他人のことを分かった気になれるという便利さもあります。

人にラベルを貼って「あいつはB型だから仕方が無いよ」と簡単に結論に達してしまうことが出来るのです。

音楽で言えばアルバムを購入してそのアーティストを深く知ってみようと思うより、流行っているシングルだけを聞いて、知った気になってしまうのと同じかもしれません。

驚いたのは、リクルート時に血液型を書かせる企業もあるということです。

単に診断自体を信じてバランスよく社員を採用しようとしているのか、何か意図があるのか。

前者だったとしたら、そんな会社はすぐ消えてなくなってしまうでしょう。

しかし後者だったら意外と面白いことを試そうとしているのかもしれません。

例えば、「血液型診断は信ぴょう性がある」と新卒の社会人を信じさせることはそう難しい事では無いと思います(それらしいDATAを出して説得すれば、大半は信じてしまうでしょう)。そして、各部署にバランスよく血液型人材を配置し、「君はA型だから、細かい作業をこなせるはずだ。頑張ってくれ」「君は0型なので、リーダーシップを発揮してアルバイトを統率できるはずだ。頼むぞ」と、信じ込ませて仕事をさせることができれば、どんな結果を生むでしょうか。

殆どの企業の人事部は、どうやって社員をコントロールするかに頭を悩ませています。血液型や占いを活用しようとするところがあっても不思議はありません。

もっとも、それを大真面目にやっていたとしたら、そんな会社も消えてなくなる運命だと思いますが(笑)

話しが少しそれてしまいました…。

私は血液型診断と出会った大学生の頃から、「どこかに属することで得られる安心感は必要かもしれないが、それ以上に個性をアピールして違う事の尊さを認めることが大切だ」と考えるようになって、現在に至ります。

そもそも、人間を4つのグループに分ける事などできるはずがありません。

ラべリングをやめて、個性を認める社会になった時、日本には多くの起業家が生まれるようになるはずだと思います。

 

via: なぜ日本で血液型診断が流行ったか

 

関連記事

 

c828d6df92887df5871762f969e54188 「血液型と性格の関連性に科学的な根拠は無し」 日本で血液型分析が流行った理由  




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    何型ってきいて かなりの確率で当たってるのはナゼ??? f^_^;

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    バーナム効果

    • キジトラさん
    • 2015年 3月 05日

    >>何型ってきいて かなりの確率で当たってるのはナゼ??? f^_^;
    >>バーナム効果

    バーナム効果は「誰にでも当てはまる一般的な事象を、自分だけに当てはまると感じてしまう現象」だから違う。

    この場合は「確証バイアス(自論に合う事例のみを選択し、その持論が正しいと思い込む事)」と言う。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る