2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

なぜ富めるものは寄付をするのか? 欧州貴族は彼等の寄付を語らない

お金持ちによるチャリティ、慈善行為としての寄付の例には枚挙の暇がありません。しかし、一体なぜ彼等はチャリティを行うのでしょうか? 単なる税金対策なのかそれとも…。



ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット……ケタ違いの資産を誇る大富豪たちは慈善活動に熱心だ。税金対策や名誉欲のほかに、彼らが他人のためにお金を使う本当の理由とは。

ブッシュ家からホテルオーナー家系まで

大富豪にとってチャリティとは、財産を守るための大事な手段のひとつであり、寄付金控除を受けることに大きな意味がある。ただし、それだけが彼らのチャリティのすべてではない。たとえば現在30兆円を超える資産を運用するラッセル投資グループの創業者一族、ザック・ラッセル氏。コンサルティング会社を経営する傍ら、ラッセル・ファミリー財団やネクサスなどの慈善団体で中心的役割を果たす27歳であるが、ラッセル氏の慈善活動から見えてくるのは「家族の価値」と西欧の上流社会に根付く「高潔な精神」である。

img 31a2b932a18885cd93e0af73de7ca3a4119858 なぜ富めるものは寄付をするのか? 欧州貴族は彼等の寄付を語らない
ザック・ラッセル氏●ラッセル投資グループの創業者一族でラッセル・ファミリー財団の役員。慈善団体「ネクサス」顧問。財団評議会次世代タスクフォースのメンバーとしても活動する。

物心つくころから、家族の慈善活動、地域への奉仕活動、寄付行為を当たり前のものとして見てきたラッセル氏には、利他的な慈善活動がごく自然に人生の一部となっている。

「Money is not everything.(お金がすべてではない)」、そう公言する彼のけれんみない笑顔は、恵まれた環境で育った者だけに与えられる特権ともいえよう。ラッセル氏のように銀のスプーンをくわえて生まれてきた若者が、ネクサスには集結している。ブッシュ家、ケネスコール家、ヒルトンやマリオットなどの著名ホテルグループのオーナー家系など、名だたる家系の子息・息女がメンバーに名を連ねる。そこには「チャリティ」への価値共有のもとに、たがいに身を寄せ合いながら、「家」と「財産」を守る姿が見えてくる。

via: なぜ世界の大富豪は、チャリティに熱心なのか:PRESIDENT Online – プレジデント

 

寄付する金持ちとは誰か

まず考えなくてはいけないこと、それは「寄付する金持ち」という名で呼ばれるのはどのような人たちなのかということです。一般的に有名どころと言えばマイクロソフト財団などはとても有名ですね。

 

最近は、facebookの創始者であるマーク・ザッカーバーグもその資金を大量に寄付に(というか財団設立に)投じるということで話題になっていました。

 

さて、これだけ聞くとなんだかIT系で時代を築き上げてきた人たちばかりのように思われますが、「寄付する金持ち」というのは決してそのような単純なカテゴリにくくれるものではないでしょう。

 

例えばタイトルにも挙げたような、欧州貴族たちの存在があります。彼等はその寄付行為を売名などに使わず(使う必要もない)に黙々とチャリティ活動を行っています。

 

keep calm and noblesse oblige 5 なぜ富めるものは寄付をするのか? 欧州貴族は彼等の寄付を語らない

ノブレス・オブリージュという言葉とその意味

ノブレス・オブリージュという言葉を聞いたことはおありでしょうか。いわゆる、「富める者の義務」です。金持ちがチャリティや慈善活動をすることは一種の社会的義務であるという考え方、ないしその富める者の態度のことを指します。

 

昔はnoble-高貴な-ということでもっと直接的には階級や血統を意味していましたが、今ではマイクロソフトなどに代表されるようにそういった血統以外に単にたくさんのお金を持っている場合にもその義務が要請されているように感じます。

 

しかし、単にノブレス・オブリージュだから、というだけでは中々人を動機づけることは出来ないのではないかなと考えます。単なる道徳的義務というよりは、もっと違う意味があるのではないでしょうか。

 

皆さんはバタイユという小説家はご存知でしょうか。彼はエロティシズムなどにおいても大家ですが、実はそれだけにはとどまらない人間です。

 

彼は普遍経済学というものにも関心があり、その中で蕩尽論というものを展開します。一言で言うと、金持ちはその富を「時に破壊的に気前よく振る舞わなくてはならない」というのです。

 

詳細はこちらの記事を読んでいただきたいのですが、これは一種の格差社会を隠蔽する役割を持つと暗示されます。王-や貴族、金持ち-は多大なる権力を持ちます。だからこそ、このような蕩尽の義務を負うのです。

 

 なぜ富めるものは寄付をするのか? 欧州貴族は彼等の寄付を語らない 「祝祭」と「蕩尽」――バタイユ『有用性の限界 呪われた部分』から考える2 – 草食系院生ブログ

 

まとめ

一般にノブレス・オブリージュというとどこか良いことをしているような響きがありますが、実際のところどうなのでしょうか。

 

その「良いこと」が出来るための資産はどこから生まれてきたものなのでしょうか。とりわけ貴族においては古くは人を支配することによって資産を蓄えてきたと言えます。

 

そのお金は時に彼等のために供されることで、その富を持つための一種の正当性を作るのでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 名無し
    • 2016年 7月 13日

    振り込みじゃない募金は詐欺だよ。最近分けの分からない募金を東南アジア人がやっていた。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る