2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Amazon「Kindle Phone」にはメニューボタンがない アプリはチルト操作で動かすらしい 

Amazon「Kindle Phone」の新たな情報がリーク

BGRから引用。

 

Amazonが現在開発中の裸眼3D機能搭載スマートフォン「Kindle Phone」の新たな情報がリークされました。





メニューボタンは無し

従来のスマートフォンに搭載されているようなメニューボタンはなくなるようです。その代わり、端末を傾けたりチルト操作を行うことでアプリを操作する機能が搭載されているとのこと。

 

例えばキンドルアプリで電子書籍を閲覧中に端末を傾けるとX-Rayメニューが表示される、メールアプリやカレンダーアプリのアイコンが表示された場合、端末を傾けるとラベル情報が表示されるなど。情報の表示については、裸眼で見ることのできる3Dで表示されるとのこと。

 

裸眼での3D表示機能

以前に報道された内容によると、「Kindle Phone」には裸眼3D機能が搭載されています。端末前面につけられた4つの赤外線カメラで使用者の目線を追跡することで、どの角度から見ても立体感を保てるようになっているとのこと。

 

3Dインタフェースは地図アプリやAmazonの商品を見る際に適用され、建物や商品画像を3Dにすることで2Dでは見えない部分も確認できるようになります。

 

数ヶ月以内に発売予定

現在Amazonは2機種を開発していて、ハイエンドモデルの方は数ヶ月以内に発売される予定。もう一つはハイエンドモデルの後に発売される予定とのことです。

 

関連記事

 

kindle Amazon「Kindle Phone」にはメニューボタンがない アプリはチルト操作で動かすらしい 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る