2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

自己啓発本「嫌われる勇気」 

嫌われる勇気

最近、ツタヤや紀伊国屋などの売り上げランキングでよくみかける「嫌われる勇気」というタイトルの本。内科医の方がブログで読書感想文を書いていたので、(私自身は読んでいませんが)ちょっと論考してみようと思います。





アドラー心理学

この本、嫌われる勇気を持てば人生変わるよっみたいな感じの自己啓発本だと思っていたのですが、どうもフロイト・ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠「アルフレッド・アドラー」の考え方(アドラー心理学)について対話形式で分かりやすく解説する本のようです。著者の一人、岸見一郎氏はアドラー心理学に関する新書も数冊出している専門家のようです。

 

で、アドラー心理学というのは…トラウマを否定するということから始めるようです。で、経験によって心が決まるのではなく、わたしたち自身が経験に意味を与えるから心が決まる(揺れ動く)ということを説く。 トラウマになるような出来事でも、考え方次第だってことでしょうねぇ。嫌われたとしても、それを自身がどう考えるか次第で変わる… 確かに、炎上してウマーと思っている人もたくさんいますし、批判的なコメントで盛り上がっていてうれしいっていうまとめサイトなんかもありますし…。なるほど。

 

他人に嫌われても動じないような考え方を身に着けたとして…それはそれで生き辛いような気もしますがw

 

それができれば苦労はしない

アドラー心理学には、他にも色んなエッセンスがあるんでしょうけど、割とこの読書感想文を読んだだけでもおなかいっぱいな感じがしますwそりゃそうだ、それができれば苦労はしないって感じですもん… 感想文を書いている内科医の方も、同じような意見のようです。そこらにある自己啓発本とあまり変わらない…(厳密には自己啓発本がアドラー心理学の考え方を踏まえて書いている)

 

弱さは権力

一点、おもしろかったのは…「弱さは非常に強くて権力がある」という言葉。不幸自慢をする人の心理を的確にあらわしていると思います。自分がいかに苦しんでいるかを訴えると、周囲の人を支配することができる(もちろん一部だけでしょうけど)。これって言い得て妙だなぁと思います。

 

弱者がマイノリティの権利を叫ぶのも、根本的な構造はココにあるのかなぁと思います。 苦しいのを抱え込んでいるよりも、積極的に周りに言ってしまった方が楽っちゃ楽なんですよねぇ。プライドを捨てさえすればw 単なるメンヘラ・かまってちゃんっぽくなってしまうのが難点ですが。

 

記事引用

ブロゴス:【読書感想】嫌われる勇気 から引用

 

僕自身の率直な感想を言うと、この『嫌われる勇気』って、「ああ、ありがちな『自己啓発本』だな」としか思えませんでした。

 

ただ、それはアドラーさんや著者の責任ではないんですよね。

 

この「アドラー心理学」は「自己啓発の源流」と言われており、この考え方をもとにした、さまざなま「自己啓発本」を既にたくさん読んでしまっているために、「なんか『鏡の法則』みたいな内容だな」と思われてしまうのです。

 

「自分の心や考え方を変えれば、(あなたにとっての)世界は変わる、幸せになれる」

 

哲人:アドラー心理学は、勇気の心理学です。あなたが不幸なのは、過去や環境のせいではありません。ましてや能力が足りないのでもない。あなたには、ただ”勇気”が足りない。いうなれば「幸せになる勇気」が足りていないのです。

 

出た!「要は、勇気がないんでしょ?」

 

本当は、『鏡の法則』のほうが、アドラー心理学の「子孫」なんですけどね。

 

ただ、長年生き続けている思想だけあって、こういうのは「真理」だよなあ、と感心してしまうところも少なくないのです。

 

青年:自らの劣等感をさらけ出し、あたかも武器のように使うわけですね?

 

哲人:ええ、自らの不幸を武器に、相手を支配しようとする。自分がいかに不幸で、いかに苦しんでいるかを訴えることによって、周囲の人々ーーたとえば家族や友人ーーを心配させ、その言動を束縛し、支配しようとしている。いちばん最初にお話しした引きこもりの方々は、しばしば不幸を武器にした優越感に浸ります。アドラーは「わたしたちの文化においては、弱さは非常に強くて権力がある」と指摘しているほとです。

 

青年:弱さが権力ですって?

 

哲人:アドラーはいいます。「わたしたちの文化のなかで、誰がいちばん強いか自問すれば、赤ん坊であるというのが論理的な答えだろう。赤ん坊は支配するが、支配されることはない」と。赤ん坊は、その弱さによって大人たちを支配している。そして、弱さゆえに誰からも支配されないのです。

 

「自己啓発本」に対しては、あれだけ身構えている人が多いのに、「世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠」とか言われただけで(あるいは「心理学」というアカデミックなラベルが貼られているだけで)、ATフィールドが穴だらけになり、「これで人生が変わりそうです!」なんて呟いているのをみると、なんだかなあ、と考え込んでしまいます。

 

いや、別にヘンなことばかり書いてあるわけじゃないし、こういう考え方ができれば、幸せになれるのかもしれないけれど、100%実行している人が万が一いれば、その人は「まともな人間」だとは思えないのです。

 

「過去へのこだわりを捨てろ」「過去に起こったことと、現在とは関係ない」「他人の目を気にするな」と言うのはわかる、わかるんだけど、実際にはできないから、こんなに苦労しているわけですし。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 自己啓発本「嫌われる勇気」 

 

 

関連記事

 

43781218bfab79781bd2b66e1c19668d 600x435 自己啓発本「嫌われる勇気」 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • キジトラさん
    • 2014年 5月 12日

    1億総弱者(気取り)時代

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 12日

    読んでから出直しといで

    • 名無しのハンターさん
    • 2014年 9月 27日

    アドラー心理学の入門書として凄く読みやすかったですけどね。
    読書感想文で読んでない本の論考されても・・・(苦笑)

    • キジトラさん
    • 2016年 12月 06日

    うつの人は読まない方がいいとか書かれてるので、そんな危険を冒してまで読もうと思いません。皆さん、好奇心旺盛ですね。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る