2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

北朝鮮の今後のオプションをわかりやすく説明する

意味不明とも言えるほどに過激に活動する北朝鮮。国際情勢も揺れる中、北朝鮮の今後のオプションを明示した元自衛艦隊司令官 香田洋二氏の意見を見てみよう。



本日、参議院自民党朝鮮半島戦略研究会において、元自衛艦隊司令官 香田洋二氏を講師に迎え、最新の北朝鮮の軍事情勢について講演が行われた。香田氏の講演の概要は以下の通り。

北朝鮮問題の本質とは、国際社会が北朝鮮の核保有を黙認した場合、中東諸国や南米諸国で核保有の動きが始まり、複数の国家が核を持って暴れ始める時代を人類社会が迎えてしまうかもしれないことにある。場合によっては、偶発的衝突や指導者の感情的高ぶりによって核兵器が使用され、人類社会が地獄をみる可能性がある。

今後の北朝鮮のオプションとしては、以下のようなものが考えられる。

  1. 時期を見た火星12型・14型(3,500km級・8,000km級)の長射程発射

  2. 潜水艦発射弾道弾(北極星3型)の発射

  3. 3段式ICBM火星13型(1,4000km級)の初試射

  4. 固体燃料新型ICBM (10,000km級) の初試射

    2016年3月のICBM弾頭容器の燃焼試験(大気圏再突入技術試験)、2016年6月のロフテッド軌道によるムスダン発射(高度1400km)、2016年9月の核実験を受け、米国は2016年10月にB-2爆撃機による航空機搭載型の核爆弾B-61の模擬弾の投下訓練を行っており、場合によっては、核の使用も辞さないとのメッセージを北朝鮮に対して送っている。同様なB-61の模擬弾の投下訓練は、2017年4月、2017年6月にも行っており、新華社通信やアメリカのメディアでは取り上げられているが、日本のマスコミではほとんど取り上げられなかった。

 

via: 北朝鮮の軍事情勢

download1 北朝鮮の今後のオプションをわかりやすく説明する

参議院自民党朝鮮半島戦略研究会

物々しい名前の研究会だが、今後の政策を考えるにあたって非常に重要な組織であろう参議院自民党朝鮮半島戦略研究会。そこに元自衛隊の専門家が講師としてやってきて今後の北朝鮮、アメリカの行動オプションを示したという。

 

非常にクリアな説明である。

  1. 時期を見た火星12型・14型(3,500km級・8,000km級)の長射程発射

  2. 潜水艦発射弾道弾(北極星3型)の発射

  3. 3段式ICBM火星13型(1,4000km級)の初試射

  4. 固体燃料新型ICBM (10,000km級) の初試射

これらが今後北朝鮮が取りうるオプションであるという。可能性としては、もちろんこれに対して核爆弾を搭載する可能性もあり得る。どこかのタイミングで、世界が大混乱に陥る可能性もあるわけだ。

 

これらは全て、今後の北朝鮮の軍事的パワーの拡大がメインである。少しでも飛距離を伸ばし、あらゆる場所にミサイルをぶつけることが出来るということを明示したいのである。そういう意味では、核を載せて発射するという可能性はまだ遠いものかもしれない。

 

実験の内は本気で諸外国が攻撃するとは限らないですが、核攻撃ならばおそらく引き金となると思います。大規模な軍事行動が行われ、北朝鮮は壊滅にまで向かうでしょう。ただし、韓国やもしかしたら日本はその反撃を受ける可能性があり、非常にリスクの高い地域となるわけです。

 

もしアメリカ軍が攻撃をすると決めたら、開戦直前のサイバー攻撃、レーダーサイトへの電子攻撃に始まり、深夜未明の1,200~1,500発の巡航ミサイル攻撃、北朝鮮北部は空母艦載機、南部は韓国空軍、在韓米軍、在日米軍、グアムからの航空攻撃が行われるものと思われる。地下の軍事施設については、出入口や空気取り入れ口など脆弱な部分の精密誘導弾で攻撃することが考えられると述べられています。本気ですね。

 

なぜ核兵器だけは許されないのか

実験レベルでならなんだかんだ国連決議をして制裁しつつも、本格的な攻撃にはいたらない。その理由は、もしも北朝鮮が核兵器を持つことを許したら、他の様々な国家が核兵器を持とうとしかねないからというもの。同時多発的に複数の国家が核兵器開発に向かった場合、世界は未曾有のリスク社会に変化します。

 

記事にもあったとおり、とにかく怖いのは感情的になったリーダーが国際政治的なあらゆる気遣いを一切無視しして核兵器を実際に利用すること。もしもそんな事態になったら、本格的に世界中でパニックが起きるでしょう。そのような事態にならないためにも、北朝鮮への対応はとにかく冷静に、かつ一線を超えたら一瞬で制圧する必要がある。難しいタスクを国際社会、特にアメリカは負っています。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る