2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

対北朝鮮のためにも…河野太郎外相中国に訪問

ドタバタしているアジア情勢並びに日本国内の状況もある中、河野太郎外相が中国に国交正常化45年のイベントに参加しました。



河野外務大臣は、28日、東京都内で開かれる中国大使館主催の日中国交正常化45年を祝う式典に出席することにしていて、関係改善への環境作りを進め、日本での年内開催を目指す日中韓3か国の首脳会談や首脳間の相互訪問の実現につなげていきたい考えです。

東京にある中国大使館は、28日、中国の建国記念日にあたる「国慶節」と、日中国交正常化45年を祝う式典を東京都内のホテルで開くことにしています。これについて、河野外務大臣は25日、中国の程永華駐日大使との会談で「28日が衆議院解散になり、いろいろバタバタするが、しっかりうかがわせていただく」と述べ、28日衆議院が解散されるなかでも、日中両国にとって節目の年の式典にみずからが出席する意向を示しました。

日中両国間では、5年前の国交正常化40年の際は、日本政府が尖閣諸島を国有化した直後だったため、両国間の交流行事が軒並み中止され、国交正常化を記念する祝賀行事も行われませんでした。

via: 河野外相 日中国交正常化45年式典出席で関係改善へ | NHKニュース

k taro100122 5 対北朝鮮のためにも…河野太郎外相中国に訪問

 

日中交流

今でこそあまり仲が悪いという印象がありませんが、日本と中国というのは必ずしも友好国でなかったことは若者を中心に意外と知らないのではないでしょうか。しかし、45年前まで日本は国交を持っていなかったのです。というわけで、今年は国交45年目を祝ってのイベントがあり、外務相である河野太郎議員が参加しました。

 

今の60歳以上からすると中国というのは嫌なイメージもかなり強く、30代以上だと食品の安全などの観点からネガティブなイメージを持っているはず。そのイメージがかなり強いとはいえ、やはりアジアの重要な友好国ですから日本にとって重要なアクターです。

 

騒乱のアジア情勢と日本国内

それにしてもこの時期に中国に行くとなると当然北朝鮮の問題が出てきます。アジアとして一貫した態度が取れるでしょうか。実際の所中国は北朝鮮に対してかなり微妙な態度を示しており、韓国や日本と比べるとかなり柔らかい態度を見せています。

 

北朝鮮への経済制裁について、国連においてもその効果を半減させるような提案をロシアと共に行い、出来るだけ北朝鮮に攻撃的にならないような動きを進めている中国。腹の底を探るためにも日中交流がもっと深まっていく必要がありますが、まだまだ関係は浅い印象です(アメリカと日本がつるんでいるので仕方ないと言えば仕方ないのだが)。

 

それに、今回は日本の総選挙が始まる時期ということで、外相として中国のイベントに参加したところで「次来るのがこの男とは限らない」という風に見られているのは間違いなく、河野太郎外相からするとタイミングはいまいちでしょう。

 

日本はとにかくコロコロ首相が代わり、大臣もスキャンダルも含め代わりやすいので国際社会から見ると「誰が誰やらわからない」という状態になりがち。その中では特例的に安倍総理が強いのですが、よりによってこの人が強いのかという感じにキャラが濃いですからね。extra-rightと呼ばれてひさしい。

 

北朝鮮の問題がいつまでニュースを騒がせるかわかりませんが、日中交流はその中でもキーになる関係の一つ。今後のアジア情勢はとにかく注目です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る