2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「絆」が好きな人達はもちろん町内会に入っているんですよね?

ゴミ拾いや祭りごとなど、面倒なことが多い町内会。多くの人が「面倒だけど仕方ないから入っておくか、角を立てるほどでもない」と思って加入しているのではないでしょうか。でも、絆が大好きな震災時にボランティアに行くような人達だけは、もちろん町内会に入っているんだと私は思っているのですがどうでしょうか。



女性向けコミュニティサイト「ガールズちゃんねる」に9月17日、「町内会入ってますか?」というトピックが立ちました。トピ主は子どものいない共働き夫婦のため、町内会には入っていませんが、「任意加入のはずなのに勧誘がしつこくてウンザリしている」といいます。

「皆さんは町内会、入っていますか?」との問いかけに500以上ものコメントがつき、入っている人、いない人、それぞれの意見が飛び交いました。(文:篠原みつき)

「入ってないよ!めんどくさい!」「嫌だけど入ってる」多数

chounaikai 「絆」が好きな人達はもちろん町内会に入っているんですよね?
町内会に入っていますか?

これに対して、早速「入ってないよ! めんどくさい!」を筆頭に、「嫌だけど入ってる。ゴミも出しにくくなるし」「入らされてる」など、入会に消極的なコメントが多く寄せられていました。

想定内の答えですが、これに「入らなきゃ、ゴミ捨てできませんよ」「入らなくても良いからさ、いざって時に町会の炊き出しには来ないでね」などのイジワルなコメントも。

本来、地域のコミュニティの要として機能すべき存在なのに、こうした対立が起こるようでは本末転倒です。

町内会や自治会は、共働き世帯の増加や住民同士の人間関係の希薄化、少子化など様々な要因でその存在意義が疑問視されることもしばしば。2005年には、町内会は「強制加入団体でなく、加入・脱退は自由」という司法の判断も下されています。

via: 「町内会入ってますか?」問いかけに「入らされてる」の声相次ぐ せめてカドが立たない断り方をしたいもの

町内会とは

自治会町内会は、ある地域において、住民相互の親睦を図り、そこで起こる様々な課題を解決することを目的に自主的に組織された住民団体です。防災や福祉、美化活動など住みやすい地域づくりを目指す活動や、お祭りや運動会などのレクリエーション活動を行っています。

 

普段、あまりお気づきにならないかもしれませんが、自治会町内会の活動は、みなさんのくらしに欠かせない役割を担っています。地域の絆をはぐくみ、地域で支え合う社会を作っていくための組織です。

 

こんな文言と共に、引っ越した時に町内会の誘いが来ることがありますよね。わかりづらいですが、具体的にはゴミ出しの管理なんかも町内会が担ったり、暗い道にある灯りなどを町内会費から賄ったりしています。

 

市役所が行うような仕事を、市民が自発的に担当することで住みよいまちづくりを行っているわけで、基本的には素晴らしい理念に基づくものだと言えるでしょう。

 

しかし、現代では必ずしもこれがポジティブなことだとは評価されません。曰く、近所付き合いが面倒、断るのも面倒くさい、近所トラブルに繋がりそう、自分のことは自分でやるので放っておいてほしい、などと町内会へのイメージは決してよくありません。

 

しかし、実際にはもちろん素晴らしい側面も沢山あるのは間違いありません。地域における防犯という意味では、お互い顔見知りになっておくことでどれだけ頼もしいかは、特に子どもが出来てからよくわかるかもしれません。

 

まつりごとなど、お金になるどころか赤字になりえるのに開催することは、当に地域コミュニティの中に子どもを含めた住民達が溶け込んでいく重要な舞台装置です。誰がお金も入らないのにあんなに面倒なことをするのか。それはその行事が地域にとって価値があると、意識的にも無意識的にも理解しているからでしょう。

 

絆が大好きな若者は、だから絶対入ってますよね

なので私は常々思っているのです。このような地域の繋がり、顔が見える人付き合い、そういうものの大切さをとても大きな声で語る人達は当然そのような組織に所属しているのだろうと。

 

特に大震災の後には、絆というキーワードの元に全国から東北へ大学生ボランティアが向かいました。もちろん学生だけではなく、多くの人がそこに救助や物資を送り、労働力として瓦礫の撤去などを行いました。素晴らしいことだと思います。

 

と、同時に違和感があるのです。そういう時に、顔も知らなかった人達のために頑張ることのできる人は、が果たして地域コミュニティに対してどのように向き合っているのかということを。

 

私が学生の頃、周りの多くの人がそのような活動に興味を持ったり実際に現地に行く人が多かったですが、その人達が普段の地域コミュニティに対して愛着を持っているような素振りはほとんどなかったと思うのです。

 

綺麗事を言い、それだけではなく現地に足を運ぶそのバイタリティと行動力を素晴らしいと思う反面、こういう地域コミュニティにおける活動に参加しない二面性に違和感を覚えたことも確かです。あなたの周りの「絆好き」の人達はどうでしょうか?





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2017年 10月 06日

    町内会の活動は、
    行政がするべき仕事を肩代わりしているのは、色んな意味でお角違いだし、
    当人に不要なサービスを主張されても利点がない。
    ボランティアの部分があるかもしれないけど、無償ではないな。

    ボランティアと比較するには、ちと無理がないか?

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る