2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson26古文の演習 参考書編

どうも、ぬっこぬこです。今回は、古文の問題演習ってどういう参考書を使ってやったらいいの?ということについて書いていこうと思います。

 

19ad974b78a5e0069bc318a298b172be 受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson26古文の演習 参考書編





古典の長文問題集は意外と少ない

古典の文法や単語を勉強して、古典に慣れてくると、次は古文の文章を読んで、問題を解いてみたくなりますよね。学校で問題集が指定されている人や塾に通っていてテキストなどを買っている人は問題ないかもしれませんが、市販で古典の問題集を探そうとすると、これがなかなかいいものが見つからないんです。かくいう私も最初は学校においてある市販されていないものを使っていました。

 

参考までに何を使っていたかを書くと、浜島書店の「Logical thinking 」と数研出版の「力をつける古典」です。(解説が他の参考書とは比べ物にならないくらい丁寧なのが特徴で、かなりオススメです。しかし、市販されていないので学校のほうに購入しているか聞いてみてください。)

 

本屋で目に付くものといえばZ会出版の「古文上達」などが挙げられます。これは古文の有名な文章の名場面を短く区切って問題にしている参考書で、長い文章を読むのが苦手だという人にはとてもオススメの問題集です。しかしながら、ひとつの文章をじっくり解きたい派の私としては少し文章が短すぎるかな・・・という気がして、あまりやる気が起きませんでした。じっくり読みたい人にはオススメしません笑

 

51PCAABVSEL. SL160  受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson26古文の演習 参考書編
古文上達 読解と演習56
posted with amazlet at 15.08.22
Z会出版
売り上げランキング: 6,358

 

本屋を探せば他にもしっかり長めの文章が載っている参考書があるにはあるのですが、解答だけで、ほぼ解説が載っていなかったりと一長一短です。

 

では、じっくり問題を解きたくて、解説もしっかりしているのがほしい欲張りな人はどうやって古文の演習をすればいいのでしょうか?

 

古典の問題は過去問を解くのが一番いい!

結局、「古典の問題集」というのは数が少なく、あまり良質なものがありません。なので、「古典の問題集」ではなく早い段階で「過去問」を解いてしまいましょう!過去問は大学側が「入試」として作っているものなので、それなりに手ごたえのある難易度ですし、よく練られたものが多く演習に最適です。

 

「え、一通り基本事項を覚えたらもう過去問!?それって、すぐ解き終わってやることなくなっちゃうんじゃないの!?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
心配無用です!

 

なぜなら私がおすすめしたい過去問はこの記事を読んでいる方々の第一志望であろう難関私大の過去問ではなく、東京大学の過去問だからです。

 

「東大の過去問なんて難しそう・・・」というのが世間の印象かもしれません。

 

しかし、東大の古典の文章自体は正直センター試験よりも簡単で読みやすいことが多いのです。その上、ストーリーも起承転結がはっきりしていて読みごたえのあるものがほとんどです。

 

東大の問題の難しさは全問記述式で文章全体を正確に捉える力が必要とされるところにあるため、文章自体はとっつきやすく演習をとりあえずやってみる、というレベルにちょうどいいです。

 

是非やってみてください!

 

東大の過去問を勧める理由は他にもあるのですが、長くなりそうなので次の記事に書こうと思います。

 

51UtJ9uuR8L. SL160  受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson26古文の演習 参考書編
栁田 縁
教学社
売り上げランキング: 89,581

 

次回は「古文の演習の進め方」について書こうと思っています。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る