キジトラ速報

子供の貧困対策には民間による支え合いが必要
2015/12/02 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 子供の貧困

    「子供の貧困」なる言葉がにわかに浮上してきて数年…政府が「子供の未来応援基金」を設置し、民間から【寄付】を呼びかけて話題になっています。…深刻な問題なのに、国が予算をつけるのではなく寄付で対策するのはなぜなのか、と、話題に…。

     

     子供の貧困対策には民間による支え合いが必要 子供の貧困対策、なぜ政府は「寄付」を呼びかけるのか?

     

    内閣府の担当者は、子どもの貧困を社会全体の問題と考えるための事業の1つとして基金という象徴的な方法を選んだ、と説明しています。国の予算だと画一的な支援しかできないけど、民間基金ならある程度融通が利く、との利点も強調。



    民間による支え合いについて

    うん、この内閣府担当者の説明にはおおむね同意できます。なんでも国の予算をつければいいってもんじゃない。でも、正論すぎて何か裏があるんじゃないかとも思ってしまいます。正直、これまで似たような動きがなかったので、どういう意図があるのか読み切れない部分が…w

     

    まぁ、政府の本当の意図が何にあるのかは分からないので、おいておくとして…。こういう「民間による支え合い」は貧困対策として非常に重要だとは思っています。経済左翼の多くは国による支援ばかりを強調しますが、民間の力・一般大衆の理解やサポートなども大事です。

     

    「国から支えてもらう犠牲者・被害者」というイメージばかりを強調すると、かえって反感をかってしまうってのはナマポなどの例をあげれば明らかです。奨学金制度にしても、学生支援機構のものなら「国からもらっているくせに」みたいな意見が出てきますが、民間のものならある程度自由に使ってもあまり何も言われません。

     

    炎上社会となりつつある現代日本では、反感を買わずにサポートしていく体制ってのがとても大事になります。

     

    今後、この基金が公務員の天下り先となったり、特定の民間団体に対して不公平に接すると、せっかく寄付にした意味がなくなってしまいます。国は慎重に運用を進めてほしいものです。

     

    5bcdcafde25a0fc6bcc5355c1c2cd018 子供の貧困対策には民間による支え合いが必要

     

    民間による支え合いについて

    民間団体も同様です。母子家庭・生活保護家庭ばかりを強調すると、それから漏れた「貧困の子供」から不満があがる可能性が高いでしょう。貧困の重要性を強調するあまり、特定のマイノリティのみに偏ったアピールをしてしまうってのはよくある話。日本の経済左翼は、弁護士・共産党などをはじめこういうイメージ戦略がヘタな部分があるので…

     

    ちなみに、政府が呼びかけている「子供の未来応援基金」はHPからクレジットカード・銀行振り込みなどで寄付できるみたいです。趣旨に賛同できる方はぜひとも…わたしも銀行振り込みでいくらか寄付しようかと思っています。



    カテゴリー 貧困 なか

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ