2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

いやらしさを隠しきれず人生最大の好機を失った希望の党小池百合子氏、敗北決定か

もう少しだけ隠し通せばよかったのに、結局にじみ出てしまった権力欲とがめつさ。小池百合子さん、今回の選挙はイメージが相当重要だっただけにこれは敗北決定か。





「政策協定書にサインする時、まず10回深呼吸した。そして鼻をつまんで一気に名前を書きあげたんだ」

民進党から希望の党に移る予定の前衆院議員は10月2日、筆者の取材に対して吐き捨てるようにこう言った。前議員がサインしたのは、希望の党に提出する「政策協定書」。民進党は10月1日夜、各都道府県連に連絡し、所属の次期衆院選立候補予定者に、この事実上の血判状の提出を求めた。

送付の締め切りは10月3日午前9時。この政策協定書の提出が、希望の党が午後に発表する公認リストに選ばれるための条件とされる。

政策協定書には、いったい何が書かれているのか。書かれているのは、以下の10項目だ。

政策協定書の生々しい内容

1.希望の党の綱領を支持し、「寛容な改革保守政党」を目指すこと。

2.現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法に則り適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する。

3.税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)を徹底し、国民が納める税の恩恵が全ての国民に行きわたる仕組みを強化すること。

4.憲法改正を支持し、憲法改正論議を幅広く進めること。

5.国民に負担を求める前に国会議員が身を切る改革を断行する必要があること及びいわゆる景気弾力条項の趣旨を踏まえて、2019年10月の消費税10%への引き上げを凍結すること。

6.外国人に対する地方参政権の付与に反対すること。

7.政党支部において企業団体献金を受け取らないこと。

8.希望の党の公約を遵守すること。

9.希望の党の公認候補になるに当たり、党に資金提供をすること。

10.選挙期間が終了するまで、希望の党が選挙協力の協定を交わしている政党への批判は一切行わないこと。

 

cite>via: 希望の党「政策協定」に滲み出た低すぎる品位 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

イメージが全てだった今回の選挙

小池百合子氏、敗北確定かなという感じがありますね。今回の選挙は本当にイメージ戦略が肝だったので、ここで失敗したのは非常に痛いでしょう。民進党の一部を取りこぼし、彼らも政党を作ってしまったということで対改憲政党も出来てしまったし、自民党も嫌&改憲も嫌という層はそこに入れるでしょう。

 

なんといっても劇場的選挙だった今回。安倍総理の急な解散に対して、まるで気を伺っていたかのように小池百合子氏が飛び出してきたときは大いに盛り上がりましたよね。しかし政策を見てみると思ったよりも自民党との差は大したことがない。軍事力強化も必要だと思っているし、そのための改憲にも意欲的。

 

となると有権者からすると、安倍総理との違いは大してありません。消費税の問題はありましたが、今回の選挙の肝が国防になることはほぼ確実だったのでそうするとそこの争点で合意してしまっていると余り対抗勢力っぽくないのです。

 

ゆえに、政策よりもイメージのほうが希望の党にとっては大事でした。安倍総理の周りの数々なスキャンダルや、女性リーダーの欠如という点において小池百合子氏には間違いなくアドバンテージがありました。特に女性票の獲得は非常に重要なポイントだったと思います。

 

逆に都知事をやめるという無責任さについては当然自民党などからバッシングを受けるところだったと思うのですがそれがあっても五分五分…のはずが今回のニュースは彼女の優位性を失うには十分な「いやらしさ」ではないでしょうか。

 

でも彼女のやっていることは間違いではない

しかし、彼女のイメージが悪くなってしまったこととは別に、実際彼女が民進党などに要求していたことは決して大枠悪いことではありませんでした。党として合流する以上は公約への合意は重要ですし、特に大事な論点についてはそれぞれ賛同を明言してもらうことも大事です。

 

お金をもってこいというのも、新党なのだからありえることでしょう。選挙資金などもそれぞれの政治家がもっているはずですし、ここに明記しないとしてもいずれその話は出てくる。ここに書いているだけむしろ良心的なのではという感じすらします。

 

しかしながら、報道のされ方が悪かった。どんなにこのアクションが本当のところ悪いものではなくとも、まるで悪いもののように報道されてしまった。これは、イメージが大事だった今回の選挙では相当な痛手になるはずです。特に希望の党のような、自民党を倒そうという党を支持する人というのは政治特有の汚さ、いやらしさが好きじゃありません。それが政治において極めて大事なことであることを知らない場合も多く、素直に嫌がってしまいます。

 

支持層を失い、かつ自民党以外という選択肢を立憲民主党に奪われてしまった今、小池百合子氏の明日は暗そうです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る