2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

小池百合子さん国政へ、一体何がしたいんだろうこの人結局

希望の党を立ち上げ、国政に打って出ることを決めた小池百合子さん。ちょっと前までは私は都知事だと宣言し、国政への関与を否定していましたが…なんだかよくわからない人です。



「若狭さんや細野さんらが議論してきたが、リセットして私自身が立ち上げる」。25日午後の臨時記者会見の冒頭、小池氏はこう切り出し、自ら先頭に立って衆院選に向けた態勢づくりを急ぐ考えを示した。

 小池氏は当初、国政には深く関与しない考えを明かしていた。7月の都議選で自ら率いる地域政党「都民ファーストの会」が圧勝しても、「私は都知事」と繰り返した。その後、側近の若狭勝衆院議員が新党を視野に入れた政治塾を始めても、「国政は若狭さんに一任している」と話した。

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた準備や築地市場移転問題など、都政課題は山積している。そんな中、国政への関与を打ち出せば「都政と両立できるのか」(都幹部)など、内外から批判が相次ぐ事態が想定された。

 だが今月中旬、急速に「解散風」が強まり、状況が一変する。若狭氏の政治塾は16日に立ち上がったばかりで、新党の候補予定者数さえめどが立たない。民進党を離れた細野豪志元環境相とも連携したものの、「小池新党」への期待の高まりとは裏腹に、新党は目を引く公約もなかなか打ち出せなかった。「このまま、若狭氏と細野氏に任せていてはダメ。このまま任せたら、失敗すると思い、踏み込んだ。小池知事が表に出る戦略じゃなかった」と小池氏周辺は話す。

via: 小池氏「見てのお楽しみ」 新党結成に公明「裏切りだ」:朝日新聞デジタル

AS20170925004113 comm 小池百合子さん国政へ、一体何がしたいんだろうこの人結局

小池百合子さん

ここ数年でしょうか、随分力ある政治家としてニュースにもよく取り上げられるようになった小池百合子さん。都知事選での戦いには見事に勝利し、政治塾立ち上げなどにも関わり、かなり積極的に振る舞ってきました。

 

そんな彼女は、国政からはしばらく遠ざかっていました。あくまで都知事として振る舞い、また周りにもそれを公言。にも関わらず今回の選挙に出馬し、更に希望の党なる新党まで立ち上げるということで何がなんだかわかりません。

 

気になる党是は

小池百合子さんが今回選挙にあたって強く押し出していくのは増税反対というメッセージの模様。北朝鮮問題や改憲についてはあまり大きなトピックを出さず、どちらかというとこのポイントで戦うようです。

 

実際、安倍総理や民主党が増税に打って出る中では差別化に繋がる重要なポイントになるかと思います。論点を的確に捉え、差別化も図ってうまいことやっているなあという印象があります。

 

しかしながら北朝鮮問題や改憲について今回の選挙でトピックを押し出さないとなると、私個人の感覚としては自民党が圧勝するのではないかと考えています。北朝鮮問題は多くの国民にとって喫緊の課題でしょうから、ここを押し出さないと勝負にならない氣がしています。

 

何より、こういう国際政治レベルのことは長く議員をしている人でないと経験が少なく対応が難しいのではないかというのが私見です。この重要な時期に国政に介入出来るかどうか、国民がどう反応するか見ものだなと考えています。

 

でも、ちょっと言葉が軽い

とはいえ、都知事として多くの都民に支持されたにも関わらず勝機アリと見るや国政に打って出るところを見ると、自分の中の大義というよりは大きな権力闘争に組み込まれるのが好きな人なのかなという印象も持ちます。これからどうなるのか、非常に気になるところです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る