2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

お金があればあるほど幸福度が高いという調査結果! なのに日本は先進国で一番低い幸福度…国民性か?

やはり国民性なのでしょうか。お金があるほど幸福度が高いという調査結果を米シンクタンクのピュー・リサーチセンターが発表したのですが、日本はなぜかGDPが高いのに先進国で一番低い幸福度であることが明らかになりました。

 

シンクタンクのピュー・リサーチセンターが2014年に世界各国の「幸福度」を調べたところ、国民1人あたりのGDPが向上した新興国における幸福度の伸びが顕著ということが分かったそうです。

英タブロイド紙のデイリーメールは、この調査結果を「幸せはお金で買えることが証明された(More money DOES make you happier)」という刺激的な調子で報じています。

上位にはイスラエル、米国、ドイツ、英国

この調査は世界43か国の国民に対し、アンケート形式で実施。「生活の満足度」をはしごに例え、考えうる中で「最も良い生活ができている場合」は10段目、「最悪な場合」は1段目を選ばせ、7段目以上と回答した人の割合で「幸福度」を算出しています。

2014年の「幸福度」では、イスラエルが75点、米国が65点、ドイツが60点、英国が58点といった国が上位を占めています。

一方、前回調査の2007年から最も「幸福度」が伸びたのは、インドネシアで35ポイント(23点→58点)。次いで中国(26ポイント)、パキスタン(22ポイント)、マレーシアとロシア(ともに20ポイント)と続きます。経済成長が著しくGDP(国内総生産)が上昇した国が目立ちます。

経済や社会が比較的成熟してGDPも高い先進国は、「幸福度」では上位を占めていますが、欧米諸国の不景気の煽りをあまり受けなかったドイツを除き、「幸福度の伸び率」の動きはほとんどありませんでした。

GDPの高さと幸福度がほぼ比例していることから、デイリーメールは「幸せはお金で買えることが証明された」と報じていますが、その一方で、

「お金がなくても幸せな家族はいるし、お金持ちでも夫婦喧嘩が絶えず子どもがドラッグに走る家だってある」

というベトナム人のコメントを掲載するなど、お金が幸せの全てではない、という見方も一応フォローしています。

インドネシアを大きく下回る「日本の幸福度」

タブロイド紙のデイリーメールらしい拝金主義を煽る品のない記事ですが、寄せられたコメントには「健康」や「愛」といったお金以外の幸せの要素について触れているものが多く見られました。

「お金はモノを買うためだけのものじゃない。ストレスを減らしたり健康的な生活を保障するものでもある」 「お金があったって早死にする億万長者だっている。お金で健康が買えないこともあるよね」 「そんなに健康じゃなくても、真実の愛があれば人生は豊かになるでしょ」

しかし中には、こんな皮肉を言う人もいます。

「『お金で幸せは買えない』なんて言うのは、すでにお金を持っている人だけだ」

また記事によると、2014年の日本の「幸福度」は43点で、韓国の47点やイタリアの48点、フランスの51点を抑えて先進国最下位となっています(EU加盟国ではギリシャの37点がありますが)。これはインドネシアの58点をも下回っています。

日本は2002年が驚異の39点ですから、そこから見たらだいぶ回復したのかもしれません。とはいえ日本のGDPは、米国と中国に次いで世界第3位のはず。「幸福度はGDPに比例する」という推論を真っ向から否定する結果となっています。

GDPは高いのに、幸せを感じられない日本人。もしかすると「幸せを感じられないお金持ち」の皮肉が最も当てはまるのは、私たちなのかもしれないですね。

 

via: 日本人の「幸福度」は先進国で最下位 「幸せはお金で買えない」国民性なのか





最初の印象

筆者はこの記事を読んだ時に、最初に想像したことがありました。それは、「GDPじゃなくて、ジニ係数で考えていないからではないか、と」結果的には大外れだったわけですが、一応その推論をここで紹介することで、より日本の国民性の不思議さを説明できると思います。

 

豊かさの指標としてのGDP

そもそもGDPというものはなんなのでしょうか。日本語でいうと、国内総生産となります。1年間に新しく生みだされた生産物やサービスの金額の総和を指してそう呼びます。よくニュースなどで取り上げられることから耳馴染みはあるはずですが、具体的なことって意外とわかっていないものですよね。

 

ここで一つ面白いポイントは、国家の経済活動全体と捉えていることです。すなわち人口がどのくらいか、といった情報は一切無視されているんですね。そのため一人当たりGDPというのも別途の指標として採用されることがあります。

 

豊かな国といえばGDPが高い国、と簡単に説明されることがありますが上記のことからこれにはいくつか誤謬があるわけです。GDPでは米国、中国に並んで3番目に位置する日本ですが、一人当たりGDPにしてみるとなんと24位。(ちなみにアメリカは9位、中国は83位でした)

 

国として豊かであることが、必ずしも国民一人一人が豊かであることを示していないということがよくわかると思います。これだけでもGDPだけで評価するのは必ずしも合ってないんじゃないかと思います。

 

もう一つの指標、ジニ係数

しかし、筆者が特に意識して考えたのは「ジニ係数」を考慮に入れていないということでした。ジニ係数というのは、国内の富がどのくらい偏在しているかという指標です。0から1の間の数値として表現され、1は「たった一人の人間が全ての富を所有している状況」で、0の場合は「全ての人がまったく同じ富を持っている状況」と真逆になります。

 

こちらの指標を使ってみると何がわかるかというと、GDPがどんなに大きくても、一人当たりGDPがどんなに高くても、ジニ係数が大きければ意味がないということです。平均で割ったところで現実の富はそんな風には配当されていません。少数の金持ちが大量に金を持っていて、他はみな貧乏人でもGDPならびに一人当たりGDPは高くなるわけです。

 

そこでジニ係数を見てみると、面白いことがわかります。すなわち、GDPが高い「国として豊かな」アメリカや中国、そして日本のジニ係数が先進国の中でも高いのですね。となると、「国としては豊かだけど富が偏っているせいで国民としての実感はない」という状況が十分ありうるわけです。

 

よって、このランキングみたいなものはジニ係数とかを考えないで適当にGDPだけで数値を出したから、日本が低いことになっちゃうとか言ってるけどアメリカや中国も幸福度は必ずしも高くはないだろうと思ったんですね。

 

しかし現実は

しかし、実際にランキングを見てみると中国に至っては大きくポイントを上げているような状況。アメリカも日本よりも20ポイント以上高いという結果。これってやはり国民性というものが影響しているのでしょうか……うーん。

 

まとめ

とはいえ、このような一つのデータで簡単に何かを評価するということは極めて危険なことであることも確かでしょう。幸福度というのも抽象的なものですし、アンケートの設問によっては恣意的な数値(というか偏向したデータ)が出てきてしまうことはよくあることです。

 

とはいえ、「日本って幸福度低そうだなあ」というイメージが国民の間でも広く共有されているような雰囲気があることも事実。経済政策云々はもちろん大事ですが、「人の幸福とは何か」ということを真剣に考えた上で日本のこれからのヴィジョンを構成する必要が見える気もします。

 

とりあえず金だけあればいいんだ、というわけでもない日本。GDPのためにも単純移民労働者を受け入れよう、と言っていますがそのようなわかりやすい尺度にばかりこだわっていていいのでしょうか。これから目指すべき道はどこなのか、国も見当がついていないような気がします。

 

関連記事

 

afdc96d5e54cdb61b06d44ae9e5e1253 お金があればあるほど幸福度が高いという調査結果! なのに日本は先進国で一番低い幸福度…国民性か?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • キジトラさん
    • 2014年 11月 12日

    お金があるほど幸福度が高いってちょっと違うだろ。
    自分が稼いで貯めた以外の資産もしくは単位時間当たりの給料が高いほどじゃないのか。
    どちらにしろ金と時間の両方のバランスに寄るだろ。
    一日8時間の月20日働く人で、時給千円より時給二千円の人のが幸福度は高いだろう。
    時給千円の人で、月の時間外労働(残業と休日出勤含む)20時間の人と100時間の人だとどうよ。
    月の手取りで20万、労働条件が同じ人で親の遺産で家貰った人と何も無かった人だとどうよ。
    大学時代の学費を親が出した人と今働いて返してるって人だとどうよ。
    幸せだって人はVIPな金持ちも庶民的な貧乏ではないが少しは贅沢できる程度の人も含めて
    睡眠食事風呂トイレ以外でも自分や家族に使う時間がそこそこ有る人だろうが。
    世界一の金持ちになろうが睡眠食事風呂トイレ以外は働いて
    休みも週一で盆と年始に3日ずつだと幸せとはいえないだろう。

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 12日

    そもそも調査がアンケオトみたいですから具体的な指標にはなりません。
    国民性もそのとおりだし教育や生活環境などが大きく左右するのでしょう。
    GDPとリンクさせようとしていますが経済発展中の国と過渡期の国では意識が違うのは当たり前です。
    単純にGDPと比較するのはナンセンスなんだと思います。

    例えばアンケートのやり方や対象者によっても回答は異なってきますから、
    各国のアンケートの手法を全く同じにできるはずもない。
    幸福度をアンケートってのは無理強いなんでしょう。

    やらないよかやったほうがいいかも知れないが、だからといってこのアンケートに意味や
    説得力があるとは思えないです。

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 12日

    贅沢慣れ&国内引き篭もりはあるだろうね。
    他地域じゃ幸福だと思える事でも、日本じゃ当たり前って事は結構多い。
    そもそも日本人は恵まれてるからこそ、金銭的な事で幸福感得られ難い。
    食うに困ってる様なレベルじゃ、お金ある=食に困らない=幸せとなるのは当然の話。
    生活的な幸福と精神的な幸福の差とも言えるだろうな。
    ま、価値観が違う以上、指標に出来るデータでは無いと思うよ。

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 13日

    だって俺逹、国の奴隷だもの・・・

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る