2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

高校で新設予定の「公共」という科目 本当に必要なのか?

「公共」

高校で「公共」という名前の新科目が設立されるかもしれないらしい。選挙権を18歳から行使できるようにする・成人年齢を18歳に引き下げる動きに伴った動きだそうです。

 

ベネッセでは、「公共」の中身について、

 

  • 1.小中までの道徳の延長
  • 2.18歳で大人になるための教育

 

という2点を挙げています。

 

ブロゴスのコメント欄では、2には賛成だけど、1には反対ってものが多かったですねぇ。



道徳教育を国が施すべきか

道徳教育を国が施すべきか否かって議論は、割と反対派が多いイメージ。右翼的・ネトウヨ的な印象が強いからでしょうか。

 

わたしは、道徳科目を設立すること自体にはそこまで反対ではありませんが…評価がしづらい科目ですし、効果測定もしづらいでしょうから、非効率だよなぁとは思います。小中学校のときの道徳のように、「教師が求める模範解答」を教え込むのであれば、内容が保守的であっても左翼的であっても害にしかならない気もします。高校生にまでなって学校で教えることか?って疑問もありますし。

 

「法的な成人」

「法的な成人」となるための前準備としての教育って側面について。これ、現在の現代社会や政治・経済を拡充・再編するだけじゃダメなんだろうか?わざわざ公共っていうよくわからない科目を設立する意義がよくわからない。

 

18歳から選挙に行けるようになるかもしれないから、そのための準備が必要だ云々…といいますが、選挙権を行使するための情報・知識ってなんなんでしょうかねぇ。自民党はどういう政党で云々ってことは、教育では公平性の観点から扱いづらいでしょうから、小選挙区制・比例代表制などのシステム・仕組みの解説に終始しそう。だったら、政治・経済でいいじゃんってなるんだよなぁ。

 

社会人になって役に立つ内容

「法的な大人」に必要な能力、たとえばクレジットカードの契約や消費者金融の利用などの場面を想定すると…中学校の家庭科で学んだ記憶があります。家庭科って実技科目であまり重視されていませんでしたが、社会人になって一番役に立つことを教えていた気もします。高校でこういった内容を徹底的に教えるってのには賛成。現代社会は入試で使えないって大学が割と多いので、このあたりも含めて制度の改編が必要になってくるように思えます。

 

あれこれ実際に経験しながら、ときには失敗もしながら学んでいくってのがこれまでの方法だったんでしょうけど、事前にきちんと教えるってのは必要なんだろうなぁ。個人的にはネットリテラシー教育も盛り込んでほしい。

 

記事引用

学習指導要領の全面改訂が中央教育審議会に諮問されました。その中で検討の一つとなっているのが高校における新科目「公共」の創設(国家及び社会の責任ある形成者となるための教養と行動規範や、主体的に社会に参画し自立して社会生活を営むために必要な力を、実践的に身に付けるための新たな科目等の在り方)です。新科目創設にはさまざまな狙いがありますが、その一つに成人年齢を現行「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げようという動きに対応することがあります。実は2016(平成28)年の次期参院選挙から18歳以上で投票できるようになる可能性も高まっています。

文部科学相による中教審への諮問理由などを見ると、高校での新科目「公共」の創設の理由は大きく分けて、(1)小中学校で道徳を「特別の教科」とすることに合わせて、高校でも規範意識などを身に付ける道徳教育の強化を図る必要があること(2)国民投票権が「18歳以上」に引き下げられるなどの議論に対応して、18歳で「大人」となるための教育をする必要があること……などが挙げられます。現在、高校では道徳教育は学校の教育活動全体をとおして行うほか、公民科の「現代社会」や「政治・経済」などで社会の仕組みなどを学習することになっていますが、必ずしも十分とは言えないのが実情です。

憲法改正の国民投票権年齢は、2014(平成26)年6月に成立した改正国民投票法により18(同30)年6月21日以降、「18歳以上」となることが決まっています。ただし、現実的に国民投票が実施される可能性は低いため、実際に18歳で選挙権などまだ遠い先の話と思っている人も少なくないでしょう。ところが、国民投票権年齢の引き下げに対応して自民・公明・民主などの与野党7党(当時)は2014(平成26)年11月19日、国政選挙権を「18歳以上」に引き下げる公職選挙法改正案を衆院に共同提出しました。改正案は衆院解散のため廃案となりましたが、2015(平成27)年の通常国会に再提案される可能性が高く、仮に成立したら、早ければ16(同28)年の参院選から18歳以上による選挙が実現する見通しです。つまり、一部の高校生を含む18歳以上の若者が国政選挙に参加するのは、もしかしたらすぐ目の前なのです。

選挙権年齢が引き下げられれば、それに合わせて民法などの成人年齢を「18歳以上」に引き下げる議論が加速することはほぼ確実でしょう。そうなれば、これからの若者は高校卒業と同時に法的な「大人」として社会の荒波にもまれることになるかもしれません。たとえば現在の子どもたちが高校卒業と同時に、クレジットカードを作ったり、金融業者からお金を借りたり、さまざまな法的契約を結ぶことを自分の意思だけでできるようになるとしたら、どうなるでしょうか。高校の新科目「公共」の背景には、近い将来18歳で選挙権を持つだけでなく、法的にも「大人」の責任を背負うことになるという現実的な課題に早急に対応しなければならないという切実な理由があると言えそうです。高校の新科目に関する議論について、保護者や一般社会はもっと注目していく必要があるでしょう。

 

via: 18歳で選挙へ!?  新科目「公共」、これからの高校生に必要なものは – 斎藤剛史

 

関連記事

 

9be5920fd5e9b609df46bf5721c24624 高校で新設予定の「公共」という科目 本当に必要なのか?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2015年 1月 26日

    >道徳教育を国が施すべきか否かって議論は、割と反対派が多いイメージ。右翼的・ネトウヨ的な印象が強いからでしょうか。

    何言ってるの?
    日教組のサヨク的な洗脳がヤバイって話でしょうに。

    >小中学校のときの道徳のように、「教師が求める模範解答」を教え込むのであれば、内容が保守的であっても左翼的であっても害にしかならない気もします。高校生にまでなって学校で教えることか?って疑問もありますし。

    でもそれが学校教育でしょうに。

    >8歳から選挙に行けるようになるかもしれないから、そのための準備が必要だ云々…といいますが、選挙権を行使するための情報・知識ってなんなんでしょうかねぇ。

    選挙っていうよりマトモな社会人になるため、と理解したほうがいいんじゃないかと。
    結果、選挙に行くという行動に結びつくというかね。

    >あれこれ実際に経験しながら、ときには失敗もしながら学んでいくってのがこれまでの方法だったんでしょうけど、事前にきちんと教えるってのは必要なんだろうなぁ。個人的にはネットリテラシー教育も盛り込んでほし

    犯罪に関する処罰や、ネットリテラシー的なことも当然含まれるでしょうね。
    これまでのサヨクのいい加減な洗脳じゃダメだって話だと思えばいいんじゃないですか?

    • 2015年 1月 27日

    道徳なんて 教えてもらうもんではないと思う。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る