2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

これからの高齢者支援について

高齢者の気持ち

高齢者は自分たちの利益ばかり主張して、若者のことを考えていない!

 

そのような意見をネットなどで耳にすることもありますが…60歳以上の「高齢者」自身は、思ったよりも独立心が高いようです。

 

内閣府が15年3月に発表した「60歳以上の男女に対する意識調査」では、「支えられるべき高齢者」の年齢が「70代後半」程度と、相当高い水準となっています。お年寄り自身は、「60歳はまだ社会から支えられるべき高齢者ではない」と考えているわけです。年金支給が一般に65歳からなのを考慮すると、意外と高い数字ではないでしょうか?

 

60代は少数派、年齢での判断は不可能との意見も2割

人は歳を経るに連れて各種能力が減退し、近親者、近所の人達、そして社会全体からの直接・間接的な支援が必要な状況になる。それでは高齢者自身は、何歳ぐらいから社会に支えられるべきであると考えているのだろうか。内閣府が2015年3月に発表した「平成26年度 高齢者の日常生活に関する意識調査」(2014年12月、60歳以上の男女に対し郵送配布・郵送回収形式で実施。有効回答数は3893件)の結果から確認していく。

歳を召した人に対し、何歳ぐらいから支えるべきだと考えているか、選択肢の中から一つ選んでもらった結果が次のグラフ。設問では単に「一般的に支えられるべき高齢者」とのみ説明されており、誰が、どのような組織がなど、また支える内容についても具体的補足は無い。社会全体で、社会全体が通常の成人とは異なるように認識し、さまざまな支援を行うと読み解くのが無難か。

20150705 00047182 roupeiro 001 3 view これからの高齢者支援について
↑ 支えられるべき高齢者とは何歳以上か(2014年)

60代から支えられるべきとの人は少数派で、早くとも70代以降が多数意見。70代では4割強とボリュームゾーン、80代まで待つ必要があるとの意見も3割程度。他方、年齢では判断できないとの意見も2割近くに及ぶ。

性別では男性よりも女性の方が、より高齢での支え判定となる。これは自身の状態を見た上での判断が多分に働いているものと考えられる(一般的に女性の方が長生きする)。また回答者の世代別ではきれいな形で、歳を経るほど支えるべき歳の基準が高齢化していく。これもまた、回答者自身の状況を顧みた上での判断だろう。もっとも「年齢では判断できない」は世代や性別の差がほとんど無く、2割前後を維持している。

 

就業形態別と、単なる「高齢者」の認識と合わせて考えると

続いて回答者の現在における就業状況で仕切り分けをし直したのが次のグラフ。

20150705 00047182 roupeiro 002 3 view これからの高齢者支援について
↑ 支えられるべき高齢者とは何歳以上か(2014年)(現在の就業形態別)

就業形態別では組織の中で働く業態の人は一様に早めの支え判定を示している。特に正社員では70歳以上・75歳以上の回答が合わせて5割を超え、他の形態から突出した動きを示している。一方、個人ベースでの仕事をしている人は、やや仕切り分けとなる年齢が高くなる傾向にある。一人で仕事をこなしているとの自負が、回答に影響しているのだろう。一方で仕事をしていない人は、役員と同じような動きをしているのが興味深い。

今調査では別項目で、単純な名称としての「高齢者」を何歳から呼ぶべきかとの質問も行っている。そこで単なる「高齢者」、そして今回の「支えられるべき高齢者」双方について、具体的仕切り年齢で回答した人に限り概算平均値を算出し、それを併記したのが次のグラフ。

20150705 00047182 roupeiro 003 3 view これからの高齢者支援について
↑ 高齢者とは/支えられるべき高齢者とは何歳以上か(2014年)(具体的年齢回答者に限定した平均値、歳)

双方とも男性より女性、回答者自身が歳を経るほど年齢が上がっていく。そして単なる高齢者の呼称対象年齢と、支えられるべき高齢者との差異は、2年から3年の範囲に留まっている。

要は高齢者に属するような年齢に該当する層の考えとしては、「高齢者」の呼称は「社会全体から支えられるような状況、年齢」の一歩手前で、それから2年から3年で社会が支えねばならないような状態になるとの認識なのだろう。また今回の「支えられるべき高齢者」に限定すれば、大よそ70代後半で自分自身が支えられるべき存在であるとの自覚を持つようになる。社会福祉の問題を考査する際には、覚えておいても良い数字といえよう。

 

via: 高齢者自身が考える「支えられるべき高齢者」の境界線(不破雷蔵) – 個人 – Yahoo!ニュース





高齢者の自立心

もちろん、高齢者を一般論だけで語るのには無理があります。持病などで社会的な支えが必要な60代(や40代・50代)などもいますし、社長・役員などで80歳を過ぎても元気に稼いでいる方もいらっしゃいます。

 

ただ、支えをまだ必要としていないと回答している自立心の高い方が多いってのも事実。この意識調査のデータを知っているだけで、ネット上のいろんな決めつけ論に反論することができそうです…

 

572db731aa6eb321e89b9676726b2fec これからの高齢者支援について

 

保護への偏見を無くすべき

今後の日本社会で、「高齢者(60歳以上の人口)」が増え続けるのは確実です。今回の意識調査を踏まえると、一律に保護する年齢を少し引き上げてもいいのかもしれません。

 

その場合、本当に支えが必要な人は「高齢者」としてではなく「貧困者」として援助を受ける形にするのがスムーズです。しかし、今の生活保護受給者などへの社会的な意識を見ていると、そう簡単にはいかないことでしょう。プライドの高いかたですと、支援を受けずに餓死してしまうっていうケースも出てきかねません。貧困者支援に対するマイナスイメージを取っ払えば、高齢者支援のために費やすお金を浮かせることが可能かも…?

 

若者の負担を少しでも軽くしていくためには、生活保護受給者への偏見・ネガティブなイメージを払しょくしていくことが必要だ…と主張するのはちょっと論理が飛躍しすぎでしょうか?

 

在宅疲労の問題

高齢者問題については、あとは働ける人にはガンガン働いてもらうってのも大事となってくるでしょう。「支えられるべきだと思う高齢者の年齢」が自営業者に次いで高かった(=独立心が高かった)のは「在宅就労」です。今後、老人向けのITを活用したリモートワーク(在宅勤務)を増やしていくってのも、有効な策なんでしょう。ブログ運営とかなら私にもお手伝いできそうだけどなぁ。

 

高齢者問題について、若い人間も対策を考えていく必要がでてくるんでしょうねぇ。

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • キジトラさん
    • 2015年 7月 22日

    年金受取拒否した人についてアンケートを取るべき

    • キジトラさん
    • 2015年 7月 22日

    安楽死を推進する。
    本人が寝たきりになった場合など、その病気によってたどるであろう事柄を事細かにチェックリスト作り本人の同意を促す。

    • キジトラさん
    • 2015年 7月 22日

    自立どうのこうのよりも、会社にいるだけで邪魔

      • キジトラさん
      • 2015年 7月 22日

      全員がそうだとは言わないけれど
      定年過ぎても会社に置いて貰えるだけありがたいのにその感謝もなく
      「自分はもう嘱託なんだから」だの「パートなんだから」だのほざいて腐って
      若い子達に仕事を押し付けてそのくせ気だけは遣わせる
      そんな掃き溜め老害がこれから多分どんどん増えていく

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る