2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

工事現場も機械の時代-人間はもう要らない

無人のトラックが土砂を運び、無人のブルドーザーが土をならしていく。GPSで位置を伝え合うので、人の声は無い。ただ機械が動く音だけが聞こえる、そんな工事現場まであと少し。



人手不足が建設業界でも深刻化するなか、大手ゼネコンの「鹿島建設」は、トラックや建設機械の運転を自動化する実験を進めていて、20日その様子を報道陣に公開しました。

鹿島建設が自動運転の実験を行っているのは、神奈川県小田原市に保有するおよそ2ヘクタールの土地です。

実験では、作業員がタブレット端末で工程を入力すると無人のトラックが荷台の土砂を降ろし、無人のブルドーザーが平らにならしていきます。そしてローラーが付いた無人の機械が土砂を踏み固めるまでの作業などを繰り返し行っています。

このうち無人のブルドーザーは、熟練の技術者による運転データを基に、効率的に土をならす作業ができるということです。
またすべてのトラックや機械は、GPSでほかの機械との位置関係を把握しながらレーザーも活用して衝突を防ぐようにしているということです。

すでにダムの建設現場では、一部実用化しているということで、今後は工場などより幅広い建設現場で使えるように精度を高めるとともに、油圧ショベルなどより多くの建設機械の運転を無人化する実験を進めたいとしています。

鹿島建設の三浦悟自動化施工推進室長は「天候や土砂の種類などさまざまな条件に対応できるよう実験を進め、将来的には作業員1人だけで造成工事をできるようにしたい」と話しています。

via: トラックや建設機械の運転自動化 実験公開 大手ゼネコン | NHKニュース

maxresdefault 工事現場も機械の時代 人間はもう要らない

無人の工事現場に近づいていく

工事現場にある特有の雰囲気ってわかりますよね。コンビニに作業服を着た人達がお弁当を買いに来て、現場では大きな声で「オーライオーライ」とかそんなことを言っているような雰囲気。あんな感じが日本から消えるまでもしかしたら5年くらいなのかもしれません。

 

建設会社が、自動運転の実験を行い公開しました。また一部の作業場では既に実用化が進んでいるとのこと。無人のトラックが土砂を運び、無人のブルドーザーが土をならす。そこにいる人間はただ一人。タブレットを操作してそれらを指揮している–.

 

そんなSFのような世界が現実に近づいています。というか、既に現実で行われています。これはちょっと信じられないようなことだと思います。いかにも人がいないと始まらないような建設業界にも自動化の波が来ているというのですから、違和感を禁じ得ない。

 

逆に言うと、そういう人がいないと始まらない業界が人手不足解消のために技術をフル活用しているという見方が正しいのかもしれません。若者からも敬遠されがちな肉体労働を、文句を言わないロボットがやってくれるのですから悪い話ではありません。

 

怖いのは、働けなくなる人達

しかし、これが単なる夢物語ではないことくらい現代に生きる人達は知っているはずです。工事現場の作業の多くは、高学歴ではない人達によって行われています。それは決して悪いことではありません。いわゆる勉強が出来なくなたって、現場の実践知や技術を高めて仕事をするというのは生きていく上で必然です。

 

しかし、このように自動化が進んでいくと現場の知というのは段々必要なくなっていきます。実際このブルドーザーも上手に運転出来る人の技術をうまく盗んでノウハウ化したことにより、素人よりも上手に作業が出来るようになっているはずです。

 

人間は教育しないと出来るようになりませんが、機械であれば一度教えたらそれでおしまいです。現場の実践知、技術知というものは決して人間の手にのみ属すのではなく、一部は機械に教え込む事のできるものなのです。

 

人間じゃないと出来ないこと、というのはどんどん少なくなっているというのは間違いありません。しかも、その自動運転を扱うのはタブレットを持ったいかにも知的な人達になってしまうでしょう。コンピューター技術を持っている人間だけがそのロボットを扱えるのですから。

 

労働と教育

アメリカでは、このように労働をロボットが奪う未来が明らかに示されており、そのためにどうするかという議論が起きています。例えばAmazonの倉庫で作業している労働者に対して、この仕事がなくなった後に働けるように教育プログラムを施しているのです。

 

詳細はわかりませんが、恐らくコンピュータ技術などこれからの将来に求められるであろう技術が身につくようなプログラムになっているはずです。来るべきテクノロジーの世界において、ロボットに職を奪われるのではなくロボットと仕事をしていける人材を育てようというわけです。

 

翻って日本ではどうでしょうか? そんなプログラムは聞いたことがありません。ギリギリまで人間を安くこき使って、ロボットが使えるようになったら人間はどんどん切り捨ててロボットが作業するようになるでしょう。

 

そしてそこには、次の仕事を見つけることも出来ない、教育を与えられることもない、スキル無き元労働者が大量に置き去りにされていくのです。それでいいのか?





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2017年 10月 20日

    人類滅亡のカウントダウンかもね

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る