2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

オランダ語消滅の危機、国民の9割が英語を話せる国家ならではの言語絶滅不安

英語が話せることは素晴らしいことですが、同時に母語を失ってしまうというリスクがあれば全面的に首肯することも出来ないものですね。



【6月3日 AFP】オランダの各大学で英語による講義が増加していることから、キャンパスからオランダ語が消滅しかねないと講師や学生たちが警鐘を鳴らしている。中には政府の介入を求める人々も出ている。

 オランダ国内の14大学ではウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare)を生んだ英国の言葉で行われる講義がますます広がっている。このため教育省が現在、こうした事態に対処すべく提案を作成中だ。

 来年に迫った英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)もこの状況を後押ししている。英語で学べるEU域内の大学を求めて留学生たちがオランダに集まってくるのだ。

v3?b=Y2hzbT01OCw2NmM4MTI2N2lkPTU1NTY4JnBvcz1TU1BMT0MmZXg9MTUyODA2MDA0NSZjdD0xNTI4MDYwMDQ1MTY5JnNyPWh0dHA &xuid=Wik8mMCo5l0AAEuGDUoAAAAA&ctsv=a ad230&seqid=9eb3553a b0f3 f180 cd04 6723c4f9d54a&seqtime=1528060045169&t= オランダ語消滅の危機、国民の9割が英語を話せる国家ならではの言語絶滅不安

 国民の約9割が英語を話すというオランダは、英語がさほど得意でない欧州諸国の羨望(せんぼう)の的だ。さらに英国や米国の大学と比べて授業料が安いことも留学生が集まる要因となっている。

 オランダの場合、英語が占める割合は大学院の修士課程で特に高い。教育省のミヒール・ヘンドリックス(Michiel Hendrikx)報道官によると、オランダ語で行われる講義の割合は学士過程の65%に対し、修士過程では15%にすぎず、講義の85%が英語で行われている。

 オランダ最大の教職員組合「BON」を率いるアド・フェルブルッヘ(Ad Verbrugge)氏は「キャンパスからオランダ語が消滅しつつある」と危惧し、「欧州で前代未聞の事態」と深刻さを強調した。

 オランダ王立芸術科学アカデミー(KNAW)も今年2月、「英語の重要性を過大評価するあまり、言語としてのオランダ語の適切な保護と品質維持を怠った」と自国を批判する報告書を発表している。

 アムステルダム大学(University of Amsterdam)の哲学教授でもあるフェルブルッヘ氏はAFPの取材に「オランダの大学は欧州各国との留学生争奪戦で生き残るため、英語での講義を設けざるを得ない状況だ」と述べ、そうした状況を民族を滅ぼす大量殺害を意味する「ジェノサイド」に例え、「われわれは『ランギサイド(languicide、言語の大量殺害)』を目の当たりにしている」と語った。また、オランダ語という「少数言語が消し去られようとしている」と訴えた上で、「われわれは欧州の全ての言語や文化を守っていかねばならない。だが、オランダの学生はもはや自身の母語を使いこなせていない状況だ」と嘆いた。

 フェルブルッヘ氏とBONは、講義の英語化を通じてオランダ語の抹殺を進めているとしてオランダの2大学を提訴している。

 

via: 英語の講義増加でオランダ語が消滅? 国内の大学に危機感 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

img ec5f55695b26b6d0707693e3fa4d0f4a130200 オランダ語消滅の危機、国民の9割が英語を話せる国家ならではの言語絶滅不安

 

英語を話したい日本、英語から離れたいオランダ

これは非常に面白いニュースですね。言語と文化の問題を考える上で、このような視点は非常に重要でしょう。日本もどんどん英語を話せるようになろうとしていますが、それは裏を返せば母国語の比重を下げるということにほかなりません。そしてそれをどんどん追求していくと、オランダのような事態になりうるということなのです。

 

フィリピンなども、いま孫世代が祖父の言語を解せなくなり日記なども読めなくなっていくと聞いたことがありますが近い状況なのでしょうか。少なくともオランダがすぐそういう状況になるのは考えにくいですが、生活言語レベルでは当然オランダ語が維持されたとしても、高等教育レベルにおいてはもしかしたら英語が席巻してしまう可能性も当然あるでしょう。

 

大学教育などが英語化していけば、当然高度な議論もまた英語になる。政治のレベルも経済のレベルも学問のレベルも全て英語が標準化されていけば、もはや多くの人にとってオランダ語を話すメリットがなくなっていくでしょう。英語の言葉をわざわざオランダ語に翻訳して話すより、政治経済学問の専門用語についてはそのまま英語で話した方が通りも良いでしょう。

 

そうすると、本当に冗談でもなんでもなく知識人層はみな英語を主に話す人達になってしまう。日本はまだまだそんな段階ではありませんが、このままの政策を続けていけばいずれそうなるのかもしれないということに危機意識を持っておく必要はあるでしょう。

 

日本語なんていらない?

しかし、中にはそもそも日本語なんて別に亡くなっても構わないと思っている人たちもいるでしょう。それはそのとおりです。日本語は日本語を大切にしたい人が大切にしていればよいのかもしれません。おそらくオランダでもそういう人たちはたくさんいるでしょうし、そういう人たちがいるからこそこうしてニュースになっているのだと思います。

 

大事なことは、言語というのは使う人達が減ればそのままパワーを失っていくということ。日本語をきちんと残していきたい人は、自分たちだけ話せば良いという立場ではなく、どれだけ別に英語で良いじゃんと思っている人を巻き込めるかにかかっているのでしょう。個人的にはオランダ人は大体みんな英語が非常に上手で驚きましたし、羨ましく思うことが多かったです。自分も英語はもっと使えるようになりたかったな、と日々思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る