2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

レノボが19.5型オールインワンPC「Lenovo C260」を発表!

パソコンの置き場所

我が家には大きくで邪魔はパソコンを置くスペースがない、デスク周りは書類や本で埋め尽くされているのでパソコンを置く場所に苦労している――。多くの人がパソコンの置き場所に悩んでいるのではないだろうか。デスクトップの場合、きょう体は意外と大きい。きょう体の中身はスカスカなのに、無骨で大きなケースをデスク近くに置かなければならない。必ずしも美しくない見た目もデスク周りに置きたくない理由の1つかもしれない。



オールインワンの需要

最近はきょう体の省スペース化が顕著だが、それでもきょう体を設置すること自体、どうにかなくせないものか。そこできょう体に格納するプロセサやハードディスクなどをモニタの背面に搭載する「オールインワン」型のパソコンが徐々に人気を博している。

 

Lenovo C260

レノボ・ジャパンもそんなオールインワン型のパソコンを積極的に市場投入しているメーカーの1つだ。同社は2014年9月9日、モニタのサイズが19.5インチとなるオールインワン型のパソコン「Lenovo C260」を発表した。きょう体を置くスペースを確保する必要がないので、置き場所に悩むことはない。

 

きょう体に装備していたパーツをモニタ背面に押し込んだオールインワン型の場合、十分な排熱が難しく、低性能で消費電力の少ないパーツを搭載しなければならないのではとつい思ってしまう。しかし本機は、ディスクの容量は500GBで、メモリーの容量も4GBと標準的なスペックを備える。プロセサはインテルの「Celeron」となるため、Core iシリーズなどと比べると性能は劣る。

 

また、きょう体を用いる場合、十分な拡張性を備えているのが利点となる。オールインワン型だと拡張性は制限されると思われるが、USBポートは4つ装備するので外付け機器を多数利用する場合でも問題ない。HDMIの出力ポートも装備し、より大きなモニタに接続して利用したり、テレビに接続してパソコンに保存する動画などを再生したりすることも容易にできる。

 

価格は7万8000円前後の見込み。9月12日より販売を開始する。

 

製品画像

Lenovo C260 レノボが19.5型オールインワンPC「Lenovo C260」を発表!

スペック

 

  • CPU:インテル(R) Celeron(R) プロセッサー J1800
  • メモリ:4GB標準搭載(最大4GB)
  • ストレージ:HDD 500GB
  • ディスプレイ:19.5インチ ワイド LEDバックライト付き液晶(1600x900)
  • インターフェース他:DVDスーパーマルチ・ドライブ、USB3.0x1(側面)、USB2.0x3(側面x1、背面x2)、HDMI出力ポート(背面)、6 in 1 メディアカードリーダー(D、SDHC、SDXC、MMC、MS、MS-Pro)

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2014年 9月 12日

    クソやん。金を捨てるようなもん

    • キジトラさん
    • 2015年 7月 20日

    ほんとにそれ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る