2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

賑やかな図書館という発想、そして新たな学びの場としての公共空間へ

図書館というと静かにしなきゃいけないイメージ。しかしそんな旧時代の図書館のイメージを壊すような施設が誕生するそうです。



本当はみんな、学びたがっている

フリースペース+図書館のアイディアは、実は地元住民から生まれたものです。

2007年から黒磯駅前を活性化させようと、那須塩原市の市民グループ『えきっぷくろいそ』(前身:黒磯駅前活性化委員会)が活動しています。2014年には俳優の伊勢谷友介さん率いるリバースプロジェクトと一緒に『まちづくり市民投票』を行って、黒磯駅前活性化のアイディアを募るほどアクティブだったんですね。

活動の中で「交流センターみたいな図書館がいいんじゃないか」という結論に行きつき、市に提案したところ、晴れて補助金を獲得し、コンペに上がったのです。

そんな背景から「図書館でしたいこと」をワークショップでヒアリングすると、市民のモチベーションが高いことがわかりました。

高校生からは「放課後勉強を教え合いたい」、「デジタルを使ったプレゼンテーションの練習をしたい」、または「友人とハーバード大学のオンライン授業を見て議論したい」などの声が。

「え、今の学生ってこんなに意識高いの?」って(笑)。私が高校生のときは友人と遊んでいた記憶しかなかったため、学生への固定概念が崩されました。

子育て中のママからも、在宅で東京から仕事を受注できるようにCADやプログラミングを学びたいという要望がありました。

東京では関連のスクールは沢山ありますが、地方はあっても遠く、一人で学ぶには限界があります。場所も、お金のかかるレンタルスペースや学校の空いている教室もありますが“気軽に誰でも”というわけにはいかず、断念することが多い……。

ネットで情報を早く手に入れられるのに、実際に行動に移したり、友人と共有したりする場所がないジレンマを抱えていたのです。

img f99713b33bb61d79b64cd96bac81490c873162 賑やかな図書館という発想、そして新たな学びの場としての公共空間へ提案設計図には、個々の空間の利用方法が小さく記されている(筆者提供)
拡大画像表示

図書館は元々誰でも平等に知識を得られる場所としてつくられています。今後はただ資料を貸すだけではなく、学びの活動を促すような施設になるべきではないか。静かな図書館はもう時代遅れで、これからは「会話」が学びの重要な要素となります。

もちろん、静かに本を読みたい人もいるので、フリースペースと従来の静かな空間は別々に設けますが、基本は賑やかでいいと考えています。

ただ、なによりも人が集まりやすい場所ではないといけません。黒磯駅前という好立地ですが、目的をもって訪れるよりも、もっと日常生活の中の通り道になるように設計すれば、自ずと人が寄りつき利用しやすくなるのではないかと考え、設計に起こしました。

via: Amazon、TSUTAYAに負けない「賑やかな」図書館の可能性(伊藤 麻理) | 現代ビジネス | 講談社(2/3)

 

こういう図書館がほしかった

なんと素晴らしいアイディアなのでしょうか。蔦屋書店のような、単なるオシャレなカフェ併設型図書館のような気軽で安易なアイディアとは一線を画していると言って良いでしょう。図書館というのは、公共に開かれたスペースであって、広く知を交流させるための場所であるはずです。そうあるべきでしょう。

 

しかし、実際のいまの図書館はどうでしょうか。ごく一部の人たちだけが使い、とても静かで、知はあくまで個人の頭の中と本の中にだけあって、人と人とが交流することを通して知が伝搬されるような状態になっていません。これは図書館としては完全に片手落ち。というか、こんな図書館ならいずれ電子図書館に完全に支配されてしまうでしょう。ネットでオンラインであらゆる本や資料にアクセス出来るようになれば、もうわざわざこんな建物に出入りする必要はなくなりますから。

 

図書館がこのアイディアのようにもっと開かれて面白いものになれば、図書館の陰気なイメージも簡単に吹っ飛んでいくでしょう。考えてみて下さい。高校生や中学生がプレゼンの資料を作って練習したり、海外大学の授業を受けて一緒に討論したりする場としての図書館ですよ。もしかしたらそこに専門知識を持った地域の大人が混じったりするのかもしれません。素晴らしい姿でしょう。

 

税金の使い方

長くなるのでこの記事の後半を省略してしまったのですが、この記事の後半にあるものがまた面白い。何かというと、色んな施設を導入すると当然自治体が準備していた予算をオーバーしてしまうことが予想されます。これだけの規模、美しさ、洗練されたデザイン、たくさんの機材や施設は一般的な図書館のイメージから逸脱していますから。

 

しかし、それを「職業教育の場所にもすることで多くの方が就労のチャンスを得て、結果的に市民税が増えれば増収が見込める」などのビジネスモデルを組み込んで、それを最初企業側が負担するという仕組みを考えているのだそうです。そして狙い通りの結果が出ればその収入は企業に行く形に。

 

市民としても嬉しく、自治体としても少ない予算で動け、企業としても収益性が見込める形でかつ自社の効果的なサービスやシステムを導入することができるということでまさに三方良しの仕組み。そうやって、公共がやっていることがどんどんひろくひらかれたものになることはとても価値のあることだと思います。日本だとまだまだそういう文化って整っていませんからね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る