2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ローカルプレナーという考え方-複業、フリーランス、経営意識を持った個人へ

今の時代、一つの企業にとどまっていることは死を意味します。とはいえ自分で起業するというわけにもいかないし、転職するには今の会社だって悪くない。それならパラレルキャリアを目指しましょう。



エンファクトリーのユニークな点は、2011年の分社化当時から「専業禁止」をうたっていることだ。一見すると、かなりインパクトのあるワードだが、エンファクトリーでサービスマネジャー兼チーフデザイナーを務める藤生朋子氏は「当初は社員たちにも戸惑いがあった」と振り返る。

「社として専業禁止を打ち出した当時、それをポジティブに受け止める社員とネガティブにとらえる社員、その割合はまあ半々でしたね」

「専業禁止」は、イマドキの企業で働く社員から見ても、目新しい取り組みだったようだ。

「ローカルプレナー」という働き方

エンファクトリーは、ウェブサイトの受託開発以外にも、さまざまな事業を行っている。そのひとつが「複業家」の支援だ。エンファクトリーの「事業概要」には、以下のように記されている。

これからの時代のローカルプレナー(専門家、フリーランス、つくり手、パラレルワーカーなど)に、対顧客向けのブランディングや広報、提携企業とのマッチングやネットを使った商品やサービスの取引など、様々なマーケティングサービスを中心に展開しています。

少し説明が必要だろう。ローカルプレナーとは、「ローカル」(地域)と「アントレプレナー」(起業家)を組み合わせた、エンファクトリーが生み出した造語。つまり、人と人がじかにつながる規模で働く、経営意識を持った個人、と考えることができる。その担い手として想定されるのが、専門家、フリーランス、パラレルワーカーというわけだ。

via: 「専業禁止」企業の働き方は”幸せ”なのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

Real Live 10157 ローカルプレナーという考え方 複業、フリーランス、経営意識を持った個人へ

 

ローカルプレナーという考え方

聞いたことがある人はまだまだ少ないと思いますが-なんといっても実践している人が少ないので-ローカルプレナーという考え方はこれからのキャリアを考える上で非常に重要なものになるでしょう。

 

「ローカル」(地域)と「アントレプレナー」(起業家)を組み合わせた、エンファクトリーが生み出した造語。つまり、人と人がじかにつながる規模で働く、経営意識を持った個人、と考えることができる。その担い手として想定されるのが、専門家、フリーランス、パラレルワーカー

というわけで、要するに今までノマドワーカーと呼ばれていたようなものの、更に経営意識を持っているような人のことを言うわけですね。この経営意識というのは実は物凄く重要な概念です。単に外注を受けるだけならそれは経営的な意識とは言いません。戦略を立て、プロモーションを行い、良い案件をとってきてそこで成果を上げ次に繋げる。

 

そのような視点からキャリアを創り上げていくような人たちのことをローカルプレナーというのです。イメージが湧きにくいかもしれませんが、例えば薬剤師がスキマ時間で薬局でバイトしてもそれはローカルプレナーとは全く違うものだということです。それは、ただのバイトです。副業という言葉がぴったりでしょう。

 

パラレルキャリア

そう、パラレルキャリアや複業と呼ばれるようなことはそのような「専門的スキルをそのまま時給で稼ぐものに使う」とは根本的に異なります。そこでは小さな事業を立ち上げ、経営していくことが重要なのです。専門スキルを違う場所でフル活用する、しかもそこでまた別の新しいスキルを獲得する。そういうものが今後のキャリアに必要です。

 

なぜなら、これから私達は一つの会社で働き続けていくことが出来なくなるからです。早晩、私達は転職をしなくちゃいけなくなるし、あるいは掛け持ちしないといけなくなってくる時代が来ます。その時に、仕方なく複業するのと自ら選んだ道を進んでいくのでは全く違います。オールなしに波に揺られるだけの人と、帆船を率いて望むべき新天地に進む人と同じくらい違います。

 

いまの会社でとりあえず言われた仕事だけをやっている人は、これから間違いなく人生が詰みます。なんとしてでも仕事をしながらサイドで学び続けないと、いずれ生きていけなくなってしまうかもしれませんよ。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る