2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

エレコム、シンプルな光学式有線マウス「M-Y7URシリーズ」「M-Y6URシリーズ」を市場投入

3ボタン式の光学マウス

パソコンを購入する際、プロセッサやメモリー、ハードディスクなどのスペックにはこだわるけれど、マウスの操作性や機能を細かくチェックするという人は少ないのではないだろうか。

 

マウスの機能なんてどれも大差ないという人が多いはず。確かによほど高価なモデルでない限り、数千円のマウスならごく一般的な機能に留まるだろう。機能といっても特段なものを備えておらず、スクロールボタンがあるかないか程度かもしれない。

 

そんな、なかなかこだわりを持ちにくいマウスだが、周辺機器メーカーであるエレコムは新たなマウスを発表した。2015年1月6日、3ボタン式の光学マウスとしてサイズがやや大きい「M-Y7URシリーズ」とやや小型となる「M-Y6URシリーズ」を発表した。



製品画像

M Y6URPN エレコム、シンプルな光学式有線マウス「M Y7URシリーズ」「M Y6URシリーズ」を市場投入

M Y7URBU エレコム、シンプルな光学式有線マウス「M Y7URシリーズ」「M Y6URシリーズ」を市場投入

 

左右対称デザイン

やや大きいモデル「M-Y7URシリーズ」は、「多くの人の手にフィットする標準的なサイズ」だという。一方の小型モデル「M-Y6URシリーズ」は「手の小さい女性や子供にフィットするサイズ」になっている。利き手が左右のどちらでも同じ操作性となる左右対称のデザインを採用している。

 

丸みのあるフォルムが特徴だ。丸みをつけることでマウスを握りやすくしたほか、女性や子供でも親しみやすくしている。長時間使用しても疲れにくくなっているという。

 

センサーは光学式

性能面については、センサーは光学式となっており、ごみやほこりなどが付着することでマウスポインタの動きが悪くなるということを起こりにくくしている。また、マウスポインタの詳細な動きを表す「分解能」は1000カウントで、スムーズな動作を可能にしている。

 

なお、本モデルはUSBケーブルで接続する有線モデルとなる。最近はBluetoothを使った無線モデルが人気を集めているが、有線ならば電池の消耗を気にすることなく使える。

 

両モデルとも色の異なる4モデルを用意する。色はブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4色。価格はともに税込1501円となる。

 

なぜ今有線

マウスを購入する際に選ぶポイントといえば、価格が優先されるのはもちろんだが、最近なら無線か有線かもチェックしている人が多いはず。無線マウスが徐々に浸透する中、同社はあえて有線マウスを市場投入したことになる。マウスの場合、製品過多で「どれでも同じ」と思われがち。そんな状況で、さほど特徴的な機能を備えないマウスを発売する意図とはいったいどこにあるのだろう。つい疑問を抱いてしまう。

 

ソース:http://www.elecom.co.jp/news/201501/m-y7ur_y6ur/index.html

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る