2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

今回、ご提供いただいたのは――soundPEATSさんのカナル型ステレオイヤホン『M20』!

イヤホンと言えば、やはりコレ、カナル型ッ!!!

最近では“コードレス・Bluetoothイヤホン”や“大型の無線ヘッドフォン”など、オーディオ機器が多彩な形式に進化しています。

しかしもちろん、従来のスタイル≪カナル型のイヤホン≫だって、負けずに進化し続けているッ!!

前置きはさておき、ではでは、『M20』をご紹介――。





製品仕様

  • 商品名 カナル型マイク付きステレオイヤホン M20
  • 再生周波数帯域 20-20000Hz /li
  • 感度 98dB
  • 長さ 1200mm(1m20cm)
  • サイズ(片側イヤホン) 10×23×13mm
  • 重量 14g
  • 入力プラグ 3.5mm
  • 最大入力 5mW
  • 主電流 3mW
  • インピーダンス 16Ω±20% at 1KHz
  • マイラー厚さ 6µ
  • 出力SPL 100±3dB SPL at 1KHz with 126mVrms input
  • R/L出力差 ≦3dB at 1KHz 1mW
  • ねじれ 最大3%(1KHz/1mW)
  • バズ・ラトル 50-3000Hz(0.28V)
  • 梱包物 M20(イヤホン本体) イヤーチップ(S/M/L)

パッケージ

さっそく、パッケージの表・裏をパシャリッ!

SoundPEATS M20 1 e1442479895155 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

SoundPEATS M20 2 e1442479903614 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

【裏の英文】

≪技術仕様≫

上記を参照

開封

さてさて、もったいぶらずに、どんどん開けちゃいましょう!

なかには、M20(イヤホン本体)とイヤーチップ(S/M/L)のみ。

Mサイズのイヤーチップが、初期装着されています。

SoundPEATS M20 3 e1442479999420 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

SoundPEATS M20 4 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

Mサイズのイヤーチップをキュッキュッと外して……SとLサイズを装着!!

大きさでは、この程度の違いがあります。

耳の大きさに合わせたり、また好みで付け替えてみましょう!

私は、耳の奥で音が響く感じが好きなのでSサイズを装着。

SoundPEATS M20 5 e1442420748773 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

イヤホンの裏側をパシャッ!

裏には、R/Lの文字が刻まれています。

左右関係なしのようにも見えますが、一応、この左右のしるしに従いましょう。

SoundPEATS M20 6 e1442480046116 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

そうして、こちらがイヤホンコードに付属しているボタンです。

ワンクリックで『通話応答/楽曲ストップ』。

ダブルクリックで『楽曲のスキップ』。

長押しで『音声コントロール』の起動です。

このボタンの下に付いている“小さな穴”が「音声入力マイク」ですね。

この付属ボタンの大きさは、コードのさほど変わらないので、ほとんど気になりません。

SoundPEATS M20 7 e1442480082600 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

そして、イヤホンプラグッ!!

普通のプラグです。

SoundPEATS M20 8 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

実際に使ってみた!

“イヤホンの質”をチェックするには、他のイヤホンと比較するのが一番!!

というわけで――「みんな同じでみんなイイ」でおなじみの『Appleイヤホン』と比較してみます!

再生する楽曲は、YouTubeの動画。

右の耳にSoundPEATS『M20』、左の耳にAppleの『白イヤホン』を装着して、同時に再生をポチッとな。

SoundPEATS M20 9 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

片耳ずつにバラバラのイヤホンという少し無茶な方法もためしましたが――、もちろん両耳にそれぞれのイヤホンのみを装着して、それぞれの“音質チェック”もしてみました!

下記にてまとめて述べようと思ってましたが、ここでも少しだけ……述べようと思います。

当商品の“一番の魅力”は【音の広がり】です。

まず「Appleイヤホン」で例えれば、音楽再生のとき、サウンドは全体的に後頭部のほうで音が響きますよね。

『M20』は、頭の前頭部、左右、後頭部、すべて方向から音が響きます。

つまり、もっと分かりやすく言えば――2Dの音が、3Dの音に変化する――そのくらいの違いがありました。

まぁしかし「Appleイヤホン」も良質な方ですから、ただこの【音の広がり】に関しては『M20』の方がレベルが上だと言うことです。

ついでに“マイクの調子”をチェックしてみます。

まず、コードに付属しているボタンを長押しして、『siriたん』を呼び出し――

「あいうえお」

すると――しっかり、認識されていますね。

SoundPEATS M20 10 e1442480257688 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

『siriたん』のお墨付きまでゲットです。

SoundPEATS M20 11 e1442420730885 SoundPEATSのカナル型マイク付きステレオイヤホン『M20』レビュー ノイズカット&高密着によるクリアなサウンド!

商品レビュー

  • 音質:★★★★★
  • (価格と比較したうえで、値段相応よりかなりの良音質なので◎)
  • 防音:★★★★☆
  • (イヤーチップが外部の音をシャットアウト!! 防音精度はなかなか)
  • 装着感:★★★☆☆
  • (装着痛などはまったくありません!! カナル型なので仕方ありませんが、耳に刺さってる感があります)
  • 音漏れ防止:★★★★★
  • (ある程度、音を大きくしても、周囲からその音を聞き取ることは不可能ですね)
  • 強度:★★★☆☆
  • (素材良し、壊れる心配もないでしょう)
  • デザイン:★★★☆☆
  • (外から見たとき、このイヤホンは黒一色なので、少しシンプル過ぎますね)

≪ポイント①≫音質の良さ

今まで、いろいろオーディオ機器を扱ってきましたが、“この価格でこの良音質”は初めてです。

上記にも述べたように【音の広がり】は、非常にいい。

さらに【高音・重低音】の広がりもクリアで、繊細な音を聴くことができます。

はっきり言ってしまえば、高音は「M20≧Appleイヤホン」。

重低音は「M20>>>Appleイヤホン」といった具合い。

この重低音はなかなかのモノですから、かなり期待しても問題ないでしょう。

≪ポイント②≫コードの質

この横広がりの、きしめんのようなコードのことを何と呼ぶのかは知らないのですけれど――まったく、絡まりません。

コードの外装の質が良いのか、あの絡まったイライラからは解放されます。

≪ポイント③≫完全な音漏れ防止

大きな音で何かオーディオやビデオを再生中に、イヤホンからその音が漏れていて、非常に恥ずかしかった……そんな経験は、ありませんか?

――私、あるんです。

しかし、このイヤホンならば“音漏れ防止”が中秋ですから、そんな経験をしなくて済みます!!

これで安心して、外出先で音楽やビデオを再生できますね。

≪ポイント④≫インピーダンス

上記の製品仕様に『インピーダンス』と書かれており、「は?」と思った方も少なくないはず。

この値が“高い”ほど、ノイズが強くなります。

「Ω30」などの商品も出回っているなか、当商品『M20』は「16Ω」なので約半分、ここからも“ノイズの少なさ”を理解できることでしょう。

 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る