2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「マーケティング4.0」とは?

マーケティング4.0

マーケティング4.0ってのが話題らしい…

 

本屋でビジネス本新刊を眺めててたまたま目に入ってきたのが「マーケティング4.0」って言葉でした。で、ライフハッカーでも、同じキーワードが取り上げられている…。

 

 「マーケティング4.0」とは? ネスカフェ アンバサダーに象徴される「マーケティング4.0」とは? | ライフハッカー[日本版]

 

ということで今回は、顧客の自己実現を提案していく「マーケティング4.0」について書いてみます。



フィリップ・コトラー氏の言葉

マーケティング4.0ってことは、3.0とか2.0とかもあるってことです。

 

これらの用語は、マーケティングの大家であるフィリップ・コトラー氏が用いているものです。

 

  • マーケティング1.0:製品中心(Mind)⇛売る側を中心に据えたマーケティングで、製品の機能がどれだけ優れているか、などを問う。
  • マーケティング2.0:消費者志向(Heart)⇛つくる側・提供する側から、顧客の側に向けてのシフト…消費者の感情を満たすかどうかを問うもの。
  • マーケティング3.0:価値主導(Spirit)⇛モノ自体から、精神・ビジョンへのシフト…どういうマインドで作られ、どういう価値・意味を持っているのか、を問う(問題解決・付加価値)。
  • マーケティング4.0:自己実現(Self-Actualization)⇛3.0の価値(問題解決)が、顧客の自己実現にとってどう役に立つのか、まで踏み込んで提示していく。

 

コトラー氏は、マーケティング4.0を提唱する際、「ネスカフェアンバサダー」などの事例を参考にしたそうです。

 

アンバサダーというまとめ役を導入することで、顧客を「ビジネスへの参加者」にしてしまうっていう部分が、自己実現的だと捉えられたのかもしれません。

 

904f3d03ee438118bd096c2f4d311cdc 「マーケティング4.0」とは?

 

サイト運営にも当てはまる

さて、キジトラ速報副管理人であるわたしは、Webライターやサイト運営などをやって生計を立てています。

 

マーケティング4.0の発想は、Webメディアでも当然応用できると思います。たとえば、従来のアフィサイトでは、「問題解決」に重点を置いたコンテンツを作るのが重要だとされてきました。顧客が抱えている問題を解決できるような情報を書く、これが一番だといわれてきたんです。

 

ですが、こういう3.0的な手法は、Web上ではすっかり陳腐化してしまいました。問題解決だけではなく、ユーザーの自己実現の役に立つようなコンテンツ作りを、今後は目指していくべきなんでしょう。

 

Change.orgのようなウェブ署名サイトなんかは、4.0を体現している具体例かなぁとは思っています(わたし自身はあまりあれに意味は感じませんが…)。ユーザーを巻き込んで管理人の意図から離れたような動きを見せる、そんなコンテンツ、何かないかなぁ…。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る