キジトラ速報

マルチタスクとシングルタスクの使い分け
2016/02/06 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マルチタスク

    最近、ライフハック系の記事で「マルチタスク」なる言葉をよく目にします。スマホやPCのタスクの話ではなく、仕事・日常生活でのタスク(作業)の話です。

     

    マルチタスクはかえって非効率なので、シングルタスクでいくべきだ、的な論調をよく見かける。

     

    …とはいえ、現実の生活・仕事では、1つの作業だけに没頭できることってあまりありませんよねぇ。複数の作業を同時並行しつつ、効率よく片付けていく能力がなんだかんだで重要。

     

    今回は、効率よくタスクを片付けるための方法について考えていきたいと思います。



    1.マルチタスクをできるだけ避ける(気が散らない環境づくり)

    反論も多数出ているようですが、マルチタスクが効率・成果にマイナスの影響を与えるってのはどうも事実のようです。ですから、基本はシングルタスクを心がけるようにすべきでしょう。

     

    具体的には…

     

    • ・To doリストを作る(思いついた作業を書き留めて後で処理する)
    • ・メールチェックは時間を決めておく
    • ・仕事の優先順位を決めておく

     

    などが考えられるでしょうか。

     

    2.作業できる時間を確保する

    生活習慣を見直して、仕事を処理できる時間の絶対量を増やすってのは、ビジネス本なんかでもよく言われていることです。

     

    生活を色んな角度で検討すると、思いもよらない作業時間が確保できるかもしれません。

     

    自動車の運転をすると両手がふさがって文書が読めなくなるから避ける、と言っていた知人がいました。確かに運転をしていると、他のことはほとんどできなくなってしまいます。オーディオブックを購入して車内で流していた時期なんかもありましたが、運転に差しさわりがあるのでやめました…。

     

    3014640696153ba402417fe0eb5b92f7 マルチタスクとシングルタスクの使い分け

     

    3.マルチタスクにも相性がある

    マルチタスク状態にせざるを得ない場合でも、作業同士の相性は意識するようにすべきです。

     

    ちょっと突飛な例ですが…絶対音感を持っている人は、左脳で音楽を処理するので、音楽を聴きながらの読書・勉強などに身が入らない(左脳同士が干渉してしまう)って話を聞いたことがあります。

     

    これが本当かどうかは分かりませんが、音楽を聴きながらの作業で集中力が増す人もいるでしょうし、気が散る人もいるのは事実です。自分の中でのタスクの相性を見極めて調整していくってのが大事。

     

    4.集中しなくてできるものはマルチタスク化

    あまり切羽詰まってなかったり、重要でなかったりするような作業は、2~3個くらい同時にやった方が飽きずにメリハリをつけてやれます。

     

    逆に、集中しなければならないタスクはできるだけシングルタスク化すべき…。



    カテゴリー ビジネス・起業 なか

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ