2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

松屋のプレミアム牛めしは成功するのか? 

松屋がプレミアム牛めしを発売

牛丼チェーン店の松屋が、一部店舗で「プレミアム牛めし」を販売開始しました。新しいメニューとして追加されるのかなぁと思っていたら、プレミアム牛めしが提供される店では、普通の牛めしは提供されないとのこと…うん、実質値上げですよねぇ。290円から380円に… 90円だと考えると別に高くはないんですが、31%の値上げと言われると貧乏人にはこたえるものがありますw



ネットでの評判はあまり良くない

松屋のこの動きに対しては、ネット上では割とネガティブな評判ばかりが見受けられます。まだプレミアム牛めしは都会の方でしか発売されていないので、実際に味を試してみることはできませんが、ネット上では90円値上げ分だけの価値があるのかって声が多いような気がします(このあたりは、ネット上にいろんなレビューがあります)。

 

プレミアムって名前をつけることで、無駄にハードルを高くしてしまっている感がありますねぇ。どうせなら、1000円近くの牛めしを作ってほしかったかなぁ。 ちなみに、わたしは、大手牛丼チェーン店では「松屋>>すき家>吉野家」って感じ。すき家結構好きだったんですが、最近ブラックな実態が明らかになって明らかに足が遠のいてしまった…(吉野家はBSE問題くらいから足を運んでません)。

 

ちなみに、冷凍保存のフローズン牛肉から、低温保存のチルド牛肉に変更し、七味も特別なものを使い、ツユも変えているそうです。あー、食べてみたい…

 

韋駄天太助氏の分析

さて、市井の個人投資家・韋駄天太助さんは、自身のブログで「デフレ勝ち組の迷走の序章」じゃないか、と今回の動きを危ぶんでいます。商品のクオリティを高めて料金を値上げするってのは方向としては間違ってはいないのかもしれませんが、デフレ勝ち組がやったって点がどうもしっくりこない。

 

牛丼チェーン店の中では比較的支持も高かった松屋があえてこういうチャレンジを試みたってのがどうも分からないんだよなぁ。原田社長時代のマクドナルドを見ているような気分になってしまう。

 

以前の牛めしを出さなくなってしまったので、プレミアムかどうかの比較対象がすき家・吉野家などのライバル店商品になってしまったってのも失策かなぁと思っています。

 

この試みが成功するか失敗するかはまだわかりませんが、ネット上の評価があまり芳しくないって点は見過ごすことができないのかなぁ…。プレミアム牛丼に切り替える店舗をどんどん増やしていくとのことですが、臨機応変に消費者の反応を見ながら動いていってほしい。

 

記事引用

松屋が「プレミアム牛めし」を発売しますが、値段は並で380円です。
プレミアムというからには680円程度で勝負して欲しかったのですが、ワンコイン以下なら世間的にはまだ激安の範疇でっせ!
更に、順次導入した店舗から通常の「牛めし」(並で290円)の販売は終了するとのこと。

オイオイ、ちょっと待て!
基準となる標準品があって初めて「プレミアム」商品なんだよ!
「デフレの勝ち組」松屋が牛丼の価格を値上げするなんてことがあってはならないので、白昼堂々と公衆の面前で食品偽装したのが「プレミアム牛めし」だって訳だ!?

実態は、「牛めし」の31%大幅値上げです!
いやいや別に値上げしたって一向に構わないのですが、アベノミクスにも貢献するしね!?
でも、牛丼まあまあ好きの私の松屋に対する目線はこうなります。

吉野家並盛300円より26.6%も高い価格で勝負するだけの、味で遥かに超えたという絶対的でプレミアムな自信がおありなんでしょうね、松屋さん?

冷凍からチルド肉に変えた等の品質向上が伴っていることはわかりましたが、食べてみないことには何とも言えません。(はい、食べていません。)
コスパ日本一のファスト&ソウルフードである牛丼のにわか評論家として言わせて貰えば、一部異論はあってもテイストでは”吉野家 >> 松屋&すき家”という序列が覆されたことはありません。

その意味でも280円横並びから、消費増税を機になんとすき家は値下げして
吉野家(300円)>松屋(290円)>すき家(270円)
という価格設定は客から見てもバランスが取れているように思えました。
(松屋は味噌汁が付くので牛丼の評価は同一でも20円増しは妥当と見なす。)

よって、松屋は「プレミアム牛丼」で吉牛を圧倒的に30%凌駕したと牛丼愛好家に納得させるという極めて高いハードルを越えなければ受け入れられないでしょう。
食べる前に言うのもなんですが、社運を賭けているという「プレミアム牛めし」が大失敗に終わる方に旧牛めし特盛(500円)を賭けてみたくなる!?

吉野家に「アタマの大盛り」でリードをくれてやるようなものでは!?
すき家もパワーアップで営業再開してダントツに安い牛丼をアピールできる!?

松屋さん、大丈夫ですか?自らの立ち位置を間違えてませんか?迷走していませんか?
デフレの勝ち組は消費増税時も軒並み最安価格帯の商品は据え置きました。
(百円マック、日高屋の390円ラーメン、なんと値下げしたすき家の牛丼等)

やっぱり看板の客寄せ商品は消費税を転嫁せずに利益率が下がっても据え置くことで全体的にも安いイメージに繋がります。
マックの客は百円商品ばかりを頼む訳ではないけど、松屋の辛いところは牛めし並盛が最安客寄せ商品にして主力商品でもあるということですね。

松屋の大勝負に勝算があるとすれば、吉野家はメニューを絞った牛丼屋だが松屋はメニューが幅広い定食屋である点。
価格アップした牛丼により客が他店に流れずに、価格差の縮まった他の丼や定食をオーダーする率が高まれば、多少の客数減は単価と利益率の向上でカバーできるかも知れない。(でも、流れる方に特盛でベッド!)
「プレミアム牛丼」導入はウチ牛丼屋じゃなくて定食屋だから他もオーダーしろよ、290円で外食済ませてんじゃねえよ甘えんな作戦か!?

イロイロ書きましたが、食べてから判断しますね、ハードル高いですけどね。
松屋が血迷ったのかと思いましたが、大丈夫ですよ、大失敗したらサッサと旧牛めしに戻して価格も下げれば良いだけ。
牛丼愛好家は松屋の挑戦を暖かい目で見守っていますよ。
だって、300円か270円で並盛食べられるところは沢山あるから値上げ困らないし!?

via: 松屋の「プレミアム牛めし」という名の値上げは「デフレ勝ち組」迷走の序章か?

 

7月22日より牛丼チェーン「松屋」が290円の「牛めし並盛」から、順次380円の「プレミアム牛めし」に変更している。これまでとの最大の違いは、冷凍保存した牛肉から、低温保存した牛肉を使っている点だ。また、味噌汁も改良され、「黒胡麻焙煎七味」が使われている。

 松屋フーズ社長も会見では「プレミアム牛めし」のクオリティには自信たっぷりだったが、初日の評価はどうか。さらには、同社は「これまでの旨さから、別次元の旨さ」とまで評していた。ネット上における高評価・それ以外に分けて見てみよう。

【高評価】
「松屋のプレミアム牛めし食べた。肉の歯ごたえと旨味と甘味が増してる気がしましたぞ」
「松屋のプレミアム牛めしを食べた。以前より美味しかった」

【それ以外】
「味はちょっと変わったけど、90円の価値があるかと言われるとびみょん」
「松屋のプレミアム牛めしどんなもんかと思って食ってみたら肉かてえ…前のでよかった」
「割と楽しみにしてた松屋のプレミアム牛丼食べてみたけど、そんなにプレミアム感なかった」
「まぁまぁの味だけど大幅値上げするほどじゃないなぁ」

 また、「吉野家に似てきた」といった評もある。

via: 松屋が「プレミアム牛めし」販売 その感想は? – 夕刊アメーバニュース

 

関連記事

 

3f556dbb8aae88e9d6f754c7a7967e53 600x450 松屋のプレミアム牛めしは成功するのか? 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (10)
    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    ぶっちゃけただでさえまずいのに90円値上げしたところで味の差異はない。

    自炊しだしてからは特にまずいと感じるようになったなぁ。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    自炊するとかしないとか関係ない。

    肉の状態が良くなって、噛んだ時の柔らかさ筋の加減、脂の状態と味の変化など、明らかに変化している。
    その事に気づかないなど、自分は味覚が良くないと公言しているようなものだし、味が薄くなって好みに合わないとかぬかしているのは、もっと論外。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    自炊するとかしないとか関係ない。
    肉の状態が良くなって、噛んだ時の柔らかさや筋の残り具合は変化しているし、脂の状態も変化していてそのもの味も変化しているのに、その事に気づかないなど自分は味覚が良くないと公言しているようなもの。タレの味が薄くなって、好みに合わないなどぬかしているのは、さらに論外。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    自炊するとかしないとか関係ない。
    使うのグレードは変わらないが、肉の状態が良くなって、噛んだ時の柔らかさや筋の残り具合が明らかに違う。脂の状態も変化していて、脂そのものの味も変化している。それらのことに気づかないなど、自分は味覚が良くないと認めているようなもの。タレの味が薄くなって、自分は好みに合わない、などとぬかしているのは、さらに論外。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    肉のグレードは変わらないが、保存方法が変わって肉の状態が良くなった。その事で噛んだ時の柔らかさや筋の残り具合が変わっているし、脂の状態も良くなったことで、脂そのものの味も変化している。その事に気づかないのは、自分の味覚が良くない、と公言しているようなもの。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    よかった…びっくりするぐらいまずくなってたから久々に松屋で飯食えるわ

    • ブレタン
    • 2014年 7月 26日

    古き良き時代の吉野家の牛丼を食べているようで美味しかった。
    あれならセブンイレブンのチルド牛丼に勝てる。
    エサは要らない。食事がしたい。そのニーズを満たしてくれる。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 26日

    エサで良いからあったかくて食えて味噌汁付いてて牛丼の味がする食い物食えればそれでいい学生にとってはうっざいな

    • Y
    • 2014年 7月 31日

    松屋のプレミアム牛めしは商品や品質もすき家、吉野家、にはない良いものだと思うが私が思うにプレミアム牛めしは夏限定などの微妙な価値観をつけて期間で発売したらいいのかなと思った。なにが言いたいかというとプレミアム牛は単なるブームにしかすぎないとおもっている。
    この商品が安定して売り上げに貢献できるとは思わない。
    なぜなら世間の間での牛丼の一般価格は300円未満というのがあたりまえになっているからだ。
    この商品は私が思うに破格にすぎないと思っている。
    今後のこの商品の売り上げや今後の松屋の動きが楽しみである。

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 04日

    もういいや

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る