2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

MWC 2015:Huawei、LTE-Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」やAndroid Wear搭載の「Huawei Watch」を発表

ガジェットギーク 管理人の つばくろ です。

 

Huaweiはラスベガスで開催中のMWC 2015にてLTE-Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」や同社初となるAndroid Wear搭載のスマートウォッチ「Huawei Watch」を発表しました。





MediaPad X2の概要

MediaPadX2 MWC 2015:Huawei、LTE Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」やAndroid Wear搭載の「Huawei Watch」を発表

 

タブレットとしての立ち位置を大きく変えることが出来ると思います。

 

「MediaPad X2」はLTE-Advancedに対応しているだけでなく音声通話とモバイル通信が可能でスマートフォンと同じように利用出来ます。また、7インチでありながらも横幅が103.9mmと10cm程度しかなく、片手持ちでも操作が出来そうです。ディスプレイは全体の80%を占めているため非常に横幅のベゼルが狭いです。そのため103.9mmという横幅を実現できたのでしょう。

 

カメラでは1300万画素と、これまたタブレットの常識を覆すような出来です。画素数が高いと画質が良いという訳では決してありませんが、タブレットだと通常500~800万画素くらいだと思っていたのでちょっと驚きです。

 

CPUにはKirin 930 2.0GHz オクタコアプロセッサを採用しています。RAMは2GBと3GBの2つあります。2GBモデルの場合はROMが16GBで3GBの場合は32GBになります。

 

スペック

  • OS:Android 5.0 Lolipop
  • 画面:7インチ 1920×1200ドット 
  • プロセッサ:Kirin 2.0GHz  オクタコアプロセッサ
  • メモリ:2GB or 3GB
  • 内蔵ストレージ:16GB or 32GB(microSDXCまで対応)
  • 背面カメラ:1300万画素 
  • 前面カメラ:500万画素
  • バッテリー容量:5,000mAh
  • サイズ:183×103.9×7.18mm 239g
  • 通信:LTE-Advanced/Wi-Fi a/b/g/n/Bluetooth 4.1

Huawei Watchの概要

HuaweiWatch MWC 2015:Huawei、LTE Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」やAndroid Wear搭載の「Huawei Watch」を発表

 

Huawei初のAndroid Wear搭載のスマートウォッチで非常にデザイン性を意識しています。

 

言うまでもなく、見た目はクラシカルな時計です。スマートウォッチという存在感はなくアナログ時計のように思えます。Android Wearを搭載したスマートウォッチの中でもトップを誇るデザイン性だと個人的には思います。

HuaweiWatch5 MWC 2015:Huawei、LTE Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」やAndroid Wear搭載の「Huawei Watch」を発表 HuaweiWatch4 MWC 2015:Huawei、LTE Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」やAndroid Wear搭載の「Huawei Watch」を発表 HuaweiWatch3 MWC 2015:Huawei、LTE Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」やAndroid Wear搭載の「Huawei Watch」を発表

 

時計としての存在感は絶大的ですが、スペックをみると割りと普通です。残念な点、不安な点も勿論あります。

 

一つは充電です。充電はLG G Watchのような金属端子を直接接続させるタイプです。LG G Watchは腐食問題があり、アップデートで改善されました。それがHuawei Watchでも起こりそうで不安ということです。

 

HuaweiWatch2 MWC 2015:Huawei、LTE Advancedに対応したタブレット「MediaPad X2」やAndroid Wear搭載の「Huawei Watch」を発表

 

もう一つはバッテリーです。スペックは他のAndroid Wearと大差ないですが、バッテリーだけは300mAhと少なめです。通常のスマートウォッチですと400mAh-410mAhくらいですが、こちらは100mAhも少ないです。バッテリーが1日も持たないのような気がしてならないです。

 

スペック

  • OS:Android Wear
  • 画面:1.3インチ 400×400 サファイアクリスタルガラス 
  • プロセッサ:Snapdragon 400
  • メモリ:512MB
  • 内蔵ストレージ:4GB  
  • バッテリー容量:300mAh
  • 9軸センサー/PPGセンサー

 

日本でも発売が決まっていますが、どの経路を得て販売されるかはわかりません。個人的にはGoogle Playを通じてだと思っています。バンドは18mmで交換が可能のほか、40種類のWatch Face(盤面)がプリインストールされているため自分好みに変更することが出来ます。

 

本当にバッテリーだけが残念ですね・・・。

 

ソース:Huawei[1][2]

 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る