2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

寝屋川監禁死、統合失調症に座敷牢、そして日本の精神病棟

どこまでも痛ましく、闇が深い事件です。監視カメラが至る所についた、座敷牢で暮らす女性。33歳にして19kg、衣類も身に着けないで死んでいた-とんでもない事件です。



 昨年12月23日、大阪・寝屋川市の一戸建で1人の女性が遺体で発見された。柿元愛里さん(享年33)。発見時の体重は19kg。自宅敷地内のプレハブ小屋で、衣類も身につけず眠るように死んでいたという。

 監禁と保護責任者遺棄致死罪で逮捕された父親の泰孝容疑者(55才)、母親の由加里容疑者(53才)はともに容疑を否認し、「すべては娘のためだった」と供述しているという。捜査関係者が語る。

「閉じ込めた理由について、愛里さんが15才頃に発症した精神疾患が原因だと供述しています。暴れ回って家族に危害を加えることもあり、自傷行為も頻発していたそうです。すでに小6の頃から病の兆候があり、複数の病院で『統合失調症』と診断されたと話しています。監禁も“療養目的だった”と」

 現代版“座敷牢”とでも呼ぶべき地獄の環境で亡くなった愛里さん。現代社会で増加の一途をたどる精神疾患患者だが、その歴史をさかのぼると、同病の患者を「隠そう」としてきた日本社会の闇が見えてくる。

 江戸時代以前の日本では、精神疾患患者が自宅内の一室や土蔵に監禁されることが珍しくなかった。当時、こうした部屋は「座敷牢」または「指籠(さしこ)」と呼ばれていた。1900(明治33)年に「精神病者監護法」が施行され、家族が患者を私宅で監置することが認められた。いわば座敷牢を国が合法化したのである。

 背景にあったのは精神科病院の圧倒的な不足。当時の精神科病床は全国で約5000床しかなく、政府も各家庭で患者を看ることを推奨するほかなかった。

 1950(昭和25)年に「精神衛生法」が成立し、監護法は廃止されたが、法律の変更は即座に座敷牢の消滅を意味するものではない。その後、昭和に入っても自宅内で監禁される患者は多く、古い屋敷には今も座敷牢の名残が残る所もあるという。

 手塚治虫の名作『奇子』を筆頭に、座敷牢をテーマにした作品は、漫画や小説を問わず数多く存在する。

via: 寝屋川監禁死 精神疾患を巡る根深い日本社会の闇

1805 neyagawa 02 寝屋川監禁死、統合失調症に座敷牢、そして日本の精神病棟

 

事件の詳細の全てに闇がある

あまりに衝撃的過ぎて中々記事に書くのも難しいものがありますね。まさに記事中でも言及されている通り、手塚治虫の作品「奇子」のような話です。小さいときから閉じ込められ続け、教育も与えられず食べ物も十分に与えられず、逃げ出せないように閉じ込められ続け、そして死んでしまった。これはとんでもない事件です。

 

しかし、もちろん親も元々こういうことをしたいわけではなかったようです。捕まったときの供述が、全て娘のためにやっていたというのですから相当なものです。享年33歳、統合失調症を発症したのはもう18年も前のことだったとのことです。2000年頃には統合失調症はいまと比べて更に無理解が蔓延していたと想像出来ます。

 

そんな中、奇行を繰り返す娘をどうにも取扱いようがなくなってしまい、社会的な包摂もない状態で、親が選んだ選択が座敷牢に閉じ込めるという非常に非人道的なものになってしまったことはわずかですが想像できなくはありません。

 

親の後ろめたさ

しかし、彼らが本当にまともな人間だったのかと問われればそれには大きな?が浮かびます。最大の理由は、至る所に設置された監視カメラです。彼らはこのことがどれだけいびつでおかしいことなのか本当はよくよくわかっていたのでしょう。これがバレたら自分たちも破滅であることを知りながら18年間も閉じ込め続けてきたのです。

 

恐ろしい精神状態だと言わざるを得ません。彼らはカウンセリングを受けるべきですし、このまま逮捕されたとしても精神的な治療が必要になるでしょう。とんでもない精神的負荷を受け続けてきたと思われますから。と言ってもそれで全てが許されるわけでは全くありませんが。

 

この後ろめたさは、しかし親だけが持つべきものではなかったと思います。その地域にいた社会福祉に関わる全ての人たちは再発を防ぎ、予防することにリソースを割くべきです。彼女は、彼女ら家族は社会的な福祉制度によって救うことが出来たかもしれない被害者でもあるという視点を失わないでいたいものです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る