2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

東京五輪に向けて「民泊」の規制緩和が進む模様 問題点は?

民泊

2020年の東京オリンピックに向けて、各種の規制緩和政策が進められようとしています。

 

で、最近よく耳にするのが「民泊」。一定の条件をつけて、空いている民間の部屋を宿泊に提供できるようにするっていう仕組み。

 

 東京五輪に向けて「民泊」の規制緩和が進む模様 問題点は? 「民泊」相次ぐトラブル ゴミ放置・騒音…近隣から苦情:朝日新聞デジタル

 

ネット界ではプロブロガー()のイケダハヤトが、かねてより空き家の活用をして、移住者促進を云々などと語っていました。「民泊仲介サービスのAirbnbが今後当たる!」みたいな記事も書いていたものです…。

 

 東京五輪に向けて「民泊」の規制緩和が進む模様 問題点は? ネットで儲けたいなら「せどり」「アフィリエイト」より「Airbnb」でしょう : まだ東京で消耗してるの?

 

東京五輪のピーク需要に合わせてホテルを作っても、ピーク後に余ってしまって困る…など、民泊の必要性も一応理解はできます。

 

しかし、わたしは民泊解禁には反対です。



民泊の問題点

すでに一部では許可なしで民泊サービスを提供している人・業者もいるようです…が、近隣住民とのトラブルなども大きな問題となっています。

 

そもそも宿泊施設を運営しようとするなら、旅館業法上の許可を受けなければなりません。これが本来の原則論です。この原則に例外を設けようってのが「民泊解禁論」なわけですが…どうも今回の解禁論は、原則からスタートして修正していくっていう議論になっていないように思えます。必要だしとりあえず解禁しようというような無責任な話になっている気がする。シェアってブームだよね、じゃあ部屋・不動産もシェアしよう、って気軽に解禁していいものなのかどうか。

 

民泊には、以下のような問題点があります。

 

  • 業法の許可を受けてやっているまっとうな旅館が損をする事態が考えられる
  • 税金の問題など、整備しなければならない関連問題が多い
  • 安全性や治安の問題、近隣住民との兼ね合い

 

…などなど。

 

893bacc75264e7241f7166efc6ae206c 東京五輪に向けて「民泊」の規制緩和が進む模様 問題点は?

 

ストレートにホテルで客寄せをするべき

今後、日本は観光立国を目指し外国人訪問客も増やしていく方針とのこと。だったら、民泊というその場しのぎでリスキーな方法ではなく、真正面からホテル・旅館などの誘致・補助を行っていくべきではないでしょうか。五輪に間に合わない?「そんなこと」と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、一都市で開催される国際的行事のためだけに、法律を作って対処していくべきなんでしょうかねぇ。個人的には甚だ疑問。

 

今後、民泊解禁について検討していくにしても、まず許可を受けないでやっているヤミ業者は一網打尽にしてほしいところ。で、旅館業法の趣旨に基づいて、どのレベルまで解禁して、どの程度の義務を求めるのか、ということを綿密に検討することが不可欠でしょう。

 

 東京五輪に向けて「民泊」の規制緩和が進む模様 問題点は? 民泊という新たなモデル




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る