2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ミニスカ女性を全裸に、相次いで広がる事件。「いじめ」との意外な共通点を探る

アフリカ東部、ケニアの首都ナイロビから恐ろしいニュースがやってきました。なんと、ただミニスカートを着用しているというだけで集団の男性に小突かれた上に全裸にされるという事件が起きたのです。そしてその動画が拡散され、同様の事件が他の都市でも起きているようです。理由は「下品な服装」だからとのことで、思わず耳を疑ってしまいます。



 

(CNN) アフリカ東部ケニアの首都ナイロビなどで20日までに、ミニスカート着用が「下品な服装」と非難された女性が男の集団に路上で襲われ、裸姿にされる事件が起きた。

この襲撃の模様をとらえた動画などはユーチューブや地元テレビで流され、同様の複数の事件が同国第2の都市モンバサなど他地域でも発生したという。

事件を受け、抗議デモがナイロビ中心部で起き、「服装は自分の選択」などと書かれたプラカードが掲げられた。デモにはミニスカートの女性やドレス姿の男性も参加し、事件を非難した。ケニア当局は事件を調べているとしている。

一方で、この抗議デモに対抗するデモも発生し、参加者は「裸になるな」「衣服を着ろ」などと叫んだ。

キリスト教徒が多数派のケニアでは過去にも、ナクルやモンバサなどの主要都市で女性の服装が原因で衣服をはぎ取る騒ぎが起きている。

ユーチューブなどに載った動画によると、ナイロビでの事件はバス停留所で発生。男たちがおびえた女性を小突き回し、「脱がせろ!」などと叫んで、襲っている場面がとらえられていた。

今回の事件については、ケニアが直面する貧困や貧弱な教育制度など対応策が至急に求められる主要課題から注意をそらすメディアの狂奔的な報道との見方もソーシャルメディア上で出ている。

類似の事件はケニアに限らず、マラウイやジンバブエなど他のアフリカ諸国でも発生している。

via: CNN.co.jp : ミニスカの女性が襲われ裸に、「下品な服装」に反発 ケニア

 

状況の確認

まずは記事の内容を簡単に確認しておきましょう。事件が起きた場所はアフリカ東部、ケニアの首都ナイロビのバスの停留所。被害者はミニスカートを履いていた女性。加害者はミニスカートを「下品な服装」と考える男たち。内容は、「おびえた女性を小突き回し、服を脱がせる」というものです。

 

この動画はYoutubeや地元テレビで放送され、それに呼応した形で同様の複数の事件が他の都市にも発生したとのこと。また、過去にも主要都市において女性の服装が原因で衣服を剥ぎ取る騒ぎが起こっているとのことです。

 

おぞましい事件

なんとも信じがたい事件ですね。暴力的で、愚かしくて人の尊厳を考えていない悪夢のような事件だと思います。ただ自分の着たい服を着ていただけで、謂れなき暴力を受けて集団男性に小突かれて最後には服を無理やり脱がされてしまう。とんでもない恐怖だったと思います。

 

このような事態に対して、すぐにデモが行うことができるくらいの余裕のある国家であることが唯一の救いでしょうか。社会の抑圧的な力があまりに強い場合は、こういった被害を受けてもただ泣き寝入りするしかありませんからね。

 

いじめ問題との共通点

さて、このような事件を聞いたときに「いじめ」との共通点に想いを馳せる人はどのくらいいるでしょうか。実はこのような問題には、いじめと似た思考枠組みが存在しています。あるいは痴漢とも関わってくることでもあります。

 

それは「被害者側にも原因がある」という考え方に集約されます。「いじらめられる側にも原因はあった」「痴漢される側にも原因はあった」「被害者側に落ち度があった」といった考え方ですね。気弱で空気が読めないから、外見が悪いから、派手な格好をしていたから、扇情的な下品な服装だったから、「被害を受けても仕方ない」というわけですね。

 

私はここで、「被害者側に原因がない」という牧歌的な意見を述べるつもりはありません。例えばキリスト教圏でミニスカートなどの服装をしていたら一定層の人間から敵意を持たれることは、過去にも同じような事例があったことも考えると、事前に予測可能だったでしょう。

 

空気が読めず外見も悪いといった理由でいじめられる人にも、もしかしたら原因があるかもしれません。というか、「空気が読めず外見も悪い」こと自体が原因になることもあるでしょう。大変残念なことに、ですが。

 

原因があるから仕方ない、わけがない

大切なことは、「たとえ原因が被害者側にあったとしても、それが加害行為を正当化することはない」ということです。服装に文句があるのなら社会構造を改革しようとデモでも起こしてください。目の前のいる女性を暴力的に傷つけたところで、それは犯罪行為です。

 

そしてそのようなデモが起きたとしたら、それは民主主義的な運動の一つとして認められるべきでしょう。デモ自体の存在を否定してしまっては民主主義が成り立たなくなります。そして、もちろんそういったデモの「内容」に対しては常に批判の対象としてぶつかりあうことができるはずです。

 

痴漢やいじめも同じです。もしかしたら原因が存在するのかもしれないけれど、だとしても「だからどうしたの?」ということです。林檎を手から離せば床に落ちますが、痴漢されても仕方ない格好をしているから痴漢されるのが当たり前、ということでは決してないのです。

 

まとめ

断じて許してはならない、非人道的な事件だと思います。そしてそれは、たとえ被害者側に「落ち度」があったとしても、そんなことは問題ではないのです。加害行為こそが、この問題の主体であり批判の対象であり、改善されるべき問題なのです。

 

日本でのいじめ問題でも、これに近い言説をよく聞きます。どんなに原因があろうと、あるいはなかろうと、「いじめ」そのものが正当化されることは決してないのです。その加害行為が許されるような「原因」なるものはないのです。

 

もし今までそのように考えていた人がいるのなら、よく考え直してみてください。家の鍵をかけてなかったら泥棒に入られるのも仕方ない、ですが、「だからといって泥棒の行為が責任を免れることはない」、それと同じことなのです。

 

関連記事

 

6676835a0cf600dbe11e9d8d92f2c776 ミニスカ女性を全裸に、相次いで広がる事件。「いじめ」との意外な共通点を探る




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • キジトラさん
    • 2014年 11月 25日

    写真のロリータ拗らせたオバさんは何なんすかwww

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 25日

    画像はミニスカ右翼の雨宮処凛かw

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 26日

    イスラム教徒が10%以上いるらしいから、原因としてはそれが主なんじゃないかな。
    更に勢力を拡大している可能性もあるし…
    肌の露出を嫌うからねぇ、彼等は。
    日本のイジメや痴漢は勿論なんとかしなければならない問題ではあるけれど、これとはかなり性質が異なる問題だと思うけどね。
    ついでに言うとイジメと痴漢もそれぞれ別個に考えるべき問題。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る