2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

民主主義は死に物狂いで手に入れたもの…キング牧師に対するFBIの脅迫状、全文公開

キング牧師というと黒人差別に反対し、I have a dreamという感動的な演説でもって非常に有名な人物です。そんなキング牧師に、当時のFBIが出した脅迫状が先ごろ全文公開されました。自殺を促すような脅しに対して、屈することなく戦い続けたキング牧師。民主主義とは天から与えられるものではなく、まさに掴み取ってきたものと言えるでしょう。



 

【11月14日 AFP】米連邦捜査局(FBI)が1960年代に公民権運動の指導者だったマーティン・ルーサー・キング(Martin Luther King Jr.)牧師に送った、罵詈雑言に満ちた書簡の全容が、初めて明らかとなった。

 書簡は便箋1枚で1964年にキング牧師に送られたもの。キング牧師を「完全な詐欺師で世の中の荷物」「邪悪で異常な野獣」などと罵り、不倫関係について暴露すると脅しており、キング牧師を自殺に追い込むことを狙ったものとみられる。

 この書簡はこれまでにも部分的によく引用されてきたが、12日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が、女性の氏名だけを伏せたほぼ全文を掲載した。これにより、当時J・エドガー・フーバー(J. Edgar Hoover)長官が率いていたFBIが、キング牧師と公民権運動に対して抱いていた敵意が露わになった。

 NYタイムズ紙によると書簡を書いたのはフーバー長官の側近だったFBI幹部ウィリアム・サリバン(William Sullivan)氏で、キング牧師の不倫の証拠とされる録音テープとともに送り付けられたという。

 手紙の書き出しは「汚らわしい、異常な野獣よ、よく聞け。おまえは録音されている。おまえの浮気行為、乱交ぶりは過去の過去まで録音されている。これはそのほんの見本だ」と始まり、さらに「おまえに残された道は一つだけだ。分かっているだろう」と続き、自殺するよう暗に迫っている。同紙によると、これを受け取った際、キング牧師は友人らに、誰かが自分に自殺させたがっているようだと語ったという。また公民権運動内部の人物から送られたように見せかけるために「われわれニグロ(黒人)は」といった言い回しも使われている。

 この書簡にはフーバー長官下のFBIがいかに偏執的だったかがにじみ出ている。フーバー長官はキング牧師が共産主義の影響を受けていると考えていた。一方、キング牧師は「分離平等政策」が取られていた米国南部で黒人に対する暴力を止めることができていないとして、FBIを糾弾していた。

 1963年に有名な「私には夢がある(I Have a Dream)」の演説をし、64年の公民権法制定を導いたキング牧師は68年に暗殺されている。(c)AFP

 

via: キング牧師を「邪悪な野獣」と呼ぶFBI脅迫状、全文を初公開 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

最近の政治って

さて、なぜ改めてこのような記事を書こうと思ったのかというと、最近の政治に対してちょっと考えるところが多くなったからです。というのも、現在の政治はいくらなんでもおかしすぎるからです。

 

つい最近にもあった「うちわ騒動」や、国会答弁のぐだぐださ、下がる投票率に無関心の若者たち。本来はもっと、「意を示すために」投票していたはずが随分趣を変えてしまったように思います。

 

その理由の一つには、このような現代の政治のぐだぐださはもちろん、そもそもどのようにして民主主義は作られていったのかという知識がまるでない/与えられてこなかった、ということではないでしょうか。

 

キング牧師の戦い

彼の人生をかけた戦い(なんといっても暗殺でその幕を閉じた人生です)は非常に有名ですので、ここで説明する必要はないでしょう。ごく簡単に言って、「黒人の人権」のために死ぬ気で戦った人ということです。

 

最も有名な演説、I have a dreamを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。その一節にこのようなものがあります。「I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.」

 

私には夢がある、それはいつの日かジョージアの赤土の丘の上で、かつての奴隷の子孫たちとかつての奴隷所有者の子孫が、同胞として同じテーブルにつくことができるという夢だ」

 

今日では当たり前のように、白人と黒人が(もはやこの表現すらも好ましくないかもしれませんが)同じテーブルに座り食事しています。昔は黒人お断りのレストランなんかざらにありましたからね。権利拡大のためにそこに座る黒人が暴行されるといったこともありました。

 

このように、死に物狂いの権利への戦いの中で、少しずつより良い民主主義が作られていったのです。このキング牧師の例を出すと、「法の下の平等」が民主主義における重要なポイントですね。

 

現代日本の民主主義

さて、改めて日本の現代政治に目を向けてみるとどうでしょう。まず明確に見える問題点の一つが民族差別でしょう。ヘイトスピーチと一般に呼ばれるレベルの極めて攻撃性の強い言論が行われていることがまず残念でなりません。

 

次に、世代間格差の拡大です。民主主義は多数派の意見が基本的に尊重されるシステムですが、少数派尊重もまた同時に民主主義にとって重要な概念です。にも関わらず、若者の投票率が下がり続けて政治家も「票集めのために」高齢者に都合のよい政策をマニフェストに掲げることが当たり前になっています。

 

これではますます若者の投票率を下げるだけ。政府自体がもっと積極的にこのような民主主義の崩壊とも言えるような現状に対して対応していく必要があるでしょう。

 

民主主義の崩壊といえば、朝日新聞の捏造問題も非常に大きな問題でしょう。民主主義においては、必要な情報を国民が知ることで正しく民意が形成されるため、マスコミには重要な役割が存在します。それに対する信頼を一定程度落としたことは大きな問題でしょう。(とはいえその朝日新聞を批判する他の新聞社も同様に捏造問題などがあったことも忘れてはいけませんが)

 

まとめ

ということで、最近の日本の民主主義には大きく3つの問題点があると考えます。1つ目は民族差別が当たり前のように行われていること。2つ目は(政治的)世代間格差に対して政府の対応が全くなっていない。3つ目は「第四の権力」とも言われるマスコミのジャーナリズム精神がまるでなっていない。

 

これでは日本政府に対して「諦め」に近い感情を持ってしまう人たちが出てくるのも当たり前です。キング牧師のように、とまでは言えませんが、一人一人がきちんと政治的意識と批判精神を持って国家の在り方を考えなくてはならないでしょう。

 

すぐに「チョンが出て行けば解決する」などと極めて短絡的な思考に陥りがちな人たちは、要注意。何かをほんの少しでも勉強したことがある人ならわかるとは思いますが、多くの問題は「たった一つのこと」で改善したりはしないものです。世の中はそんなに単純ではないことくらい、生きていたらわかることかとは思います。

 

関連記事

 

de1ebeb96d3c31b2cef113fe6cb0fe08 民主主義は死に物狂いで手に入れたもの…キング牧師に対するFBIの脅迫状、全文公開




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • キジトラさん
    • 2014年 11月 17日

    逆方向のヘイトには目もくれないキジトラが、キング牧師を引き合いに出すとか笑えんわ

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 17日

    素晴らしい。感動したわ。この記事が世に広まることを願って

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 18日

    ヘイトスピーチや差別は問題のひとつではなく抑圧や不満の結果だと思う
    日本の政治や景気が思わしくないなか外の国からちくちく挑発されては不満もたまる
    二つ目や三つ目の問題を放置したままヘイトスピーチ規制なんてしたらそれこそどこの国のために政治してるかわからん

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る