2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

いざなぎ景気を越える好景気、ただし格差は広がっている

アベノミクスの効果で日本の景気はどんどん良くなっており、統計上にもその数字が出ている。それは素晴らしいことだが、しかし全体としての景気がいいことと全員が幸せなこととは全く別のことである。



 2012年12月に始まった今の景気拡大の長さが高度成長期の「いざなぎ景気」を超え、戦後2番目の長さになった。内閣府は8日発表した9月の景気動向指数(CI、2010年=100)の基調判断を最も強気の「改善を示している」に11カ月連続で据え置いた。公式には時間をおいて判断するが、暫定的に今の景気拡大は9月で58カ月間に達した。  CIは生産や雇用などの経済指標の動きを総合して算出し、景気の方向感を示す。景気回復の期間などは正式には専門家でつくる内閣府の研究会が決めるが、内閣府はCIをもとに毎月、景気の基調を機械的に判断している。  茂木敏充経済財政・再生相は9月25日の月例経済報告で既に現在の景気は「いざなぎ景気を超えた可能性がある」との認識を示していた。今回の景気動向指数の判断により、これが暫定的に確認された。  いざなぎ景気は1965年11月から70年7月まで57カ月間続いた。今の景気拡大が2019年1月まで続けば、02年2月から73カ月間続いた戦後最長の景気回復を抜くことになる。 via 景気拡大、いざなぎ超え確認 9月動向指数「改善」

circulation ph01 いざなぎ景気を越える好景気、ただし格差は広がっている

 

景気がいいのは良いこと?

日本の景気が良い。それは素晴らしいことだ。実際、この50年ほどの中でもかなり良い景気になっているようだ。データもそれを示しており、喜ばしいことだと言える。しかし、どんなときにも言えることは物事には幾つかの側面があるということである。

 

日本の景気が良いと、たしかに特に大企業には潤いがあるだろう。投資に使えるお金が増え、今後の研究開発などにも活かすことが出来るだろうし、来るべき落ち込む時期に備えて準備をしていくことだって出来るだろう。

 

しかし、全体として景気がいいことと、全員が景気がいいことは本当に全く別のことであることは気にしなくてはならないだろう。つまり、全体としてのお金が増えてもそこで不平等が増えたり、貧しい人と豊かな人がどんどん両極端に分かれていってしまっては、それは果たして幸せなのかということだ。

 

企業は正規雇用をしろ

私が言いたいのは、企業が非正規雇用を大量に雇っているという非常に重大な問題である。そしてこれは政府も責任を担っている。規制緩和をしたのは政府だからだ。決して許してはいけないレベルで規制を緩めてしまった。

 

どういうことだろうか。いま、大学を卒業した人間であっても実に4割が非正規雇用で働いているのだ。そして、非正規雇用と正規雇用の間の平均年収の違いは実に300万円にもなる。全体として景気がよかろうとなんだろうと、雇用が増えたと言おうと良いところばかり取り上げているのではないかという批判は正しいものだろう。

 

非正規雇用で生活が不安定になる人がいる一方で、そのように雇用を簡単に切ったり補充したり出来る企業が好景気を満喫しているのは、果たして日本全体にとって良いことなのかは極めて疑問だ、いまはいいかもしれないが、貯金も出来ない層が大量にいて、彼らが老人になった時に社会保障がどれだけ必要になるかは想像出来ないほどである。

 

今この瞬間の利益だけでなく、数十年後、百年以上の先を見据えて国家をデザインするのであれば、現状は決して懸命な判断ができている状態だとは思えないのだ。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る