2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

メルカリが初任給を一律にせず能力によって変えるのはこれからの時代は当然になる

時代が本当に変わりましたね。個人的に初任給が同じなことの方が不思議なので当然だと思います。



 メルカリの社長に就任してから1年が経つ小泉文明さん。この間、金融関連の「メルペイ」、即時買い取り「メルカリNOW」、シェアサイクル「メルチャリ」と、立ち上げた新規事業はどれも注目を集めたが、今春は人事制度の大胆な改革が話題を呼んだ。その真意を語る。

(構成:呉 承鎬)

 メルカリが初任給を一律にせず能力によって変えるのはこれからの時代は当然になる
小泉 文明(こいずみ・ふみあき)
メルカリ社長兼COO
早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBC(現・大和証券)でミクシィやディー・エヌ・エーといったIT企業のIPO(新規株式公開)を担当。2007年にミクシィに転職し、執行役員CFOとしてコーポレート部門を統轄する。12年に退任後、スタートアップ支援を経て、13年12月メルカリに入社。14年3月取締役就任。17年4月、創業者の山田進太郎さんから引き継いで現職に就く。(写真:稲垣 純也)

 皆さんは初任給の金額を覚えていますか? 私の場合、確か額面で約18万円でした。はるか10年以上前の話にもかかわらず覚えているのは、低すぎる金額に衝撃を受けたからです。オークションサイトで稼いでいた学生時代よりも毎月の収入が減って、やる気がそがれました…。まあ、これは半分冗談ですが(笑)。

 その後“年功序列システム”によって金額は少しずつ上がったし、当時の私は社員寮を利用させてもらっていた身。しかし、「それにしても、この金額は…」と不満でしたね。腑に落ちない気持ちは、今でも変わりません。

 4月から、新入社員向けに新人事制度「Mergrads(メルグラッズ)」を始めました。評価体系やスキルアップの支援策をまとめたもので、目玉の1つは初任給です。全員一律ではなく、アウトプットや能力・経験に応じて決めるようにしました。金額設定には、内定から入社までの過ごし方も関係してきます。スキルや経験を身につければ、高い評価を得られる可能性があるのです。

 「社員のスキルや経験には差があるから、一人ひとりと向き合って常に適切に評価する。これは入社1年目の新人に対しても同じ」との考えからで、とても自然でまっとうだと思っています。そればかりか、そうした評価を実施することは経営者の責任とさえ言える。

初任給“格差”への批判

 ところが、メルグラッズを2月末に発表して以降、社外から様々な意見を頂きました。代表的なのが、「学生の能力は正しく測れない」「初任給から差をつけたら、意欲が下がる」という声です。

 1つ目については、当社には当てはまりません。インターンシップ中でも仕事をどんどん任せてチャンスを与えているので、能力を測れる。また、大学での研究成果や学外活動も、人を評価する判断指標になるはずです。

 2つ目のモチベーション低下については杞憂でしょう。本人と真摯に向き合って、「○○と□□の理由で、◇◇と評価しました」と丁寧に伝えれば、納得を得られるはず。むしろ「初任給は全員20万円です」という方が、かつての私のようにモチベーションが下がるのでは? 周りよりも評価が低い場合は「低い理由」「今後意識してほしいポイント」をフィードバックし、チャンスを与える。この方がモチベーションは上がります。

 最初はAさんの給料が高くてBさんが低くても、Bさんが大器晩成型なら後で評価が大きく変わるかもしれない。常にチャンスを与えて、その時々でフェアに評価していけば大丈夫です。

 今の若い子たちは昔に比べて仕事の「やりがい」を重視している傾向がありますが、かといって決して給与の額を軽視しているわけではない。優秀な人ほど、自分をプロフェッショナルとして金銭面でも評価してほしいと思っている。今はそんな時代です。

 

via: メルカリ小泉社長「初任給を一律にしない理由」:日経ビジネスオンライン

 

これは大賛成

これはとっても大事な取組ですね、非常に良いことだと思います。なぜならば、新卒であるというだけで給与が一律に決まることは明らかに不自然だからです。今の時代、学生の頃から様々なプロジェクトをしていたりスキルを持って仕事をしている人は少なくありません。特にデザイナー、プログラマーなどは学生のうちから様々な経験をしています。まず第一にそれが一番能力が伸びる方法ですし、第二にバイトをするよりずっと割がよかったりするからです。

 

にも関わらず、新卒になったらみんな同じ給料ってそれはおかしい。人によっては並の社員よりもはるかに優れていても全く不思議ではありません。なぜならば、勤務年数にすれば3年間分くらい既に実践している人たちもたくさんいるからです。新卒だから下とかそういう話では全く無く、単にその仕事内容について経験があったりスキルがあるかというだけのことだし、そうであるべきだと思います。

 

能力に対して報酬が支払われる社会になれば、もっと社会はスムーズになるでしょう。流石メルカリというか、プログラマーが強い会社だからこそこういう制度を取り入れられたのでしょうが、恐らく優秀なエンジニアを引っ張ってきやすくなったのではないでしょうか。

 

時間にお金を払うな

ここからは私の持論になりますが、いまの会社の契約というのは基本的に時間給ですよね。これがおかしい。少なくとも一部の職種であれば時間給ではないほうが良いはずです。時間給は安定性こそあれど、裏を返せばダラダラやってても給料が変わらない。残業すればするほどお金が入る。そんなの誰だってダラダラ働いて残業代もらったほうが良いに決まっています。そういう働き方にインセンティブを与えてしまうのが、いまの制度なんです。

 

そうではなくて、プロジェクトごとの成果物に対して報酬を支払う方が良いです。そうすれば仕事が出来る人間はさっさと成果を出して休むことも出来るし、あるいは優秀な人間ならば更に働いてもらうためにお金を払う必要がありますから、報酬も上がります。成果に対する報酬というのは時間に対する報酬よりもこれからの日本にはあっていると思います。新卒だろうと何年目だろうと、成果に貢献するならば報酬が得られるし、そうでないなら得られないのです。

 

もちろん一部の職種にしかこのような考え方は適用出来ないかもしれません。バックオフィスだと明確な数字目標を設計しづらいかもしれません。しかし与えられたノルマをどれだけ早く正確に処理出来るか、ということも立派な能力。時間給だと優秀な人ほどサボるはずです。早く終わらせても新しい業務が無限に降ってくるだけで給料が増えないならのんびり働いたほうが良いに決まってるんですから。私は成果報酬型に切り替えることが良いと思いますがみなさんはどうでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る