2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

MWC 2015:Acer、エントリーモデルWindows Phone「Liquid M220」を発表

ガジェットギーク 管理人の つばくろ です。

 

Acerはバルセロナで開催中のMWC 2015にてWindows Phone 8.1を搭載したスマートフォン「Liquid M220」を発表しました。価格は79ユーロ(約10,000円)で販売されます。





本体画像

 

LiquidM220out MWC 2015:Acer、エントリーモデルWindows Phone「Liquid M220」を発表 LiquidM220W MWC 2015:Acer、エントリーモデルWindows Phone「Liquid M220」を発表 LiquidM220 MWC 2015:Acer、エントリーモデルWindows Phone「Liquid M220」を発表

概要

低価格スマートフォンとして販売されるWindowsPhone「Liquid M220」ですが、主にアフリカ・中東等で展開されるみたいです。

 

特に特徴もなく何を説明したらいいのかわかりませんが、スペックは以下の通りになっています。

 

  • OS:Windows Phone 8.1
  • 画面:4インチ
  • プロセッサ:1.2GHz デュアルコア
  • メモリ:512MB
  • 内蔵ストレージ:4GB
  • 背面カメラ:500万画素 AF/広角レンズ
  • 前面カメラ:200万画素
  • バッテリー容量:1,300mAh
  • サイズ:未記載
  • 通信:未記載
  • カラバリ:ブラック/ホワイト

 

スペックは数年前のスペック以下のものです。価格もそれなりに安いですが、物足りない印象を受けます。ただ、Windows 10がもう少しで正式にリリースされますが、こちらの「Liquid M220」もWindows 10にアップデートされる予定みたいです。

 

当たり前ですが、プリインストールアプリとしてはOneDriveやSkypeなどが搭載されています。

 

本当に特徴が無く困っています・・。Windows PhoneといえばNokiaのLumiaしかイメージにないため、ここからどうAcer製のWindows Phoneを広く浸透させるかが課題になってきますね。日本ではWindows Phone自体、最近SIMロックフリーとして発売されると報道される以外、殆ど触れられていないためMicrosoftのスマートフォンといえばNokia!というイメージは湧いてこないと思います。

 

なので意外と扱いやすい市場ではあるかと思うのですが、AndroidとiPhoneの勢いがやっぱり強いので受けが良いと言ったらそれはまた別の話になってくるかと思います。一時的に話題になるか、一部のガジェットファンが手を出すか・・・程度でしょうね。

 

最終的にSIMロックフリーとしてでなく、大手キャリアが販売に持ち出さないと影の存在のままになってしまうと考えています。

 

ソース:PhoneArena/Acer

 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る