2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

欧州に押し寄せる難民…スマートフォンを持っている人ですら国内に留まれない現実

押し寄せる難民の波が欧州に迫っています。それによって生み出される問題は数えきれないほどありますが、その波の中にもたくさんの問題があります。行方不明になって死んでいる子どもたちの数は、数える事もできないほどです。



■未成年では最多、アフガン人の移民・難民

 欧州へ渡る移民・難民の国籍はシリア人が最多だが、保護者の付き添いのない未成年に限ると、アフガン人が最も多い。

 未成年の移民・難民が好んで目指すスウェーデンは2015年、14年に欧州全体で受け入れた人数よりも多い、約2万4000人のアフガン人の子どもを受け入れた。

「親たちに苦渋の選択を強いる絶望感を想像してほしい」と、国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)のサラ・クロー(Sarah Crowe)氏は言う。

 国連(UN)によれば、欧州へ渡ろうとして、1日平均2人の子供が水死している。さらに欧州に押し寄せる大量の移民・難民にもまれる中で、数千人の子どもたちが行方不明になっていると、活動家たちは警告している。

 仏パリ(Paris)とベルギーのブリュッセル(Brussels)でテロ事件が発生したことにより、欧州での反移民感情があおられ、移民・難民たちが送還されるリスクも高まるだろう。

「でも、ほかにどんな選択肢があるというのか?」と、モハメドさんの17歳の息子、ハミド君は言う。

 国境の取り締まりなどが強化されるなか、欧州のビザを取得するのは困難だ。増え続ける欧州を目指す人の波は、偽造ビザ産業を生み出している。

 カブールの薄汚れた狭い路地にある旅行代理店に入ったハミド君は、店員にトルコのビザを取れる可能性はあるかとこっそり聞いた。

「男性1人だと6000ドル(約65万円)、家族なら1人4000ドル(約43万円)」だと店員は言った。多くのアフガン人にとっては、到底払えない金額だ。

 額が違うのは、若い未婚の男性はイスラム過激派との関連の疑いを起こさせるからだと、店員は言う。

「ビザが偽物ではないという確証はあるのか?」とハミド君が聞いた。店員は「100%本物のビザを得られる」、「国境で確かめてみるといい」と話した。(c)AFP/Anuj CHOPRA

via: せめて息子だけでも欧州へ、アフガンの親たちの苦渋の選択 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

難民とは

そもそも難民ってなんなのでしょうか。ニュースではたくさん聞いていますが具体的にはどんな事情で欧州に向かっているのか知らない人も多いのではないでしょうか。

 

実は難民という言葉、定義はあるのですが最近はその意味が拡張しているというのが現実です。もともと難民条約というものによって定義づけられ「民族的・政治的な理由などによりそのまま国にいたら殺されてしまう」という状況で国境を超えて逃げる人たちを難民と呼んでいました。

 

しかし、最近ではそれ以外の国境を超えて逃亡する人が増えてきたことからそのような定義に当てはまる難民を条約難民としてカテゴライズした上で、他の種々の難民も含めて大きく難民という言葉が使われるようになりました。

 

そのため、例えば経済難民という言葉(自国では稼ぎ口がないので国境を超えざるをえない人たち)に対して反発を覚える難民論者も少なくありません。そんなことまで難民に含みだしたらきりがないじゃないか、という考えですね。

 

img c8686f9d92e6814b49bfb690a1b1166a291538 欧州に押し寄せる難民…スマートフォンを持っている人ですら国内に留まれない現実

難民の現状

繰り返しニュースで現れる難民たち、その姿や状況には様々な種類があります。一時期twitterなどで、難民がスマートフォンを使っているのを見て助ける価値などないと断言する人たちもいました。

 

しかし、難民とは決して必ずしも貧しくて生じるわけではないということを忘れないで欲しいのです。インタビューなどに応じる難民の方々は英語を話していますが、そのように高度な教育を受けた人材ですら難民という立場になっているのです。

 

何故か? それは、その国が暴力に包まれてしまっているからです。毎日ミサイルが飛び交う音を聞き、兵士たちがいつ食料を家から奪っていくのかわからない。娘は外に出るのは危険なので家にこもっていなくてはいけない。

 

いつ家が流れ弾で壊れてもおかしくない。そのような環境では子どもたちが教育を受けることも難しく、医療などへのアクセスも困難になり、商売も出来ない状態に陥ります。

 

そんな中、なんとか希望を求めて自分の生まれた故郷を捨ててきた人たち。それが難民(のある側面)なのです。スマートフォンを持っているから援助なんて要らないという話ではなく、そのレベルの人たちでされ逃げてきたということに恐れおののくべきなのです。

 

まとめ

難民の発生は、最終的に元を辿れば先進国が犯した様々な罪と向き合わざるを得ないことがわかります。欧州が今の段階で受け入れが難しいという方向に進むのはある意味で理解可能ですが、同時に無責任だとも思います。

 

無理やり国境を作られたり、経済的に不平等な貿易をさせられて経済が疲弊し、その中で育てられてきたヘイトがテロリズムを生む。そんな簡単な図式で全てを説明出来るわけではありませんが、間違いなくある側面は描けています。

 

その中で最も犠牲にならざるを得ないのは、子どもたちだということをこの記事は思い出させてくれます。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る